読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

周りを輝かせる人、自分だけが輝く人 ~カリスマ搾取の構造論~

こんにちは、おぜっきーです。


今日は「信者になりさがり、カリスマから搾取されているのに、ずっと憧れをやめられない人」に向けて記事を書いてみますね。




人の心の闇とはおそろしいものです。


ぼくの定義では「闇」とは「止み」


大いなるエネルギー(光)がストップされている状態のことを闇だと考えています。





心の闇は、心のすき間です。

ぽっかりと空いたすき間。



ここに「好き」が入り込みます。



そして、その「好き」は、しだいに「憧れ」に変わります。



「あこがれる」は古語では「あくがる」。



「あくがる」とは「空(あ)く+離(か)る」だそうです。(諸説あり)




つまり「憧れる」とは心にぽっかり穴が空き、心ここにあらずになり、心が体から離れてしまうことなのです。




カリスマから搾取され続ける人は、ほぼ例外なく、この状態になっていると言えます。




いっぱんにカリスマは、「見た目が」キラキラと輝いています。


だから、自らの輝きに気づけない人は、「自分にないものを持っている!」とつい憧れてしまう。


しかし、そこに落とし穴があるのです。



ぼくらは誰かに憧れてしまうと、一生輝けません。



「あんなふうになりたい」

「私はまだまだ」

「そうだ、〇〇が足りないんだ」


と、どんどん輝きを失っていく。



金メッキの人のそばにいると、いろいろと搾取されます。




中身がスカスカな教祖様は、


「私はスゴイでしょう!」

「あなたはまだまだ」

「もうすこし頑張れば、私みたいになれるんだけどね」



といふうに、依存症の信者から、さらに自信を奪っていく。




ついでに言えばお金も。





しかし、ほんとうに輝いている人というのは、「わたし、輝いてる!」と目くじら立てて主張するのではなく、「あなたって、本当にすごいね」と、目の前の人に希望を差し出すのです。




ほんとうに輝いている人というのは、周りを輝かせている人です。


そして、その光に支えられている。


だからこそ、周りの人への感謝がスゴイ。




自分のことをスゴイとも凄くないとも思っていない。


ただ、そばにいる人に「私もすごいんだ。私も価値があるんだ」と思わせる力がある




ぼくはといえば、前者の落とし穴にハマっていた時期がありました。


「スゴイ人に会いたい」

「スゴイ人になりたい」

「スゴイ人に見られたい」


と、まさに心の欠乏感3兄弟を抱えていたのです。



そして、整体の後輩に当たる人に、ことあるごとに褒めてもらいたがった。


「やっぱ、おぜっきーはスゴイ!」っていう言葉を欲しがった。



妻は、そうやって崇められ、たてまつられる僕をキモチ悪く思っていたそうです。





そんなとき、ぼくはメンターに出会ってセッションを受けた。


そうしたら、ぼくは自分がスカスカであったことに気がつき、だんだんと自信を取り戻してきた。


すると、徐々に「誰かに憧れる」ということがなくなってきたのです。



もちろんメンターに憧れたこともないです(笑)



「このセッションはスゴイ!」と思ったけれども、「このおじさんみたいになりたい」とは思わなかったwww



それはメンター側で、あえて憧れられないように工夫してあるんですね。


自分が憧れられてもしょうがないって分かっているから。




逆にぼくはメンターに対して


「あなたのところのHPはダメダメです。」

「あなたの文章や言い方では、一般人に伝わらないからぼくがやります」

「キャッチコピーは、こうしたほうがいい」



とか偉そうに物申すわけです。



メンターに対してですよ?



ぼくのメンターは、そういうことを許してくれる。


この度量こそが、スゴイと思うんです。



この人が、ぼくにいろんな本質的なことを教えてくれました。




ついでに言えば、たぶんだけど話を聞く限りでは、ぼくのほうがメンターよりも収入が多いのではないかと。


詳しく知らないけど。


けど、お互いそんなこと気にしてないわけですよ。





だって、収入って価値とか実力と比例しないですからね。



収入と実力が比例するんなら、たくさんのお金をもっている某団体のトップが、いちばんスゴイ人ということになってしまいますね。




それに、収入と価値が比例するなら、5年前のぼくの価値は、そうとう低いことになってしまう





そういう当たり前のことを考えていくと、ヤバイ状態に気づけるわけですね。




よくね、うちにもあるとこの信者さんが来られて、いろいろ力説して他人の時間を奪って帰っていきますけれども、

「何十年と修行して、あんたみたいな人になってしまうところに絶対いかんわ」

って思うわけです。




たいていカリスマがおかしくなっているところは、信者も行動がおかしい。


いつも教祖さまに奪われているので、周りに対してもお金や時間を奪おうとする習性があります。


あとは洗脳されているので、洗脳しようとしてくるwww




あなたは、カリスマに憧れて、カリスマに搾取されていませんか?





もちろんカリスマ側だって搾取しているつもりはないのですよ。


「善意で」やってるつもりが、結果を見れば搾取になっているということです。



これは、そうとう気をつけていないと、知らぬ間に悪魔にとり憑かれる。





さて、あなたの周りの人は、輝いていますか?

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓