「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

無能なあなたには「そこにいるだけ」という価値がある。

世の中には2種類の人がいます。

 

それは

 

「有能な人」と「無能な人」です。

 

 

これまでは「有能な人」だけが重宝されてきました。

 

それがハラ生き道では「無能な人」と「有能な人」では、まったく同じ価値があると考えます。

 

 

「有能な人」は、難しいことが好きです。

 

言語を使って思考し、「なぜ?」を追求し、問題を解決しようとします。

 

 

 

「無能な人」は、難しいことがキライです。

 

なぜなら難しいことがサッパリ理解できないからです。

 

言語を使わず、理由を求めず、問題があっても問題があると気づきません。

 

 

「有能な人」は、さまざな新しくて便利なものを生み出します。

 

文明を発展させてきたのは、まぎれもなく「有能な人」です。

 

有能な人は、すばらしいコンテンツを持っています。

 

「有能な人」は「できる」「やる」ことに価値があります。

 

 

 

 

「無能な人」は、人類が自然のままでいることに貢献してきました、

 

「無能な人」は、何かを学び身に着けようとしても、途方もない時間がかかるか、もしくはぜんぜん身につきません。

 

「無能な人」は、ほとんどコンテンツも武器も持ちません。

 

それは、「身につけられない」という側面と、「身に付ける必要がない」という側面があります。

 

つまり、「無能な人」は「そこに存在すること」に価値があるのです。

 

 

さて、あなたは「有能な人」ですか?

 

それとも「無能な人」ですか?

 

 

もちろん、これは「性質」なので、誰しも「有能な側面」と「無能な側面」を持ち合わせています。

 

 

たとえばぼくはブログを書き始めると「有能」ですが、運転して地図を読もうとすると途端に「無能」になります。

 

なので嫁さんが運転する横にチョコンと座り、話し相手をするのですが、それはそれで価値があるのです。

(すごいブロックのある人が、「そこはやっぱり男が運転しなきゃ」とか言ってたなー(笑))

 

ひとりで運転って退屈だからね。

 

隣にいてあげるだけで素晴らしいwwww

 

 

 

だから「有能タイプ」にも「無能タイプ」にも、ちゃんと役割があるのです。

 

「有能タイプ」の人は、誰にもマネできない成果を出して社会を牽引する。

 

「無能タイプ」の人は、「あの人ができるなら、私にもできる!」と一般人に希望を与える存在となる。

 

 

あと「有能タイプ」の人は、総じて「心のつながり」みたいなことが分からないので、それを「無能タイプ」に教えてもらうという関係性になります。

 

 

人間として有能であればあるほど、ヒトとしてのコミュニケーションが苦手です。

 

 

人間として無能な人は、動物的な非言語コミュニケーションを得意としています。

 

 

そして、実際には「非言語コミュニケーション」のほうが「ぜんぶ伝わる」んですね。

 

 

言語化してしまうと、「漏れ」が出てくる。

 

「ことば」というのは、そういう脆さを持っている。

 

 

なので、

 

「有能な人」は、「無能な人」に、「心のつながり」を教えてもらう。

 

「無能な人」は「有能な人」に、現実的側面、具現化、見える化、のようなことをサポートしてもらう。

 

そういう関係性になると、お互いがリスペクトできていいですね。

 

 

そうやって「すべての価値観」を受け入れていくのがハラ生き道です♪

 

center-muscle.hateblo.jp

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓ 

 

center-muscle.hateblo.jp