「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

反対側がない世界へ~ゼロから生み出すということ~

ぼくのなかの大切な概念として

 

「反動を使わない」

 

っていうのがある。

 

 

「反動」っていうのは

 

「〇〇だから~」

 

って感じかな。

 

 

「こんなことがあった。だから今、これをしている」

 

っていう。

 

 

うん、ストーリーとしては面白いんだけどね、ほんとうの「創造」っていうのは、そういう「物語性」を超えたところにあると思うんだ。

 

 

あまりに淡泊すぎて、一般受けはしないかもだけどね。

 

 

こないだ、

 

「なんでハラ生き道をやっているの?なぜ、こういう活動を?」

 

って聞かれたの。

 

 

聞いた人は、なんだか壮大な答えを期待されていたのかもしれないんだけれど、ぼくがパッと出した答えは

 

「お金が欲しいからかなー」

 

だったの。

 

 

クソ野郎かwww

 

 

なんかもっと壮大で、すばらしい夢でも出てくればいいんだけどね、「なんで?」って聞かれると答え出ないんだよなー。

 

 

ハラ生き道を名乗り始めたのは、実際には去年なんだけど、感覚としては、もっとずっと昔から、そこにあったみたいな感じがしていて。

 

 

これを広めたいっちゃ広めたいんだけど、広まらなくてもいいかみたいなところもあって。

 

 

強い使命感ではないんだよね。

 

 

あくまで趣味。

 

 

だから、「〇〇という出来事があって、だからぼくはこれをしたいんです!」という感じじゃない。

 

 

「気楽に生きたい人は、よかったらくれば?」ってなスタンスかな。

 

 

だからこそ、生み出せるものってあると思うんだ。

 

 

 

ゼロからエネルギーを生み出す。

 

 

無限の世界から、有限の世界へエネルギーを借りる。

 

 

 

ハラ生きメソッドのワークを続けていると、そういう感覚になってきます。

 

 

パンチひとつするにしても、後ろに引いてパワーをためて拳を出すと、「反動」を使ってしまう。

 

 

けれども、あえて「パワーをため」なくとも、ぼくがここに生きている、立っている、座っているだけで、「パワーはある」んだよね。

 

 

それは「重力」なわけですよ。

 

 

それを活かす方法がハラ生きメソッド。

 

 

重力を、どう抽出するか。

 

 

そしたらエゴやアウターマッスルが生み出すそれより、もっと大きなエネルギーになる。

 

 

そういうのを活用していこうというのが、ハラ生き道なわけです。

 

 

反動を使っちゃうと、どうしても「相対性の世界」「二元性の世界」からは抜け出せないんだよね。

 

 

そこには「素晴らしいもの」と「素晴らしくないもの」がある。

 

 

そうじゃなくて、「ぜんぶ素晴らしい」っていう世界にいきたいんだよね。

 

 

「ぜんぶ素晴らしい世界」は、ゼロから生み出す世界。

 

「反対側」のない世界なんだ。

 

 

そういうのって、面白そうだと思わない?

 

「ハラ生き道」とは? ~はじめての方はこちらをご覧ください~

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ塾

seitai-in-ku.com

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

 


小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓