「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

セックスの相対「性」理論。

オトコとオンナ。

 

陰と陽。

 

光と影。

 

 

対極するもの、ふたつでひとつ。

 

この観点を、腑に落としておくと、かなりカラダが軽くなる。

 

 

だいたい重い人というのは、片一方に偏っているんだ。

 

シーソーみたいなもんやね。

 

 

片方に武蔵丸が乗ってたら、シーソー動かせないでしょ。

 

 

これが重い状態。

 

 

でもさ、シーソーの両端に武蔵丸が乗ってたら、それは指一本で動かせるんだよ。

 

 

つまり、これがバランスってことね。

 

 

それでね、今日はまたセックスで気づきがあったから書くんだけど、こないだ、こういうことがあったって書いたでしょう? 

 

center-muscle.hateblo.jp

 

 

そうするとさ、

 

「これが素晴らしいセックスだ!」

 

なんて思っちゃうんだよね。

 

 

でも、そういうこだわりは「ナマモノ」であるセックスには余計で。

 

 

「こないだ、これで最高のセックスができたから今日も!」

 

なんて思ってやっても、うまくいかないわけで。

 

 

まさに「Not Found」だよね。

 

 

正解は「いま、ここ」で感じることでしか見つからない。

 

 

セックスは本の中で起こってるんじゃない。

 

ベッドで起きてるんだ!!(ウチ、布団だけど…)

 

 

いやそれで何が言いたいかって、

 

「目を見つめるセックスもいいけど、見つめないセックスもいいよね」

 

ってことなの。

 

 

だって、たまにはバックでしたいでしょう?

 

獣のように。

 

 

そういう気分のときもあるわけです。お互いに。

 

 

で、もちろん、見つめ合ってしっぽりイキタイときもある。

 

 

責めたいときもあれば、責められたいときもある。

 

 

時間をかけたいときもあるし、短期決戦のほうが愉しいときもある。

 

 

全部ぬいで肌を触れ合わすときもあれば、着衣のままのほうが興奮することもある。

 

 

 

つまり、

 

「いろんなバリエーションがあっていいよね」

 

ってこと。

 

 

「これが正解だ」

 

と絶対的に決めつけないこと。

 

 

TPOによって、「最適なセックス」は変わってくる。

 

 

毎度毎度「いま、ここ」を生きることでしか、「最高のセックス」を堪能することはできないってわけ。

 

 

だから、ホントにすごいよね、カラダは。

 

 

ウソが一切ないからね。

 

 

ごまかしがきかないもん。

 

 

だから、からだの世界に触れないと、うわべだけの言葉の、ウソの世界で終わってしまうんだよね。

 

 

「いま、ここ」を生き、からだとからだを感応させていくということ。

 

 

ここが分からないと、きっとずっと「さみしいまま」だと思うな。

 

 

だから、「どこか満たされない」って人は考えるのをやめて、からだの世界に入ったらいいと思うよ♪

 

 

手始めに、これはオススメだよ(^^)/

center-muscle.hateblo.jp

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓