読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

ちゃんと落ち込んで、ちゃんと悩めるってことは、美しいことなんだよね。

ハラで生きるってことはさ、落ち込まなくなるってことじゃないんだよね。

 

落ち込んだり、悩むことがなくなったら、つまらないんだよ。

 

 

落ち込むことがなくなったら、喜びもなくなるよ。

 

悩みがなくなったら、道がひらけたときの嬉しさもなくなるよ。

 

 

ハラで生きることのコツは、「堪能する」ってことなんだよね。

 

 

落ち込むことを堪能する。

 

悩み苦しむことを堪能する。

 

悲しみを堪能する。

 

 

その「堪能する」ことのなかに、味わいがあるんだよね。

 

 

それは、なんでもかんでも手放しで喜ぶようなアホさじゃなかったりする。

 

プラス思考なふり、ポジティブなマネとも違う。

 

 

人間ってさ、深い呼吸をしていると気持ちいいんだけど、その「深い呼吸」の気持ちよさを味わうために、

 

「呼吸を浅くしたい」

 

っていう欲求を持っているんだよね。

 

だから、あえて「呼吸が浅くなるようなこと」を求めるの。

 

 

たとえば恋愛とかね。

 

恋って、苦しいでしょう?

 

会いたいのに会えない。

 

相手がこっちを好きかどうか分からない。

 

好きすぎて、ご飯がノドを通らない。

 

 

これってさ、明らかに「ストレス状態」と同じなんだよね。

 

 

ジェットコースターもそうだよね。

 

身体が(仮想の)「危険」にさらされるわけだから、「ストレス状態」なんだよね。

 

お化け屋敷も、もちろん同じ構図。

 

だけど、人は、そんな「ストレス状態」をあえて求めるわけ。

 

 

それは「呼吸が浅い状態」にしたいから。

 

つまり苦しみたいんだよ、ぼくらは。

 

 

なんで苦しみたいかって、

 

「苦しみも喜びの一種だと知っているから」

 

なんだよね。

 

いや「苦しみも喜びの一種だと知っているやつが、自分の中にいる」って感じかな。

 

 

呼吸が浅くなることも、そこから抜け出して呼吸が深くなることも、どちらも喜び。

 

その両方の体験を堪能することこそが、喜びなんだって、身体は知っているんだよね。

 

 

小学生のときとか、プールで息止め対決とかしたでしょう?

 

あーゆーのも全部、「ふつうの呼吸に飽きちゃって、苦しくなりたい」んだよね。

 

 

だからね、いま落ち込んでたり悩んでいたりする人は、

 

「この落ち込みや、この悩みこそが愉しみなんだ」

 

ってまず思ってみたらいいんじゃないかな。

 

 

 

 

よーく、自分の中身を観察してみて。

 

きっと、

 

「このトラブルがたまらないんだよなぁ」とか

 

「ここでこそ本領発揮だ」とか

 

「この落ち込みから学べることが多いんだよなぁ」とか

 

なんかマゾっていうか、ヤバいやついるから。

 

 

 

 

で、そいつが本体なのよ、自分の。

 

 

いま落ち込んでるやつは、本体じゃないの。

 

 

本体はさ、 つまりハラは「平坦な道」なんかはつまんないのよね。

 

 

デコボコ道で、右往左往してさ、ワインディングロードを愉しみたいんだよね。

 

 

だから、落ち込みも悩みも変える必要なんてないんだよ。

 

ただただ、それを堪能してみる。

 

 

そこにこそ、「美しさ」があると思うな。

 

 

すべては、「美しさ」からできていると思うんだ。

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓