「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「ごめんね」はゆるしてもらう言葉じゃなくて、ゆるしてあげる言葉なんだよね。

「ごめんね」って、とっても大事な言葉なんだよ。

 

「ごめんね」があるからこそ、間違えることができるし、「ごめんね」があるからこそ愛しあえる。

 

「ごめんね」がなかったら、とっても息苦しい社会になってしまうと思うんだ。

 

 

でもね、「ごめんね」の使い方を間違ってしまうと、すごく苦しくなってしまうんだよね。

 

「ごめんね」は、諸刃の剣。

 

だから「ごめんね」の用法・容量をきちんと守ってお使いいただく必要があるんだ。

 

 

 

気持ちいいハラ的「ごめんね」っていうのは、自己肯定感があるとできるの。

 

心の底では、

 

「じぶんは間違ってもいい」

 

「っていうか、ミスはしたけど、存在の価値とは関係ない」

 

「間違えるくらいじゃ、価値は下がらない」

 

って感じていられる。

 

そういう人が「ごめんね」って謝ると調和が起こる。

 

つまり、じぶんをゆるしている人が使う「ごめんね」は、ハラ生き的なんだね。

 

 

 

それが自己肯定感の低い人の「ごめんね」は、「ゆるしてもらう」ことが目的になっているんだ。

 

だから、ひたすら謝ってしまう。

 

相手の機嫌をなだめるために謝ってしまう。

 

その場をしのぐために謝ってしまう。

 

 

そうしたらどうなるか?

 

 

それは調和が起こらずに、虐げられることになる。

 

相手は力や言葉の暴力を使って、あなたを奴隷化しようとするだろう。

 

あなたはその恐怖に屈して、また謝ってしまう。

 

 

それで主従関係が決まる。

 

ご主人様と奴隷になってしまう。

 

あなたは、そんな関係に陥っていないだろうか。

 

 

ここで、自己肯定感のない、後者の「ごめんね」について考えてみる。

 

 

すると、その目的は「ゆるしてもらう」ことだった。

 

 

ってことは、よく観察してみるとこれは「奪う」発想になっているの。

 

ゆるして「もらう」

 

んだからね。

 

もらおうとしている。

 

奪おうとしている。

 

 

そして、他のことも見てみると

 

「相手の機嫌を「怒り」から変えようとしている」

 

「相手の不機嫌を直そうとしている」

 

「相手が怒ることをゆるしていない」

 

んです。

 

そして「ごめんね」が「あなたは、私のために機嫌を直してください」という意味になっている。

 

 

だから調和が起こらないんだ。

 

 

 

本物の「ごめんね」とは、じぶんと相手を「ゆるしてあげる」言葉だ。

 

 

相手の機嫌を変えるためでなく、「相手が気分を害した」という事実にのみ焦点を当てて謝罪する。

 

そこは謝るが「わたしはこう思う」ということは変えない。

 

「あなたが傷ついたことは分かった。そのことについては謝る。傷ついたままでいい。あとはご自由に」

 

という態度。

 

 

つまり、「私はあなたがどんな状態でもゆるす。あなたは私をゆるしてもいいし、ゆるさなくてもいい」

 

というのが本物の「ごめんね」なんだ。

 

 

ニセモノの「ごめんね」は、「あなたは私をゆるしてください」という命令形になっている。

 

 

ハラ的には相手にゆるされようがゆるされまいが関係ない。

 

ただただ、「こちらが自分と相手をゆるしているかどうか」だけが問われるんだ。

 

 

ゆるさなければ、からだは固まり、ゆるせば緩む。

 

超シンプルな法則。

 

 

もちろん、ゆるんでいたほうが、からだ的にもこころ的にも健康で健全。

 

 

ゆるされるかゆるされないかは、こちらで決めることはできない。

 

だから依存的な生き方になってしまう。

 

 

しかし、「ゆるすかゆるさないか」は、こちらで決めることができる。

 

だから主体的な生き方ができる。

 

 

「ゆるすかゆるさないか」は自分で決められます。

 

ゆるしたほうが幸せになれます。

 

 

それが分かったときに、何を選択するか、って話なんだよね。

 

 

あなたの「ごめんね」は、どちらの「ごめんね」ですか?

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓ 

 

center-muscle.hateblo.jp