読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

アタマで生きる人は、いつでも「時間がなく、忙しい」件。~不足意識について~

「時間がない!」

 

「忙しい!」

 

「そんなことしてるヒマはない!」

 

以前に、ぼくがよく言っていたセリフです。

 

けれども、最近は「時間があまってどうしよう」という感覚になっています。

 

 

 

 

こないだ、持っていた本をほぼ全部、売ってしまいました。

 

そうやって、「要らなくなったもの」を捨てていくなかで、ひとつ面白いことに気がつきました。

 

 

それは「やたらと時間が増えたなぁ」ということです。

 

 

それまでは、なんだかすごく時間が足りない気がしていたのです。

 

 

たいだい、いつも焦っていて、

 

「勉強しなきゃ」

 

「仕事しなきゃ」

 

と生き急いでいました。

 

 

それで、焦りを解消するために戦略とか立てるんですね。

 

作戦っていうのかな。

 

 

「これをこうして、ああして・・・」みたいな。

 

割と、そういうの好きなんですよね。

 

いまおもうと「一時的な安心」のためにやっていたんですがね。

 

 

 

でも戦略立てると、「やるべきこと」がどんどん増えてくるんです。

 

WEBのあれやって、資料作って、バナー作って、集客して…。って感じで。

 

 

そうすると、どんどん気が荒れてくるんですね。

 

荒んでくる。

 

 

そうすると、「いまを感じるこころ」がなくなります。

 

つまり「忙しい」という状態です。

 

 

 

そんな状態で、「本」を棄てた。

 

 

つまり、ぼくにとっての「仕事と勉強」を捨ててみたのです。

 

 

そうしたら、いきなりどっぷり時間ができた。

 

実際に使える時間は増えたわけじゃない。

 

むしろ減っているかもしれない。

 

なのになんだか気持ちに余裕があるんです。

 

これは、非常に不思議な現象です。

 

 

そこで気がつきました。

 

「時間がないんじゃなくて、心の余裕がなかったんだなぁ」と。

 

 

そう、ヒトの「不足意識」というのは、ほんとうに恐ろしい。

 

知らぬ間に、ぼくらの心を侵食してくる。

 

 

実際に、何かが足りないわけじゃないんだ。

 

お金も、時間も、愛情も。

 

 

けれども「不足意識」っていう色メガネで世界を観たら、どうがんばっても「足りない」ように見えちゃうんだね。

 

 

だから今、

 

「お金がない」

 

「時間がない」

 

「愛がない」

 

ってボヤいてる人は、「アタマ意識」になっちゃってるんだね。

 

 

「それ」はきっと足りている。

 

不足しているように感じるのは、基本的には「勘違い」なんだ。

 

 

その勘違いに気づくには、「これがなきゃダメ!」って思ってるものを捨ててみるしかない。

 

 

捨てるのは怖くて怖くて怖いけど、捨ててみるしか「いま、ここにあるんだ」ってことには気づけないんだね。

 

 

捨ててこそ、「そこにある」って気づけるのは、なんとも不思議な話だね。

 

 

 

やらなくてもいいことをやり、欲しくもないものを欲しがり、「ある」ものを見ようとせず、「ない」ことにすると、

 

「不足意識」

 

がどんどん肥大化してきます。

 

 

それを「ハラ」で捉えていく。

 

ハラから見ていくと、「もう全部そろってるんだ」というふうに見える。

 

これを「ハラ見た=ハラ満た」と言います。

 

 

この状態になると、なんでもうまくいく。

 

 

っていうか、「すべてがうまくっている」ことに気がつく。

 

 

で、この状態に持っていくのにいろんな方法があるけれども、おぜっきーの場合は、「カラダの内側を動かす」ことで、「ハラ満た」の状態に導いていきます。

 

 

カラダの内側の動かし方に興味ある人は、これを読んでみてね。

ameblo.jp

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓