「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

必死になれない人より、必死になってる人のがカッコいい。~力は抜くものじゃなく抜けるもの~

うまくいくのに、「がんばらない」って大事じゃないですか。

あんまりリキんで色々やってみても、なんか必死な悲壮感が出ちゃうだけで、なんか痛々しいっていうか。





でも、でもですよ。

ぼくは、必死になる時期があってもいいと思うんですよね。

むしろ、必死な時期があったほうがいいというか。





「必死になったことない人」ほど、必死な人を笑う。

「あいつ、あんなに頑張ちゃって」と。

「一生懸命で、カッコわる」と。



でも、そうやって人を笑ってるやつって、「やったことない人」ばっかりなんですよね。








たとえば、「集客」とかって、一般的に大変なんですね。

で、これ、やってみないと分からないんです。






ぼく、整体学校で学んでいる時に、

「このチラシは1万枚まいて50人来院しました」

っていうチラシを見せてもらったんですね。




今だったら、

「えええ!?それ、どんなチラシ!!??」

って気になるんですが、当時は「50人来るって、何がすごいの?」って思ってました(笑)





で、実際に院をまかされる段になって、「チラシ作りがいかに大変か」「なのに、チラシを撒いてもいかに反応がないか」を痛感したのです。




「えええ~~~~、こんなに大変なのーーーーー?!∑(゚□゚*川




っていう衝撃でした。





もう、そこからは実践で勉強しまくりですよね。


それまでもチラシとか広告の本は、たくさん読んでたんですよ。


だから「もう勉強したし、できるはずだ」って思ってたんです。




でも、できないんですよ。




だって、実際にやるのは初めてなんだから。




机上の空論と、実際の集客では、やはり全然ちがうんですよ。


本で勉強してできる気になるのは、映画を見て強くなった気がするのと同じで。


「自転車に乗れる本」を100回読んでも、実際に乗らないと乗れないのと同じで。







そう、やってみなけりゃ分からないのです。






たまに、独立の相談などを聞いていると、ほぼ100%の割合で、「読みが甘い」んですね。

「いやいや、そんなに人こないって!」ってツッコミたくなることがほとんど。




そりゃ、たまにはいますよ。

なんか天性の才能みたいなのがあって、なにか始めたらトントン拍子にうまくいっちゃって、みたいな人っているんですよ。


でも、そういう人って、それまでにそういう人生を積み重ねてきてるんですよね。

人から信頼されるような人柄とか、愛される性格とか、無欲な生き方とか。





だから、ふつーの人は、そんなトントン拍子にはいきません。


そうとは知らず、読みが甘いままで、なんとなくはじめてしまい頓挫。

やる気がなくなり廃業・・・、
みたいな。




たしかに、「がんばらない」を実践したかもしれないけど、なんかそれって違くない?ってぼくは感じるわけです。





その意味では、早い段階で失敗して、一度、絶望したほうがいいんですね。


まずアメブロでもフェイスブックでもいいから、始めてみる。

そこで、「いいね!」やアクセスを集めてみる。

イベントを立ち上げて、集客の練習をしてみる。





そういうことを、まずやってみるのです。





そしたら、そこでほとんど反応が取れないし、人も来ないので、絶望することができます。


「えええーーーーー!?現実って、こんなに厳しいんかいなーーーー!?」

完全に叩きのめされて欲しいわけです。





、ここで完全に叩きのめされた人は、ここからの吸収力がスゴイんですね。

この状態になってはじめて、師匠・メンターなどの話がスっと入ってくる。

「なんとか集客したい!」という気があるから、素直に学べる。





逆に、この状態を経験していないと何を言ってもムダというか、なんかこう・・・スカした感じになっちゃうんですよね。


「いや、本気になればできるんすけど、あんまり集客に必死なのもカッコ悪いじゃないですか」みたいな。


いやいや、本気になれてないお前がいちばんカッコ悪いから!!




集客できない、反応が取れない事実に向き合う。受け入れる。そして、落ち込む。

やはり、このプロセスは大切だと思います。


いちど絶望するから、そこから本気で勉強できる。

必死になって実践する。



泥臭く、カッコ悪く、あがく、もがく。


そのプロセスを経ないで、「がんばらない」なんかにたどり着かないよ。




チカラって、抜くもんじゃなくて、抜けてくるもんだから。






たしかに、あまりに必死になりすぎるのも、「うまくいかない」原因になるのかもしれない。


けれども「必死になれない」人がいちばん重症なんだと思う。




「必死になれない」人は、「本気になったけど失敗した」という事実を作ってしまうのが怖いんじゃないかな。




やはり何事もフェーズというかレベルというか、段階がありますね。


一度も必死になったことがない人は、一度は必死になってみる。

必死になってもうまくいかないようなら、今度は力を抜いてみる。

そのうちに、自然に力が抜けて、自然にうまく回りだす。




そんな感じで、プロセスがあると思うのです。

だから、まずは必死になってやってみる。それで絶望してみる。



それこそが、「がんばらない」への近道なんだと思うのです。

 

がんばって読者を増やしているのは、このメルマガです。

「ハラ生き道」とは? ~はじめての方はこちらをご覧ください~

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ塾

seitai-in-ku.com

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

 


小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓