「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

女性性を高めるコツは「無責任」を受け入れること。

ぼくはね、女性性の最たる特徴というのは

 

「無責任」

 

だと思ってるんですよ。

 

 

これは「女性は無責任!」ってdisってるわけじゃなくて。

 

 

男性も女性「性」があるからね。

 

誰しも「男性性」と「女性性」を持ち合わせているわけです。

 

 

今日は、その「女性性」を高めたいなって人向けの話をしますよってこと。

 

 

 

んでね、女性性を高めるコツってのは

 

「無責任であることをゆるす」

 

ってことなの。

 

 

つまり

 

「知りませーん」

 

「わかりませーん」

 

「できませーん」

 

って、堂々と表現しちゃうことね♪

 

 

おれは、これが女性性の本質だと思うのよ。

 

 

とにかく「責任なんて取りたくない!」「あたしのせいじゃない!」って言い訳したいの。

 

 

だから「こう言ったじゃん」とか「言質を取られる」ことをすごく嫌う。

 

 

女性性が表現されるってことは

 

「前はこう言ってたでしょ?」

 

に対して

 

「だから何なのよ!」

 

って言えるってことなんです。

 

 

「これをやるのが君の仕事でしょ?」

 

「だから何なのよ!イヤなものはイヤなの」

 

 

と。

 

 

 

男性的な論理社会では、こういうあり方は否定されがちですが、「そのまんまの世界」ではそれもアリなのです。

 

だって「責任感のあるネコ」とかいないでしょwww

 

 

自然界には意外にも「責任」というのがないのであります。

 

ライオンが、食べたあとの獲物の片付けとかしないでしょ。

 

食べ散らかしてる。

 

その無責任さが、ぼくらには本能的に組み込まれてると思うんだよね。

 

 

で、それを大いに表現すると、女性性が高まる。

 

そして、それを受け止めると男性性が高まる。

 

 

 

男性性の根本というのは「ぜんぶ引き受ける」なのです。

 

つまり「責任を取る」ほう。

 

「俺がああ言ったのは俺のせい。君がああ言ったのも俺のせい」

 

 

というポジティブなジャイアニズムですね。

 

これが男性性。

 

女性性を高めるということは、パートナーの男性性を信じるということです。

 

 

つまり、

 

「無茶を言う」

 

「矛盾したことを言う」

 

「一貫性のないことを言う」

 

というのが、女性性の最大の愛情表現なのです。

 

それはパートナーの男性性に対しての信頼の上で成り立っているのです。

 

そうやって「無責任」でいることを、勇気を出して実践する。

 

「は?知らんし」

 

「関係ないし」

 

「あの時はそういう気持ちだったの。でも今は違う」

 

そういう類のことを堂々を言ってのけること。

 

 

ここに女性性の最大の特徴が発揮される。

 

「マトモなこと」「論理的なこと」「ただしいこと」ばかりを追求していると女性性が死んでしまう。

 

 

セックス中に

 

「死ぬ~!!」

 

って言いたいのに、

 

「死にはしないと思うけど、いまオーガズムに達している~!!」

 

とか「ただしく表現」されたら、すげー萎えるわ。

 

 

感じたことを間違っててもいいから、そのまんま表現する。

 

 

それが女性性を高めるコツだと思うな。

 

という男性性のつよいブログでした♪

 

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓ 

 

center-muscle.hateblo.jp