「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

あなたが巨乳なのはバレています。

はっきり言いましょう。

 

あなたが巨乳なのはバレています。

 

そっと大きめのセーターなんかで隠そうとしても、男子は知っています。

 

あなたの乳が、走るときハンパなく揺れることを。

 

 

寒い時期、そこはかとなく豊満なあなたは、

 

「きっと巨乳なのだろう」

 

という奇異と好奇の目で見られ、

 

夏場、

 

「ほぅら、やっぱりそうだった」

 

男子の期待を裏切らず、その豊かなふくらみをさらします。

 

 

だから、あなたがどれだけ隠そうとも、巨乳なのはバレているのです。

 

 

 

 

 

あなたが貧乳なのは、バレています。

 

 

どれだけ「寄せてあげる」下着を使ってみても、走って揺れないのなら、それはパットなのだと、男子は知っているのです。

 

 

「横向きに寝たときに少し膨らむのよ」と主張してみても、仰向けになったとたんゲームオーバーです。

 

 

「まないたにレーズン」と揶揄されて「いちおう小高い丘があるのよ」と言ってみても、それは男子にもあるのです。

 

人類誰しも胸筋と、そのうえに脂肪を持ち合わせているのですから。

 

 

だから、どれだけ主張しようと、あなたが貧乳なのはバレています。

 

 

 

 

あなたが賢い人だということは、バレています。

 

ふと使う言葉、言い回し、行動、計算の速さから、あなたが賢い人だということは、みんな知っています。

 

 

だからことさら難しい言葉を使ったり、できる人だとアピールしたり、有能さを前面に押し出したりしなくて大丈夫です。

 

 

あなたがどれだけバカをやったとしても

 

「あの賢い人が、あんなバカをやるなんて」と

 

好感度があがるだけです。

 

 

逆にアタマがよいことを主張すれば、

 

「もう知ってるのに、わざわざなんだ」

 

と嫌われてしまうかもしれません。

 

 

あなたが賢い人だということは、充分に知れ渡っています。

 

もしまだ知らない人がいたとしても、いずれあなたの賢さを知ることになるでしょう。

 

だから、のんびりと待てば良いのです。

 

 

 

 

あなたがアホであることは、バレています。

 

ふだんの言葉づかいや、会話のスピード、行動、モノの選び方…

 

そこからにじみでる天然さで、あなたがアホであることはバレています。

 

 

あなたが、マジメなことば、難しい言葉を使おうとしても、いつも間違っています。

 

そこで、さらにアホさが強調されて面白い感じになっています。

 

 

きちんとやろうとして、ほかの誰も想像できないようなミスを創造して、またテンパっている。

 

そんなアホさは、どうしても隠しようがありません。

 

 

あなたはどこかでアホであることを嫌い、アホから脱却し、賢くなろうと努力しているかもしれません。

 

 

しかし、断言しましょう。

 

それは徒労に終わります。

 

つまりムダです。

 

 

アタマの回転の速さは生まれつきのもので、改善されたりしません。

 

だから残念ながら、あなたはアホでいくしかないのです。

 

 

 

つまり、あなたはバレているのです。

 

 

巨乳であることも、貧乳であることも、ビビりであることも、虚勢を張っていることも、頭頂部がちょいちょいハゲていることも、お尻がデカいことも、

 

 

ぜーーーーーーんぶ、バレているのです。

 

 

ハゲを隠していたあなた!

 

「今まで隠してたんだけど、おれ実はハゲが進んでて…」

 

ってカミングをアウトしてみてください。

 

 

みんな言いますよ。

 

「いや、知ってるし」

 

って。

 

 

他人の観察力をナメちゃいけません。

 

 

みんな結構よく見てるんですよ。

 

 

でもね、他人のもっとスゴイ能力があるんです。

 

 

それが

 

「スルー力」

 

です。

 

 

 

つまり、あなたがハゲてることは知っている。

 

でもね、それ以上は興味ないんですよ。

 

 

 

「あー、ハゲだなぁ」

 

と気づいている。

 

でも、だから何?って感じ。

 

正直、どうでもいい。

 

 

 

しかしそれは逆に「認めている」っていうことです。

 

 

あなたがハゲだと認めている。

 

それは、「そのままでいい」ってことなんです。

 

 

 

このハゲを「巨乳」や「貧乳」、「賢い人」「アホ」「ビビり」なんかと置き換えて、じぶんに当てはめて考えてみてください。

 

 

 

あなたが「どう見られたい」とか「こうは見られたくない」って頑張ってみても、それは無駄な努力だよいうことなんです。

 

 

「じぶんは、ここがこう素晴らしいんだ!」

 

って、言わなくても知ってるよ♪

 

 

「わたしが〇〇だということは、隠しておこう」 

 

って、隠してもバレてるよ。

 

 

だって、「才能」は、「にじみでちゃう」んだもん。

 

 

コーヒーフィルターでドリップするとき、手で押さえてもこぼれてくるでしょ?

 

ああやって、「あふれでてくる」のが才能なの。

 

だから「才能」は、「もうバレてる」の。

 

 

 

なのに、

 

「こんなの才能じゃない」とか

 

「こんな才能はイヤだ」とか

 

「あんな才能が欲しかった」とか

 

ワガママ言うんじゃありません。

 

 

そのワガママのせいで、からだがリキんでしまって、「じぶんの素晴らしさ」に気づけてないんでしょうがー。

 

 

もう、あきらめてくださいな。

 

だって「にじみでちゃう」んだもん。

 

 

そこにオッケー出すだけで、何もかもが違ってくるよ。

 

 

どうしてもオッケー出せない場合は、からだからアプローチも試してみてね♪ 

center-muscle.hateblo.jp

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓