「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

使命なんていらない。もしあるとすれば「目の前の人を幸せにすること」だ。

あなたが、何をしていようと関係ない。

 

どこにいようと関係ない。

 

ただ、ただハートとハラを開いて、目の前の人を迎え入れること。

 

それだけがぼくらの使命だ。

 

 

大それた夢も目標もいらない。

 

ワクワクもいらない。

 

ただただ、目の前の人の「やわらかくて弱いところ」にアクセスしていく。

 

 

それが世界平和の基礎だと思う。

 

 

「何を」するかじゃない。

 

「どうやって」やるかなんだ。

 

 

あなたがハラを開いて笑顔で接すれば、それだけで救われる人がいるでしょう。

 

あなたがハラを開いて声をかければ、それだけで生きる意味を持つ人がいるでしょう。

 

あなたがハラを開いてタッチすれば、それだけで勇気が湧いてくる人がいるでしょう。

 

 

いったい、ぼくらのいのちは、どれだけのエネルギーを持っているだろう。

 

 

たとえば、こんなブログひとつの言葉が、いのちに喜びを添えることがある。

 

たったひとつの旋律が、心の奥深いところに寄り添うこともある。

 

ひとひらの絵画が、魂の奥まで、打ち震わせることがある。

 

 

「そんな力は、じぶんにはないよ」

 

「わたしがやっても、影響を与えないよ」

 

「そういうのは、”スゴイ人”がやればいい」

 

 

そうやって「じぶんの凄さ」から、いつまで逃げ続ける気なのか。

 

 

「自分なんて大したことない」

 

そうやってじぶんを見くびるのは、じぶんのハラを開く勇気がないからだ。

 

 

いつまでもじぶんのなかに閉じこもっているための言い訳として、

 

「わたしには無理」

 

なんてごまかしているだけだ。

 

 

あなたがハラを開けば、あなたの目の前の人は輝きはじめる。

 

そして、その輝きに照らされて、おのずと「じぶん」も輝いてしまうんだ。

 

 

 

あなたは今日、どんな人に出会うだろう。

 

その問いはすなわち「あなたは今日、どんな人を幸せにするだろう」という問いなのだ。

 

 

あなたの何気ない笑顔が、あなたのさりげない会釈が、誰かを幸せにする。

 

「そのバッグ、素敵だね」

 

「あ、髪型変えた?」

 

「ネクタイ、似合ってるよ」

 

たわいもない一言で、あるいは人は一日中幸せになれる。

 

 

ムスっとしてる人、無愛想な人、冷たい人…

 

みんな恥ずかしくて、人とつながるのが怖いだけなんだ。

 

 

なのに、周りに誤解されていたりする。

 

だからさみしくて、さらに意固地になって笑顔もなくなってくる。

 

 

でも、その人の「赤ちゃんの部分」にアクセスすることさえできたら、その人はなにより救われるんだ。

 

 

「不機嫌は最大の罪である」なんて偉人の言葉を使って責めてみたって、誰も変わらないよ。

 

 

それよりも「そんな日もあるよね」って共鳴していける感性を持つこと。

 

それが「ハラを開く」ということなんだ。

 

 

さぁ、今日は誰に出会うだろう。

 

今日は誰を幸せにできるだろう。

 

 

そんな祈りが目の前から世界中に響くとき、どうしようもない幸せが降り注いでくると思うんだ。

 

「ハラ生き道」とは? ~はじめての方はこちらをご覧ください~

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ塾

seitai-in-ku.com

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

 


小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓