「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

何かをバネにしているうちは、「じぶんの本質」にたどり着けない。

悔しさとか不安とか、怒りとかをバネにするのは一時的には使えるかもしれない。

 

 

しかし、ある時期からは「何かをバネにする」ということをやめなければ、じぶんの本質に近づいていくことはできない。

 

 

何かをバネにするのは、「反動」を使う方法だ。

 

基本は、マイナスを経験して、それを埋めるためにプラスの何かをする。

 

 

「ブスだと言われてフラれたから、キレイになりたい」

 

とか。

 

 

けれども、「反動」を使う方向では、「じぶんの本質」が求める方向へは進んでいかない。

 

 

「反動」をつかってしまうと、「嫌だったことの反対」というふうに道が決定づけられてしまうから。

 

 

けれども、真の創造というのはゼロから起こるものなんだ。

 

何もないところから、パッと生まれてくる。

 

 

その世界が、ぼくの考える「うつくしい世界」なんだ。

 

 

「何かをバネにする」のは、「マイナスがあった」、つまり「傷つけられた」ということが前提になっている。

 

 

けれども実は「傷」とか「マイナス」という概念じたいが幻想で。

 

 

地下1階っていうのはさ、地球人から観た世界なんだよ。

 

でも、ぼくらの住むこの地表が、「地底人」から観たら2階なわけ。

 

それを、どこが1階だってケンカしても仕方ないでしょう?

 

「視点のスタート地点が違う」んだから。

 

 

それで「マイナス」というとらえ方は「なければよかったのに」って思う時に生まれる考え方なんだよね。

 

 

「なければよかったのに」って思っているから、それが「マイナス」になる。

 

 

でも「あれがあったからこそ今のわたしがある」って思えたら、それは「マイナス」ではなくなるの。

 

 

「それをふくめてわたし」

 

になるの。

 

 

そうしたら、もうマイナスからの出発じゃないんだよ。

 

いつでも「いま、ここ」、ゼロからのスタート。

 

 

 

そうやって、「じぶんの本質」から生み出されるものは、唯一無二のユニークさを持つ。

 

 

どこにもないもの。

 

今までなかったけど、実は求められていたもの。

 

世界的な革新。

 

 

そういったものは、すべて「ゼロ」ベースから生み出される。

 

 

 

「バネ」はさ、ロケットが大気圏を突破するまでは必要なことがある。

 

けれども、宇宙空間にいったら、そんな「爆発的なエネルギー」は必要ないんだよね。

 

 

まぁ、それはステージの問題でもあるんだけど。

 

 

地表で、ただ脱力してるだけじゃ宇宙にいけないからね。

 

それで「別に宇宙なんていかなくても、ここでも充分に幸せだし」

 

みたいな言い訳してみたりして。

 

 

「ええ?宇宙? ああ、あそこ空気ないから俺キライなんだわ」

 

「そんなにがんばって宇宙めざすことないっしょ」

 

「おれは、このまま、ありのままで充分だよー」

 

 

みたいなキツネ野郎よりは、何かをバネにしてロケット飛ばすほうが、よっぽどカッコいいけどね。

 

 

でもある程度までいったら「バネの反動」から自立する時期が来るんだってこと。

 

 

覚えておいて損はないと思うよん。

「ハラ生き道」とは? ~はじめての方はこちらをご覧ください~

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ塾

seitai-in-ku.com

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

 


小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓