「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「愉しい」を探そうとしてしまうと、ドツボにハマってしまう。

「たのしくやる」

 

「たのしんで仕事する」

 

「たのしむ」

 

 

そんな意味が、どうにも分からない。

 

分からないけど、周りがそう言っているから、じぶんも「愉しい」を探さなきゃ、と焦る。

 

そんな悩みをよく聞きます。

 

 

しかし実は「たのしい」を探すというのは、ドツボにハマる可能性が高いのです。

 

なぜなら「たのしい」は探すものではなく、結果として「自然と感じる」ものだからです。

 

 

 

「たのしい」の語源は「手伸し(たのし)」。

 

手足を四方に伸ばしているイメージです。

 

 

これは、言い換えると「思い切り」ということです。

 

周り気にしながら、おそるおそる手足を伸ばしてみたところで、何も愉しくない。

 

やはり本質的な愉しさを体感するなら「思い切り」が必要なのです。

 

 

 

そしてこの「思い切り」というのは「一生懸命」と言い換えることができます。

 

最近は、この「一生懸命」というのが、かなりの問題を解決すると感じています。

 

 

基本的に「仕事が愉しくない」のは、一生懸命じゃないからです。

 

 どこかで体力温存している。

 

力を出し惜しみしている。

 

やり切っていない。

 

 

そうことが積み重なると、からだに「カス」がたまってきます。

 

 

カスがたまった状態で世界を見ると、世界にカスがたまっているように見えます。

 

サングラスをかけると、世界が暗く見えるのと一緒です。

 

 

で、悩みの深い人というのは、そのサングラスをかけたまま、つまりからだにカスの詰まった状態で「たのしい」ことを探しているのです。

 

 

しかし、その状態では「たのしいこと」など見つかるはずがないのです。

 

やるべきことは、サングラスをかけたままで光を探すことではなく、サングラスを外すことなのです。

 

 

それはハラ生き道でいうと、「からだをクリアにする」ということです。

 

 

からだがクリアになれば、世界がクリアに見えます。

 

 

じゃぁ、そうやって「からだをクリア」にするのか。

 

 

それが、毎日、一生懸命に体力を使い切るということです。

 

「がんばる」のではなく、「だしきる」のです。

 

 

子供のころ、おにごっこで使っていた、あの筋肉を使うことです。

 

これが「がんばる」状態で、体力を使い切ると病気になったりしてしまうのです。

 

 

 

「がんばる」のはアウターマッスルを部分的に、局所的にリキませること。

 

「だしきる」はセンターマッスルを全体的に、効率的に稼働させること。

 

 

どんな職場であろうと「出し切る」か「出し切らないか」は、じぶんで決めることができます。

 

「出し惜しみする」「どうせ出しても無駄だ」と決めるのは、いつも自分です。

 

 

だから他人や環境に関わらず、「出し切る」。

 

不満があるなら、伝える。

 

嫌なら辞める。

 

超シンプルです。

 

 

そうやって一生懸命やっていると「愉しい」の意味がわかってきます。

 

本質的な「愉しさ」というのは、かならず「苦しみ」を含んでいます。

 

 

(エゴの)楽しさ+(エゴの)苦しさ=(本質的ハラ的な)愉しさ

 

 

です。

 

 

迷いの深みにハマる方は「(エゴの)楽しさ」を探しています。

 

 

そこから抜け出すには、苦しさに向かい合い、「一生懸命」やり、力を出し切ることです。

 

 

そして「からだをクリアにすること」です。

 

 

そうすれば、どこを見ても世界が愉しくなっています。

 

 

からだをクリアにする方法は、こちらで公開しています。

 

center-muscle.hateblo.jp

 

「ハラ生き道」とは? ~はじめての方はこちらをご覧ください~

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ塾

seitai-in-ku.com

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

 


小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓