読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

愚痴を言う人は、「愚痴を言うために」いろいろ拒んでる件。

現実と「行動」・「感情」って、ふつう考えられているのと、ほんとうにアベコベなんだなァ。 

 
 
なんでも「行動・感情が先、現実が後」なんだよね。 
 
言い換えると、「現実は結果」ってこと。 
 
 
なんの結果なのかって、それまでの「感情」と「行動」の結果。 
 
 
で、分かれ目は、ここを認められるかどうかなんだよね。 
 
 
「そうか、現実は自分の行動と感情が創っているというなら、今日から自分の行動と感情を変えてみよう」 
 
ってなる人と、 
 
「は?そんなわけないっしょ。誰がこんな嫌な現実を創り出すねん!」 
 
ってなる人がいる。 
  
 
んで、後者の人はあくまで「現実」の被害者なのね。 
  
 
 
「この状況さえ変われば…」 
 
「こんな不幸に誰がしたんだ」 
 
「あいつが私にこれをしなければ…」 
 
 
って愚痴を言い続ける人は、  
 
「感情と行動が先。現実は後」 
 
っていう超シンプルな法則が見えない。 
 
 
ずーーっと、「誰かが創った現実」に振り回されて生きることになる。 
 
そりゃ苦しいよなあって思う(^O^)
 
 
で、そういうときって、「愚痴を言いたい」っいう欲求が出てるときなんだよね。 
  
 
なんでって、「愚痴を言える」と、悲劇のヒーローとかヒロインになれるから。 
 
 
んで、その感情が、これまた見事に現実化するんだよね。
   
 
愚痴を言えるような上司に出会ったり、相変わらず夫のデリカシーがなかったり、妻の機嫌が悪かったり。
 
まさに「思い通り」だよね。  
 
つまり、自分がジャッジした通りになってる。
 
 
そういうときって、面白いことに「欲しいものをあえて遠ざけてる」ことが、ほとんど。
    
 
「あーゆーのはカッコ悪いから」 
 
「あのやり方は、ずるいから」 
 
「あれは本質的じゃないから」 
 
 
というようなもっともらしい理由で、内心で欲しいものを拒んじゃうんだよね。
 
 
で、そんときってカラダがすごい抵抗してんの。 
 
呼吸止まってるの。 
 
 
だから、そこにさえ気づけばいいんだよね。 
 
「いま、拒んでるもの」を「いま、認めちゃう」 
 
 
そんだけで、ボディがクリアになっていくよ。 
 
んで、クリアなボディが、クリアな現実を創っていくんだ。  
 
 
愚痴が多ければ多いほど、ハラの力は失われてしまう。 
 
逆にハラの力がついてくるってことは、それだけ現実の被害者って立場から、抜け出せたってことなんだよね。 
 
 
その意味では 、愚痴を言いたくなったときがチャンス! 
 
「この現実は、自分のどんな感情や行動の結果なんだろう」 
 
と捉えることができれば、そこからさらにフリーになっていけるよ!!

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓