読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「わたし、イッたことないの」で始まる物語。~絶頂ヒストリア~

「わたし、イッたことないよ」

 

2年前のある日、ぼくは衝撃の告白を受けて、口の端をヒクヒクさせながら固まっていた。

 

「う、ウソだろ?」

 

「ううん、ホントだよ。」

 

「いやいや、全然いい感じだったじゃん」

 

「あれ、演技。」

 

 

・・・・・・演技。

 

・・・・・・・・・・・演技。

 

 

えんぎーーーーーーーーーー!!!!!!

 

 

そのときの衝撃は忘れない。

 

 

今まで俺のしてきたセックスはなんだったんだ。

 

 

 

一緒に住み始めて、8年目だぜ?

 

 

いったい何回イタしたっていうんだ?!

 

 

それが…それが…ぜんぶ演技!!!!!!

 

 

ぼく(と愚息)は、二度と立ち直れないんじゃないかというくらい萎んでいた。

 

 

「え? ちょ・・・ま、演技て…!!!」

 

 

女優?

 

え?なにオマエ女優なの?

 

主演女優賞でも受賞してんの?

 

 

ってか、よく”あんな反応” 演技できるよな…!

 

 

つーか、なんで演技してんだよおおおおおお!!

 

 

「言ったら悪いかなと思って…」

 

 

お、

 

思いやりーーーーーーーー!!!!

 

 

裏目に出とるしーーーーーーー!!!!

 

 

 

ウソやーん。

 

おれ、テクニシャンかと思てたのに…

 

 

だってアダム徳永の本3冊以上読んだし。

 

アダムタッチもやったし。

 

結構いい感じで愛でてなかったーーーー?

 

 

 

======

 

そう、2015年2月11日、忘れもしないあの日、須佐厳さんから

 

「女性の9割はオーガズムに達したことがない」

 

という話を聞いたのです。

 

 

ぼくは

 

「えー、そんな比率高いかー?」

 

なんて内心思っていました。

 

「ちゃんと、ウチの嫁さんはイってるし。みんな下手くそなんやなぁw」と。

 

 

それこそ「ウチの子が、いじめなんてするはずありません」みたいな感じで、まったく当事者意識がなかったのです。

 

 

ただ、ほーんのちょっぴり気になったので、家に帰ってから、こっそり聞いてみたのです。

 

「あの…えっと、お前は…イってるよな?」と。

 

 

そしたら、妻の回答が冒頭のフレーズだったというわけ。

 

 

それで、ぼくはたいそうショックを受けたわけですが、もともと研究家気質なところがあるため、

 

「どうしたらオーガズムに達するのか」

 

「どうしたら、陰陽のエネルギーをスムーズに交換できるのか」

 

「本質的なセックスの喜びは、どんなものなのか」

 

という疑問がムクムクと湧いてきて、ぼくの知的好奇心をくすぐったのです。

 

 

それからもちろん妻に対しての「申し訳ない」という気持ち。

 

「ふたりで未到の世界に行ってみたい」

 

という思いがあり、研究をはじめることになりました。

 

 

 

とはいえ、はじめは”リアル手探り”状態。

 

「ここはどう?」

 

「こんな感じ?」

 

「ここをこうしたらどう?」

 

と聞きながらの実践。

 

 

しかし、言語でコミュニケーションしたい僕に対して、妻は非言語の感覚派。

 

それに説明しているうちに気持ちが萎えたりして、うまくいかないのです。

 

 

そこでぼくもイライラしてくる。

 

「だから、どこ触れば気持ちいいんだよ?」

 

「そんな言い方されたら、どこも気持ちよくないよ」

 

 

「えー、でもこないだ、ここが気持ちいいって言ってたじゃん?」

 

「それは、こないだの話!今日は気分が違うの」

 

「気分なんて知らんがな!もう、分からんて!」

 

「そこは、繊細に感じ取ってよ!」

 

 

「オトコは言わないと分からんて」

 

「オンナは察してほしいの!」

 

 

かみ合わぬ会話。

 

すれ違い。

 

 

夜になり、事をはじめたものの、途中で険悪な雰囲気になり、そのまま「解散」して寝てしまうこと度々。

 

 

もともとマニュアル思考のぼくは「やり方」を教わらないと出来ないのです。

 

習ったやり方を何度も繰り返し、そこから「個性」を出していく。

 

だから武道的な習得の仕方は好きなのです。

 

 

 

けれども、セックスというのは、そういうことを飛び越えた、アドリブな「生(なま)」を感じきることによって生まれる。

 

 

本能を解放する。

 

ことばじゃないものでコミュニケーションする。

 

 

そういうことが、「アダムタッチを使えばいいだろう」という発想だったぼくには、さっぱり分からなかったのです。

 

 

 

けれども、面白いものですね、徐々に、ほんとうに徐々にだけれども、なんとなく感覚でつかめてくるものがあった。

 

それは「もともと持っているもの」だからなんだろう。

 

 

サルだって、誰にも教わらずにセックスをする。

 

ぼくらにできないわけはないんだ。

 

 

そして、妻もだんだんとぼくを誘導するのが上手くなり、自分の「してほしいこと」をちゃんと言葉で伝えてくれるようになった。

 

 

そうやってコミュニケーションが取れるようになってからも、なぜかぼくらは、目を合わすことが少なかった。

 

それはどちらかと言えば、妻が目を合わすことを避けていると、とぼくは感じていた。

 

 

しかし、ぼくはそこに「愛されることを受け入れられない」という潜在的なものを、それこそ直感的に感じた。

 

 

ここは相手が表面的に嫌がろうとも、しっかりを目を合わせようと。

 

 

「しっかりこっち見ろ。目をそらすな。俺を見てろ」

 

 

そうしたら、妻は恥ずかしそうな、けれどもしっかりとした眼差しで、ぼくのほうを見た。

 

その瞳がいじらしく、ぼくはとても愛おしさを感じた。

 

 

そして、ぼくの口から自然と

 

「愛してるよ」

 

ということばがこぼれた。

 

 

すると妻は、一瞬グッとこらえたあとに大粒の涙を流した。

 

「あっ、これは愛されることを受け入れたんだ」

 

と感じた瞬間、ぼくの目からも涙が流れていた。

 

 

 

もうそのときは誰が誰を愛しているのか分からなかった。

 

自分は目の前の妻を愛している。

 

けれども、妻の中にいる自分を愛しているのだとも感じた。

 

 

「そうか、こういう世界があるのか…」

 

 

明らかに妻と新しい世界に足を突っ込んだ気がした。

 

 

==========

 

そういうことがあって、この記事を書いたのです。

うちの夫婦は、こういう話を全世界に発信しても平気なんだけれども、なかなかこういうことを相談できる人がいなくて困っているという話も聞きます。

 

 

それで4月28日に、そんな話とかこんな話をウチで妻がすることに決めました。

 

 

ぼくもサブで参加しますが、メインは妻が

 

「だんなを調教する方法w」

 

「だんなに家事をやらせる方法w」

 

「だんなに育児をやらせる方法w」

 

などを語ります。

 

 

気になるよーって人は↓をクリックして、LINE@に登録しておいてね!

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

こっから募集をかけるよん♪

ハラ塾~「からだの軸」と「こころの土台」を育てる~

ハラ生きセミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

DVD販売

 

 

 

 

1回は観てほしい動画!!↓