「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「いちばん近くの人」と向き合え!~自分の「影」に目を向ける~

もしあなたが今、トラブルを抱えていたり、さらにブレイクスルーを目指したいなら、今すぐにでも「いちばん近くの人」との関係を見直すことだ。

 

 

あなたが今、いちばん見たくなくて、いちばんごまかしたい「本質的な問題」は、かならず「いちばん近くの人」が見せてくれる。

 

 

それを見ないようにして、表面的な問題を解決しようとしても、こじれるだけだ。

 

 

あなたにとっての「いちばん近くの人」は誰だろうか?

 

 

ダンナさん?

 

奥さん?

 

お子さん?

 

お母さん?

 

それともお父さん?

 

 

ぼくらにとって、いちばん難しい人間関係は「いちばん近くの人」だ。

 

 

なぜなら、近ければ近いほど、「自分の見たくない部分」を「鏡」として映し出してくれるからだ。

 

 

今日は、その「投影」の仕組みについて書いてみたいと思う。

 

 

 

たとえば、ダンナさんが「自分勝手」だとする。

 

奥さんは、そのことについて不満を抱えている。

 

 

で、その場合はどう解釈するかというと、

 

「奥さんが、じぶん自身の”自分勝手”を認められないでいる」

 

というふうにハラ生き道では解釈する。

 

 

奥さんは、まだまだ自分の中に「自分勝手」な部分を持っている。

 

 

けれども「自分勝手はいけない」という思い込みで洗脳されているので、自分は「自分勝手ではない行動」を心がけている。

 

 

つまり「自分勝手じゃない人間を演じている」ということになる。

 

 

しかも「そうありたい」のではなく「自分勝手はいけない」という「いい/わるい」の価値基準で考えて「良いことをしよう」としている。

 

 

そして、その「良いことをしよう」という意識によって「自分は良い人間である」といふうにごまかしている。

 

 

そうやって「自分の悪い面を見ないようにしている」のだ。

 

 

 

そうすると、ちゃんと「いちばん近くの人間」が、「鏡」となって、いちばん見たくない部分を強引に見せてくれるのだ。

 

 

それが「夫が自分勝手」という現象なのだ。

 

 

OK?

 

「投影」に慣れない人には、「???」となるかもしれないけど、ハラ生き道では大切な考え方なので、よく考えてみてほしい。

 

 

 

もう一例いってみよう。

 

 

たとえば「奥さんが感情的で困っている」とする。

 

 

その場合はダンナさんが、

 

「感情的なのはいけないことなので、理性的であろう」

 

と「感情的じゃない人間を演じている」のだ。

 

 

そして「本当の自分」をごまかして、「自分は理性的・合理的な人間」みたいな顔をしている。

 

 

それには、生きてくるなかのどこかで

 

「感情的であってはいけない」

 

「理性的でなければならない」

 

という洗脳をされてきたという過程がある。

 

 

そのせいで「ありたいようにある」のではなく、「こうあるべき」に捉われてしまっている。

 

 

すると、自分の中で日常は目を背けてたい「感情的である」という部分を、「いちばん近くの人」が見せてくれることになる。

 

 

それが「奥さんが感情的」という現象なのです。

 

 

 

こういう感じで、周りの人を見ていく。

 

「誰々は、〇〇で困るなぁ」

 

「こうしたほうがいいのになぁ」

 

という「否定感」が出るとき、それは「自分の見たくない部分」に対する否定感なのだ。

 

 

 

だからこそ、最大の「見たくない部分」を見せてくれる、「いちばん近くの人」をしっかり見据える必要があるんだ。

 

 

はっきり言って、「いちばん近くの人」から逃げてハラ生きもクソもない。

 

 

ごまかしなく、真正面から、「いちばん近くの人」と向き合う。

 

 

それは、つまるところ「自分との対話」なんだけど、自分は自分では見えないんだ。

 

 

かならず「鏡」が必要になる。

 

 

それが「いちばん近くの人」なんだ。

 

 

あなたはその鏡を真正面から見据えることができますか?

 

 

「いちばん近くの人」が持っている「いちばんイヤな部分」。

 

 

それをあなたも隠し持っているんだ。

 

 

そう言われても納得できないでしょう?

 

「わたしは、あの人とは違う」

 

そう言いたいでしょう?

 

 

でも違うんだ。

 

誰しもクソな部分を、奥底に抱えているんだ。

 

超絶美人でも、大腸にウンコを抱えているのと同じだ。

 

 

 

それを今すぐに全部みとめるのは、難しいかもしれない。

 

 

けれども、それを少しずつ受け入れていくことによって、だんだんと、あなたはあなたに還っていく。

 

それは、まぎれもない「幸せの道」なんだ。

 

 

さぁ、今までズルをしていた自分の心に目を向けてみよう。

 

そこに罪悪感はないだろうか。

 

「逃げてたな」という反省はないだろうか。

 

 

もしあるのならば、今日から「いちばん近くの人」に向き合ってみよう。

 

 

それは、はからずも「自分自身の本質と向き合う」ということになるんだ。

 

 

そして「自分自身」と本気で向き合いはじめたとき、あなたのハラはさらに活性化してくるだろう。

 

「ハラ生き道」とは? ~はじめての方はこちらをご覧ください~

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ塾

seitai-in-ku.com

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

 


小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓