「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「いま、ここにある材料」で勝負する。

実は、「いま、ここ」にすべてのパーフェクトな材料がそろっている。

 

あなたのやることは、「いま、ここにある材料」に文句を言わず、最高の料理をつくることなのだ。

 

 

砂糖がないなら、塩からい料理を作ればいい。

 

じゃがいもがないなら、肉だけ炒めればいい。

 

鍋がなければ、サラダを作ればいいじゃない。

 

 

 

いつまで、

 

「〇〇がない」

 

と不満をもらしているんだ。

 

 

ブサイクならブサイクで勝負する。

 

アホならアホのままで勝負する。

 

病弱なら病弱を活かして勝負する。

 

 

 

それしかないやんけ。

 

 

「〇〇が足りない」ってセリフで、誰が得すんの?

 

 

「××さんは、これを持っているのに」

 

って知らんがな。

 

 

 

それをアンタが持ってないのは、

 

「アンタはそれがなくても戦える」っていう証拠なんや。

 

 

 

「ハンディキャップがある」

 

ってことは「実力が秀でている」ってことやろ?

 

 

 

「誰々が〇〇してくれない」

 

って関係ないって。

 

 

それは元々、戦力にならん人なのよ。

 

アテにするなかれ。

 

 

 

「つくりたい料理」にこだわったらいかん。

 

玉ねぎも鍋もないのに、

 

「どうしてもカレーが作りたいんだ」

 

ってこだわったところで、「喜ばれるカレー」はできないよ。

 

 

 

チャーハンをつくる役割の人もいる。

 

「やりたいこと」にこだわるよりも、「できること」に絞ったほうが、喜ばれることもあるで。

 

 

 

とにもかくにも、

 

「いま、ここにパーフェクトな材料がそろってるんだ」

 

という意識を持つこと。

 

 

 

そしたら、ぜんぜん見えるものが変わってくる。

 

 

「お母さん」は冷蔵庫の残り物で、おいしい夕飯を作っちゃうやろ?

 

 

それが高級フランス料理よりも旨かったりするんだ。

 

 

 

もう、「このまんま」でいくしかないのよ。

 

食材も調味料も、調理器具も、充分に足りているよ。

 

 

 

アンタのまんまの、透明でまっすぐな思いは、届く。

 

技術やテクニックじゃない。

 

 

どれだけ純粋でピュアな思いで行動するかにかかってるんだ。

 

 

もしあなたに足りないものがすれば、その「ピュアさ」だけだよ。

 

テクニックやメソッドが足りないわけじゃない。

 

 

「お母さんの料理」は料亭やホテルで20年の修行を積んでなくても、充分に旨い。

 

それは、愛情があるからなんだ。

 

 

お母さんが、子どもたちに喜ばれる料理を作るために、調理学校に入るとか言い出したら変やろ?

 

 

そこじゃないんだって、ポイントは。

 

 

でも、「足りない意識」が強い人は、そういうミスを犯す。

 

 

「学びにいく」よりも、「そのまんま」で勝負したほうが強かったりするで。

 

 

 

ハラ生き道ってのは、「学ぶ」っていうよりは、「その人のそのまんまを出す」って道なんだ。

 

 

だから、ひとりひとりルートが違う。

 

 

その人に「付け足し」をするんじゃない。

 

 

削いで削いで削ぎ落して、切れ味抜群の「生身」の真剣にしていく。

 

 

それが、ハラ生き道なんや。

center-muscle.hateblo.jp

 

「ハラ生き道」とは? ~はじめての方はこちらをご覧ください~

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ塾

seitai-in-ku.com

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

 


小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓