読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

正確には「ありのままでいい」んじゃなくて『ありのままでいいのに』なのだ。

「ありのままでいい」

 

まー、3年くらい使い古されて、そうとう飽きてきた感じですよね。

 

 

ぼくのように

 

「ありのまま…」と聞いた瞬間にヘドが出てしまう人もいるでしょう。

 

 

なんで、このフレーズが誤解されて広まるかというと、「エゴ」の視点で考えるからなのです。

 

 

「エゴ」は、変化を嫌うし、安定とか安楽を望みます。

 

 

だから、「ありのままでいい」と聞くと、「しめた」という思いになります。

 

「やったー、変わらなくていいんだー」と。

 

 

そして、「つまらない自分」のまま「つまらない毎日」を送っていくわけです。

 

「だって、ありのままでいいんだもーん」と言い訳をしながら。

 

 

 

けれども、「ありのままでいい」という言葉は、本来的にはハラで捉えるべきなのです。

 

そうすると、「ハラ的な自分に戻ってもいい」という意味になります。

 

 

なんなら「ハラ的な本来の自分に戻ったほうが絶対的に愉しいよ!」っちゅうことになるわけです。

 

 

そいでそれを「エゴ」でもわかるように翻訳してみると、「ありのままでいい」じゃなくて、

 

 

「ありのままでいいのに」

 

 

となるのです。

 

 

そうすると、

 

「ありのままでいいのに」、

 

すごくムダなものをたくさん身に着けている。

 

 

「ありのままでいいのに」、

 

顔にも心にもお化粧して過ごしている。

 

 

「ありのままでいいのに」、

 

いい人のふりして、勝手に疲れている。

 

 

というように、ちゃんと文脈が通じるようになるのです。

 

 

 

そもそも、「ありのまま」になり切れている人なんていないのです。

 

 

偉そうに講釈を垂れているスピの先生も、愛と感謝が大好きなヒーラーさんも、心理系の学問を学びまくったコーチも、

 

「ありのまま」

 

になんてなれていない。

 

 

どれだけ悟ったような人でも、どこかしら気取ってしまうものです。

 

いやむしろ、「ありのままでいい」と誰かに諭している人ほど、「ありのままの自分」を探しているものなのです。

 

 

「ありのままでいいのに」、

 

ぼくらは、気取って、気負って、カッコつけている。

 

 

だからともに「要らないもの」を捨てていこうよ。

 

俺もまだまだ、重い荷物かかえてるけどさ。

 

 

そんなふうに、このフレーズを捉えなおすと、また「ありのままでいい」の新しい一面が見えてくるんじゃないかと思う。

 

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓