「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「圧倒的なパワーを持つ」ということ。~理論が正しくても負けたら負け~

この世は理論だけじゃ、なんともならない。

 

まず実践があって、そのあとに理論がある。

 

 

ぼくは自分がその傾向にあるんだけれども、つい理論に走りがち。

 

理論を「ただしく」構築したがる。

 

論理的矛盾がないように、間違いのないように、アタマが納得するように、きちんと作っていく。

 

それはそれで才能なのだけれども、モノやコトというのは「ただしく」やるとエネルギーが落ちてしまうということが起きる。

 

 

逆に「間違っている」けれども、すごい成果を生む、すごい結果を出すということもある。

 

 

それは理屈では説明がつかない。

 

いや、理屈を超えているからこそエネルギーが発生しているとも言える。

 

 

たしかに「再現性」のためには、ある程度の理論の構築が必要かもしれない。

 

 

「こうやったら、うまくいく」

 

そんな法則を、導き出したくなるかもしれない。

 

 

でも、その法則がコトバになった途端にエネルギーが激減してしまい、効果がなくなってしまうこともあるんだ。

 

 

数学の世界なら、「理論的で正しい答え」があるのかもしれない。

 

 

けれども、この世には「答え」なんてないんだ。

 

しいていえば、「愉しい」「心地よい」のエネルギーがすべてと言っても過言ではないかもしれない。

 

 

 

合気道というのは、けっこう理論の世界なんです。

 

敵がこうくる。それをこうかわす。そしてこう投げる。みたいな「型稽古」を練習する。

 

すると面白いことに、なんとなく強くなった気がしてしまう。

 

型稽古なのに、ヒーローや達人になった気になったりする。

 

でも実戦では、そうはカンタンに相手は技をかけさせてくれない。

 

この動画を観てほしい。

(30秒から見ればOK。すぐ終わります) 

 

合気系の武術の「達人」が、格闘技の人に瞬殺されています。

 

この「達人」のおじいさん、youtuberが取材して「本物でした。」なんて動画にまとめられていたりします。

 

 

たしかに動画を観ると「ヤラセ」ではないんです。

 

けれどもね、それは実戦で使うのとは、また別の話なんです。

 

 

このおじいさんは、「理屈の世界」では達人だったかもしれない。

 

けれども、圧倒的に「パワー」、つまり「実戦の力」がなかったということです。

 

 

やはり、この世はこの世ですから。

 

ぼくはハラ生き道で「フォース」的なエネルギーを伝えていますが、それがすべてとは思っていません。

 

やはり、この世を生きるのに「パワー」は必要なんです。

 

たとえば世の中を変えたいのなら、なにかしらの権力は必要だし、「お金」というパワーも必要になります。

 

 

どれだけ良いことを言っても、パワーがない人、つまり「結果の出ていない人」の言うことなど誰も聞いてくれません。

 

 

これは、とても悲しいことです。

 

 

美しき理想論を語る者からしたら

 

「あいつ、あんなに間違ってるのに」

 

「あいつ、無理やりお金稼いでるだけなのに」

 

「あいつ、あんなに悪いやつなのに」

 

って思うことがあるかもしれません。

 

 

でも、現実世界では「結果を出した人」が注目されるという現実があるのです。

 

 

これを批判したり、否定しても仕方がない。

 

「負けは負け」なんだと受け入れるしかない。

 

 

じぶんの「正しさ」を証明したいなら、「理論は間違ってないはず!」と主張するのではなく、間違っててもいいから「圧倒的なパワー」で結果を出すしかないのです。

 

 

そのあとに「フォース」的なエネルギーにシフトしていけばいい。

 

 

「ふん、ああいうやり方すれば俺も稼げるんだけどね、それは俺の性に合わないから」とか

 

「ああやって勝っても美しくないから」とか

 

「ああいう目立ち方すれば人気も出るんだろうけど、はしたないよね」とか

 

言い訳するのはダサいよね。

 

 

数字の上で負けは負けなんだから。

 

 

「数字にこだわらない」って、「数字から逃げる」ことじゃないと思うんだ。

 

 

やっぱり、あまりに結果が出ないなら「あり方の修正」が必要だと思うし。

 

 

で、パワーでもなんでもいいから結果を出して、そのあとに、さらに美しくしていく。

 

 

そういう順序が大切なんじゃないかと思うのですよ。

 

 

 

まぁ完全に理想論に走りたがる俺への自戒ですわな。

 

 

誰かの参考になったのなら幸いです^^

★「ハラ生き道」とは?  

★6ヶ月コース「ハラ塾」  

★ハラ生き道セミナーの日程


★ハラ生き個人セッション

 

★動画で学べる「ハラ生きオンライン道場」

★セミナーを収録したDVD販売

 ★「小冊子「ハラ生き本」

 


LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 

 ハラ生きメルマガ登録

 



 1回は観てほしい動画!!↓