「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

ハラ生き道ができるまで その11 ~夫婦のスレ違い~

前回のお話はコチラ。 最初から読みたい方はコチラ ======================= 2011年4月25日、開業。 千葉県で徹底的に整体や経営を学んだこともあり、院の経営はすぐに軌道に乗った。 開業から数日後にチラシを出したときは電話が鳴…

ハラ生き道ができるまで その10 ~独立開業までの道のり~

前回のお話はコチラ 最初から読む人はコチラ ========================== およそ1年半の修業時代にのべ3067名の方の施術をさせてもらい、施術にも経営にも自信をつけたぼくは、地元愛知に戻り開業することにした。 そんな2011年の…

ハラ生き道ができるまで その9 ~整体師、修行時代~

前回のお話しはコチラ 初めから読みたい人はコチラ ========================= どうにかこうにかオープンにこぎつけた新店。 初日は12名の新規さんがいらっしゃった。 ホッとするのも束の間。まだやることは山積みだ。 施術の勉強…

ハラ生き道ができるまで その8 ~整体師デビュー前夜~

前回のお話はコチラ 最初から読みたい方はコチラ ===================== 整体の師匠から「新店の院長をやらないか」とお声がけいただき、ふたつ返事で話を受けたものの、大変なのはそこからでした。 まずは書店の退職。 ここまでくると…

ハラ生き道ができるまで その7 ~おぜっきー、整体師になる~

前回のお話しはコチラ 最初から読みたい方はコチラ ======================= 2009年4月、整体学校の初級講座を修了したおぜっきー。 はて、次はどうしたものかと考えた末に思いついたのが、整体の師匠に雇ってもらうことだった。 さ…

ハラ生き道ができるまで その6 ~葉月と同棲をはじめる~

前回のお話しはコチラ 最初から読みたい方はコチラ ============================= 茨城県笠間市には10か月ほど住みました。 その間に、現在の妻である葉月と付き合うことになりました。 転勤が決まったその日に、付き合うこと…

ハラ生き道ができるまで その5 ~気を失いそうになる~

前回の記事はコチラ 最初から読みたい方はコチラ ========================= 大学生のころの自律神経の失調は乗り越えたものの、ふたたびおかしな症状に悩まされることになったのは、一人暮らしをはじめてからだった。 2005年の春…

ハラ生き道ができるまで その4 ~「ゆるむこと」とおぜっきー~

前回のお話しはコチラ 最初から読みたい方はコチラ 合気道というのは、「ゆるむこと」を主体とした武道なのです。 もちろん色々な流派がありますけれども、多くの流派では試合がなく型の稽古をする。 そのとき、「リキみ」があると技が掛からなかったり、そ…

ハラ生き道ができるまで その3 ~自律神経失調症~

前回のお話はコチラ 最初から読みたい方はコチラ ============================== 就職活動は、大学3年の秋からはじめました。 といっても資格を取ったりということには興味がなかったので、就活イベントに参加してみたり適当…

ハラ生き道ができるまで その2 ~おぜっきーと合気道~

前回のお話し その1はコチラ =================== そのころのぼくは、自分に対して「緊張度が高い」とは思っていませんでした。 しかし今おもい返してみれば、ガッチガチのコッチコチに固まっていたんです。 ただ、マジメの堅物のように…

ハラ生き道ができるまで その1 ~ナイーブなおぜっきー~

ぼくは、とっても緊張度の強い子どもだった。 小学校1年生の集合写真でも、「マジメに撮られねば」と胸を張り、口を一文字に結んでいた。 そして、心身相関がわりと強く、午後にサッカー部の試合があると、昼食はチャーハン3粒しか食べられなかった。 それか…

心の問題を解説することの功罪~ピエロがいなくなった理由~

心の問題ってさ、どこか解説したり理解しちゃいけない部分があって。 というか、そもそも「解説」「理解」できる類ものじゃないのに、「やれてる気になってる」のが、いちばんアブナイ部分で。 心の傷をえぐるのに最も最適なコトバは 「それって〇〇だよね」…

1/19(金)オトナの合気道@名古屋!!

不定期的に合気道がやりたくなります。 意味はないけど、愉しいのです。 こんな技が。 ただ、これは趣味であり遊びですからね。 格闘技ではございません。 言っておきますが、わたしゃ強くないです。 あくまでボディーワークとしての合気道。 合気道の「型」…

承認欲求ビジネスの罠にハマらないために。~金を払ってまですることか?~

最近、ある商売やビジネスを「承認欲求ビジネス」と括って見ている。 どういうのが「承認欲求ビジネス」なのかと言えば、カンタンに言うと 「お金を払って自己表現ができる」 ということ。 分かりやすいのは「自費出版」 ほんらいの商業出版であれば、 「先…

阿波の国の奇跡。その2。

そして日は替わり11/5、朝。 セミナー当日。 前日まで2人だった参加者さんが3人に増えたと。 そうなると主催者さん含め4人での受講になるので、やりやすい。 もとより一人でもやると決めてのセミナー開催だったので人数は気にしないが、ワークがやりやす…

阿波の国の奇跡。〜徳島セミナーに寄せて〜

今回は、いろいろ奇跡的でした。 まるで何者かに導かれるように、いろんなことが起こりました。 出発は11/4の満月の日です。 出がけに、妻と大ゲンカしました。 あまりに腹が立ったので、いつもは駅まで送ってもらうのを、40分かけていきました。(どんな報復…

「分かった!」という危険。~モヤモヤ保持力を高めよ~

「スッキリしたい」 これって結構アタマの欲求だったりするんだよね。 なんだかモヤモヤする。 アタマはどうしてもその曇りを晴らしたい。 でもハラ的には、そのモヤモヤが「ベストコンディション」だったりする。 「エウレカ!(わかったぞ!)」 という気…

アイタタ!な勘違いが大事というお話し。~「観る」ということ~

「認める」というのは、「観とどめる」ということだ。 そのように観ると、そのように留まる。 これは量子力学の 「観ると同時に”波”が”粒”になる」 というやつと同じなんだと思う。 アタマの世界では「ある」が先で、「観る」が後。 でもハラの世界では「観…

「圧倒的なパワーを持つ」ということ。~理論が正しくても負けたら負け~

この世は理論だけじゃ、なんともならない。 まず実践があって、そのあとに理論がある。 ぼくは自分がその傾向にあるんだけれども、つい理論に走りがち。 理論を「ただしく」構築したがる。 論理的矛盾がないように、間違いのないように、アタマが納得するよ…

そうだ、野望を捨てよう。

こないだ、家の周りを散歩していたら、ふとひらめきました。 「そうだ、野望を捨てよう」 と。 どこか僕には野心や野望のようなものがありました。 それは 「全国的に活躍する」とか 「日本中を飛び回る」とか 「大きな組織をつくる」とか なにかそういう分…

「うまくやるのが恥ずかしい」という思いを乗り越える。

本気出すのって、なんか恥ずかしいんだよね。 なんか 「初心者は初心者風に振る舞わないといけない」 みたいな思い込って面白いと思う。 たとえば、ぼくが水墨画をやりはじめたとき、はじめてお手本を見ながら書いてみるとき、とても恥ずかしかった。 ずっと…

やりたいことが多くて困っちゃう人、本当にやりたいことに気づいていない説。

「いま」に生きれば、「やりたいこと」なんてない。 「いま、目の前にあること」に集中してやるだけだ。 以前のぼくは、時間がなかった。 いや、正直なことをいえば、今でも「時間がなくなる」ときがある。 それが「やらなきゃいけないと思い込んでいること…

病気とは「そのままでいけ!」というサインである。

病気というのは、いろいろな解釈がある。 ひとつには、「病気は不幸である」という見方。 誰がいつなるかは分からない。 だから「病気になるのは不運であり、不幸である」という見方がある。 それから「病気は、何かを変えたほうがいいよ」というメッセージ…

「動き」を堪能する。~「重力にまかせる」といふこと~

最近は「動く」ということの「味わい」を堪能している。 そう「動く」ということは、ただそれだけで、気持ちのよいことなのです。 目的などなくていい。 「ただ、動く」 ということ。 そこに、とんでもない豊かさと滋味があることに気が付いた。 たとえば一…

人生、ツムツム。

最近「ツムツム」をやっている。 単純な割に奥が深く、ついハマってしまう。 それで、やっているうちに「ツムツムは人生だなあ」と思ったのでシェアしたいと思う。 1:偶発的に出てきたキャラクターを使うしかない。 ツムツムでは、「箱」を開けてみて、「出…

「大好きな人を観るように自分を観る」ということ。

あなたには、大好きな人がいます。 それは夫や妻かもしれないし、子どもかもしれないし、親かもしれない。 部活の先輩かもしれないし、上司かもしれないし、同僚かもしれない。 とにかく、あなたには大好きな人がいます。 さて、そんなあなたは大好きな人の…

「身体はいつでもベストコンディション」~愛をこめて~

「身体はいつでもベストコンディション」 なんだか川柳のようなフレーズが降ってきたのは、こちらのブログを読んだからです。 こちら、個人セッションのクライアントさんのブログなんですが、とても面白いんです。 「Seitai Tomomi(整体ともみ)」のともみ…

「いま」を生きることと、丹田の共通点について。

こないだ、面白いことに気がついたのよ。 たとえば、現在・過去・未来を、こんなふうに認識したりするじゃん? けどさ、これっておかしくて。 実際は、こうなんだよね。 だから、実際には「いま」は「ない」。 「今はどこにあるんだー?」 と探すと… こうな…

「本音」で生きないと身体に異変が起こる理由。

本音で生きる。 言うのはカンタン。 でも実際には、すこぶる難しい。 まず、本音で生きるために、「本音に気づく」必要がある。 けれども、ほとんどの人が「本音」に気づかない。 それは「気づきたくないから」だ。 本音に気づいたら大変だ。 勇気出さなきゃ…

なぜ、「やりたいこと」をやっているはずが、いつのまにか「義務」に変わってしまうのか。

ふとしたことで誰かが喜んでくれて、それが嬉しくて、つい「もっともっと」ってなって。 そうしていつしか「もっと喜ばせなきゃ」って必死になってしまって。 気が付けば疲れて「もう何もしたくない」みたいになってしまう。 そんな人って多いんじゃないかな…

★「ハラ生き道」とは?  

★6ヶ月コース「ハラ塾」  

★ハラ生き道セミナーの日程


★ハラ生き個人セッション

 

★動画で学べる「ハラ生きオンライン道場」

★セミナーを収録したDVD販売

 ★「小冊子「ハラ生き本」

 


LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 

 ハラ生きメルマガ登録

 



 1回は観てほしい動画!!↓