「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「比べない価値」に気づくと、自分をもっと好きになれる。

「自分なんていらないんだ」と思っている人って、「くらべる」のが大好きなんだよね。

 

いつでも基準が「誰々よりも…」という軸になっている。

 

そして「誰々よりも」から抜け出さないかぎり、苦しさはなくならない。

 

 

これは誰でもない。

 

ぼくの話だ。

 

 

ぼくは、こういう「からだ系のセミナー」なんかをやっている。

 

なんか不思議で、なんか愉しそうで、かつ役に立つ。

 

そんなセミナーでごわす。

 

 

で、もちろん、こういう動画をはじめて見る人もいると思う。

 

けれども、こういう系統のセミナーって探せばいくらでもある。

 

「気」とかスピ系でもあるし、心理系でもあるし、もちろん身体操作系もある。

 

 

それで面白いのは、似たようなセミナーとかを見つけると、なんかちょっとイラっとするんだよね(笑)

 

 

で、そのこころは

 

「ふん。おれのがすごいし」

 

なのww

 

 

逆に、かなり修行してる人のを見ると

 

「うわっ、おれのがショボい…」

 

って思っちゃうw

 

 

いずれにせよ、「くらべる」心が出てきちゃうんだよね。

 

 

それでさ、以前はそれでいちいち気分が一喜一憂してたんだけど、最近は「それ違うな」って思って。

 

 

 

おぜっきーのセミナーはさ、宇宙で唯一無二なんだよ。

 

宇宙に一人しかいないおれがやるんだから、完全にオンリーワンなんだよ。

 

 

だから、「くらべる」ことで価値なんか付けられないんだよね。

 

 

で、もし「比べられてしまう」としたら、それは「じぶん自身でありきる」っていう軸が足りないからなんだよね。

 

 

ぼくらが、「自分の中心」になりきるとき、ぼくらは比較されない存在になる。

 

それは内側からあふれてくるものに正直になるって意味なんだ。

 

 

生まれる前から、魂に刻まれているものに出会うこと。

 

それがハラ的な意味での「ブランディング」なんだ。

(「ブランド」の原義は、家畜を間違えないよう焼き印を押したこと)

 

 

で、逆に「中心」とか「軸」が見えないとき、ぼくらは「外側」ばかりを見ていて。

 

「それと比べておれはどうだ」

 

というふうに考えたとき幸せ感はなくなり、優越感か劣等感しか分からなくなる。

 

それはどっちも不幸なんだよね。

 

 

優越感を幸せだと勘違いしている人は多い。

 

けれども、「じぶんの本体」を大切にすることが分かりはじめると、優越感などクソ感情なんだと気づくようになる。

 

 

 

ちょっと前のブランディングだと「何屋さんか分かることが必要」って言われてたんだけど、これからは「何屋さんか分からないほうが素敵」ってなるのかもしれない。

 

 

もはやおぜっきーも、自分が何者なのかうまく説明ができないwww

 

セミナーを紹介してくれる人も、「どう言っていいか分からない」と。

 

 

それでいいんだ。

 

「とりあえずいっぺんおぜっきーのセミナーに出てみて」

 

そう言われたら、おれは光栄だな。

 

 

 

で、話は逸れたけど、

 

「自分なんてダメ」とか

 

「価値がない」とか

 

感じちゃう人は「それって誰とくらべて?」って質問を自分にしてみるといいよ。

 

 

そしたら、だいたい「比較対象」が出てくるから。

 

で、その人に嫉妬しても羨望してもいいんだけど、それはエゴなんだって気づくことね。

 

 

ほいで、そこからもう一度、視線を自分に戻していくんだ。

 

そうやって「内側からあふれ出る愉しさ」にフォーカスしているとき、「比べる」ことで起きるコンプレックスからは解放されているはずだよ。

 

あとはこのメソッドでからだの中心と軸がわかればバッチリだね。

center-muscle.hateblo.jp

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓