読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「目に見えないもの」って幽霊とか天使じゃなくて、「自分の思い込み」のことなんだよ。

「大切なことは、目に見えない」

 

「目に見えないものを、大切に」

 

って話になると、どうしてもスピ系にいきがちだ。

 

 

守護霊、ハイヤーセルフ、天使、龍、サムシンググレート…

 

ぼくは、どちらかと言えば、こういう存在が好きなほうだし、信頼できる人で「見える人」も多いから、信じてもいる。

 

 

けれども、ぼく自身は、「まったく見えないタイプ」なのだ。

 

 

そうなると、「大切にする」といっても、けっこう困っちゃう場合があるわけ。

 

 

大切にしようとして、

 

「おはようございます、龍神さま」

 

って挨拶したら、ぜんぜん違う方向に龍神さまがいたら逆に失礼じゃん?ww

 

 

ってな感じで「見えない人」としては、大切にするって言われても、なかなか難しい側面もあるのよね。

 

 

 

そこで、おぜっきーは考えたのだけども、もちろん目に見えない、そういう別次元の存在も大切かもしれない。

 

 

けれども、「見えない人」にとっては、それよりも「自分の思い込み」を見つめるほうが大切なんじゃなかろうかと思うわけです。

 

 

 

そう、「自分の思い込み」って見えないのよね。

 

 

だから、それを映し出してくれる鏡として、「現実世界」があるんだよね。

 

 

で、その「現実世界」を丁寧に見つめながら、「自分の思い込み」に気づいていく。

 

 

それが、いちばん大切なんじゃないかと思うわけ。

 

 

たしかに天使や守護霊もサポートしてくれるかもしれない。

 

 

けれどもそれが、「〇〇したほうがいい」っていうアドバイスだとしたら、けっきょくジャッジメントが入ってたりするんだよね。

 

 

なんていうの、天使の価値観が入っちゃってるっていうのかな。

 

「〇〇のほうがいい」ってのは、「××はイヤだ」ってことの裏返しだからね。

 

 

「すべてを受け入れる」っていうあり方とは、ちょっとズレるなって思うわけ。

 

 

 

その点、「自分の思い込みに気づいて手放す」っていうあり方であれば、「すべてを受け入れる」に近づいていくんだよね。

 

守護霊のメッセージを聞いて「うまくいく」という方向に持っていく、というのよりも本質的だと思うんだ。

 

 

 

ついフワフワお花畑状態になると、なんか偉大な存在のメッセージ聞きたくなるし、必要なときもあるんだと思うけど、やっぱり最後は自分なんだよね。

 

 

なんか、そんなふうに思うよ。

 

 

ちなみに、こないだ「こだま」の写真見せてもらったけど、「もののけ姫」のやつ、そのまんまでした。

 

不思議な世界はいいねぇ♪

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓