読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

ハートを開くには「さみしさ」を受け入れればいい。

ハート言えば愛。

 

愛と言えばハート。

 

ハートは愛の代名詞のようになっていたりする。

 

けれども、ぼくの中では、ハートには「さみしさ」が詰まっていると思うんだ。 

 

 

 

こういうのは机上の空論で話をしても仕方がないので、実際の体感で話したいと思う。

 

まずは、瞑想でも呼吸法なんでもいいので、こころとからだを落ち着かせる。

 

波立ちを鎮めて、こころとからだの水面をおだやかにする。

 

やり方一つも知らない人は、これを読んでみるといいかもしれない。

 

こころとからだが鎮まったところで、自分の「ハラ」に意識を向けていく。

 

ハラの中心に意識を合わせる。

 

そうすると、なにか「ワクワク」としたものが湧き上がってくるのを感じるかもしれない。

 

これは、ぼくの思う根源的なエネルギーだ。

 

 

 

次に、意識をハートの中心に合わせてみてほしい。

 

するとどうだろう。

 

「ワクワク」というよりは、「せつない」「かなしい」「さみしい」ような感じがしないだろうか。

 

 

もちろん人によっては、その感覚を「愛おしい」と表現する人もいるかもしれない。

 

この感覚をことばにするのは、人によって差があるのが当然だ。

 

けれども、ここで大事なことは「愛しさ」と「切なさ」と「さみしさ」は似ているということ。

 

いや、ことばは違っても、同じ感覚なんだよね。

 

 

ではなぜ、同じ感覚なのにことばが違うかというと、それは「対象」が違うんだ。

 

 

「愛しさ」は、目の前に対象があるとき。

 

「さみしさ」は、その対象が目の前にいないとき。

 

そして「切なさ」は、その対象と重なり合いたいのに重なり切れない、そのもどかしさを表すのに適している。

 

 

ただ、いずれの表現であれ、おおもとに、なにか「ネガティブなもの」をぼくらはハートに抱えているようだ。

 

 

それは写真の「ネガ」のごとく、「穴」であったり「谷」であったり、「おまんまん」であったり、とにかく「凹んでいる」部分なのである。

 

 

そこに「つながりたい」という欲求が生まれる。

 

もちろん「欲」も「谷」と「欠」で、「マイナス」があるからこそ、行動を起こそうという気になるということを示唆している。

 

 

何が言いたいかって、ぼくらはからだの中に、もともと「ネガティブ」を持っているということなんだ。

 

 

で、それを認めきることによって、そこに「さみしさ」があって「切なさ」があって、だからこそ「愛おしさ」があることを知る。

 

 

そう考えていくと、古語で「愛」を「かなし」と読むのもうなづけてくる。

 

 

だから、ハートを開いてラクになっていくには、自分の中の、けして消えることのない「さみしさ」をゆるしていくことなんだ。

 

 

これは、トラウマやこころの傷は関係ない。

 

 

ぼくらが生まれながらにして持っている、先天的な「さみしさ」なんだ。

 

 

それを受け入れていく。

 

 

その行為はつまり、目の前の人の根源的な「さみしさ」さえも許容していくことなんだ。

 

 

「さみしかったね。おかえり」

 

 

そのこころで受け入れられたとき、ぼくらは全体まるごとをゆるされたと感じる。

 

 

ぼくの知っている人で数人、こういう人がいる。

 

こういう受容のあり方を知っている人を前にすると、不思議と目頭が熱くなる。

 

涙まで流れなくとも、からだがゆるみ、目に涙がたまる感じになるのだ。

 

 

これはことばのコミュニケーションだけではなしえない、「からだの、ハラのコミュニケーション」なのだ。

 

 

「え、ハートを開いたコミュニケーションだから、ハートのコミュニケーションじゃないの?」

 

と思われるかもしれない。

 

 

けれども、ハートというのはハラを開いてから開かないと、すぐに疲れてしまう。

 

 

カンタンに言うと、「優しすぎる人」になってしまい、エネルギーを奪われ疲れてしまうのだ。(憑かれてしまう、とも言う)

 

 

とはいえ、ハラさえ開けばハートが開くというわけでもなく、そこはまた別問題になる。

 

 

ちょっと話が込み入っちゃうので、また別の機会に書こうと思う。

 

 

いずれにせよ、ぼくが言いたいのは

 

「ハートには、根源的な”なくならない”さみしさが詰まっている」ということと、

 

「その”さみしさ”を認めきることで、他人の”さみしさ”に共鳴できるようになる」ってこと。

 

 

そして「なくならないネガティブ」をゆるすことで「なくならないポジティブ」を受け取ることになり、ひいては「なくならない幸せ」につながっていくってことなんだ。

 

 

「根源的なさみしさ」にアクセスできない人は、このメソッド試してみてね。

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓