「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「世界はともだち」仮説。~世界がみんな友達だとしたら~

最近、いろいろな刺激が種となり、それが先日、ぱっと花開いた。

 

それが「世界はともだち」仮説だ。

 

 

今回、気づいたのは自分の中に根深く残る「上下関係」「優劣」の考え方だった。

 

 

もちろん、アタマでは「ものごとに優劣などない」というふうに知っていて、「宇宙的には価値に差などない」なんてことも思ったり言ったりしていた。

 

 

けれども、からだのレベルでは、まだまだ「上下関係」の意識が残っていたのだ。

 

 

上下関係。

 

それは「目上の人」には失礼のないようにする考え方。

 

また、「目上の人」には素直である考え方。

 

 

それはつまり「目下の人」には、「礼儀」を強要する考え方。

 

「目下の人」には、素直であれとさとすあり方。

 

 

そういう考え方はもう古いとアタマで考えながら、いちばん「上下関係」に縛られていたのは、ぼくだったのだ。

 

「上下関係」が根深くインプットされているから、何かあるとからだが反応する。

 

 

「目上」の言うことには素直に。

 

とくに僕の場合はどうも「叱られないように」という価値観が、強かったようだ。

 

 

それで、行動の選択肢を「叱られないように」の中から選ぶので、どうしても「ハラの声」とすこしズレが生じてしまう。

 

それが「疲れ」の原因になったりする。

 

また「目下」の人が、自分にたいして素直になってくれないとき、イライラを感じたりする。

 

 

そこで今回、採用してみたのが「世界はともだち」仮説だ。

 

「目上/目下」なんてない。

 

上下も優劣もない。

 

というふうに仮定したうえで生活してみる。

 

 

そうするとどうなるだろうか、という実験だ。

 

 

そしたら。

 

 

結果的には、からだのゆるみが加速し、ストレスが激減した。

 

 

変化その1は、レジの人やホテルの人に自然に笑顔が出せるようになった。

 

基本的に、ぼくは笑顔を作るのが苦手。

 

 

けど「成功法則本」で読んだり、そーゆー知り合いを見たりして、「笑顔にならなきゃなぁ」と思っていたところがあった。

 

 

それが「世界はともだち仮説」を採用しただけで、お店の人が愛しくなり、自然と「ありがとう」という言葉が出てくるのだ。

 

 

しかし、それも考えてみれば当然で、「ともだち」が、モノを売ってくれたら「ありがとう」と自然に言ってしまう。

 

それと同じ現象が、起きてくる。

 

 

変化その2 店員の態度をジャッジしなくなった

 

ぼくは、もともとサービス業の出身のせいか、「ゆるいサービス」に厳しいところがあった。

 

ピシッとした接客をされないと「大切にされていない」と感じてイラっとしてしまっていたのだ。

 

 

そこには「お金もらってるんだから、ちゃんと働けよ」という意識があったと思う。

 

そして「お金をもらう以上きちんとする」という条件付けというか、思い込みがあった。

 

だから、要らぬところで腹を立てていた。

 

 

それが今日、ホテルのチェックアウトのときにフロントの人が、奥で談笑していたのだが、

 

「今日も愉しそうだね」と思うくらいで何も感じなかったのだ。

 

以前だったら、「ああ、このホテルはサービスが悪い。客のいる前で談笑するなんて」と怒っていたと思う。

 

それが怒らないどころか「あなたが愉しそうで嬉しいよ」くらいに感じたのだ。

 

 

これには自分でもびっくり。

 

 

けれども、「世界はともだち」なんだから、当たり前と言えば当たり前で、「ともだち」が幸せそうにしていれば、幸せになる。

 

「ともだち」がやっているお店で、ともだち同士が談笑している。

 

なんの問題もない。

 

 

あ!あと、そうそう。

 

変化その3 新幹線のなかでダベってるおばちゃん軍団にイラつかない。

 

以前なら「うっせーばばあ!」とか思っていたかもしれないところが、今度は「おかあさん」だと思ってみると、

 

「おかあさんが幸せそうにおしゃべりしていて愉しい」

 

という感じになったのだ。

 

そして、おっさんは「おとうさん」、じいさんは「おじいちゃん」というふうに見ていくと、なんかみんなを大切にしたくなる。

 

 

 

 

そうして考えてみると、日本語には自分の実の親でなくても「おとうさん」「おかあさん」と呼びかける習慣がある。

 

また、街を歩いている男性と、親の兄弟をどちらも「おじさん」と呼ぶ。

 

兄や姉でなくとも「お兄さん」「おねえさん」と呼びかける。

 

 

そうか、この言語感覚をからだにインストールすればいいんだ!とぼくは思った。

 

 

すると、ぼくは実際には長男なのだが、その仮説を採用することで世界に「お兄さん」と「お姉さん」がたくさんいることになる。

 

 

 

 

そうして観てみると、ぼくを「弟」と思って扱ってくれる人がたくさんいるのだ。

 

 

ずっと長男としてしっかりしてきた。

 

 

けれども、ぼくも「弟」としての側面を出してもいいんだと思えた。

 

 

 

そしてこれまでは「弟」と思ってくれる人に対しても「上司」として扱うことで、相手の愛情を受け取っていなかったのだ。

 

けれども、それこそが本来的には「礼儀」に欠ける行為だったんだ。

 

そして、日本語ではそれを「慇懃無礼」と呼ぶのだ。

 

 

 

兄さん、姉さんには相談してもいい。

 

わかんないことを聞いてもいい。

 

頼ってもいい。

 

もう一人で抱え込むことなんてない。

 

 

おおー、そうかそうかと腑に落ちた。

 

 

で、今回とくに感じたのは、やっぱり「不自然な行動」をすると、内部の「あり方」に観察が行き届かないってこと。

 

「笑顔で」とか「感謝で」とかってのは、内側からあふれ出てくるもので、外側をマネしてしても身につかない。

 

むしろ「できてる」気になってしまい、内省が弱まるんだよね。

 

あとは「やってる」って意識が強く出すぎちゃう。

 

 

「あ、自分、笑顔は心がけてます。相手をリラックスさせるために」とか

 

「あ、自分、やっぱ感謝しようって思ってます」とか

 

立派で尊敬される人(チヤホヤされる人)になっちゃうんだよね。

(ちなみに「ちやほや」の語源は「蝶よ花よ」らしい)

 

 

でも、「あり方」に目を向けないで行動を変えていくと、やっぱり苦しい。

 

立派で尊敬されるけど苦しい。

 

いや、その場合は尊敬じゃない。

 

そう、「立派だから尊敬」じゃなくて「潔癖だから敬遠」されているんだ。

 

 

 

ぼくはそれよりは「世界はともだち」のほうが嬉しい。

 

勝ち負けじゃない。

 

でも、好みはある。

 

相性もある。

 

 

そんな「ふつう」の世界にシフトする。

 

 

それが「世界はともだち仮説」なんです。

 

 

いいなぁと思ったら、ぜひ採用してみてほしい。

 

 

あと「ともだち」のこんなメルマガも読んでみてほしいwww

center-muscle.hateblo.jp

 

 

 

 

 

「ハラ生き道」とは? ~はじめての方はこちらをご覧ください~

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ塾

seitai-in-ku.com

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

 


小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓