読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

極論すれば人間関係とは「一生付き合う」か「付き合わない」の2択しかない。

ぼくは思う。

 

人間関係は

 

「付き合うか」「付き合わないか」

 

をこちらから決めてしまえば、けっこうラクになるものだと。

 

 

 

人間関係のほとんどの悩みは

 

「相手が〇〇してくれない」

 

ということだろう。

 

 

つまりは、「相手がじぶんの思い通りにならない」というのが悩みの元凶だ。

 

 

なので人間関係の悩みは、

 

「相手を変えようとしない」

 

「相手がそのままでいいと認める」

 

「相手をまるごと受け入れる」

 

だけで、すべて解消してしまう。

 

 

相手の”反応”を期待しない。

 

相手に「こうあってほしい」と希望を持たない。

 

相手のあり方を限定しない。

 

 

たった、それだけですべて解決してしまうのだ。

 

 

けれども、それができない。

 

それができなくて、相手を否定してしまい、こじれてしまう。

 

 

なぜか。

 

 

それは「じぶんに制限をかけているから」だ。

 

 

じぶんに「こうであらねばらならない」という呪いをかけているから、身動き取れない。

 

 

そして、自分ががんじがらめの人は、他人をもがんじがらめにしてからみ取ろうとする。

 

 

 

けれども、他人に制限をかけて、他人に期待して、他人を思い通りにしようとして、いいことなど、何一つもない。

 

 

他人を制限すればするほど、じぶんへの思い込みも強化されてしまう。

 

 

だからこそ、「他人を自由にする」という試みが何より大切になってくる。

 

 

けれども、どうしても許せない人もいるでしょう。

 

「ありえなさすぎる」価値観を持っている人もいるでしょう。

 

じぶんの命の危険を冒してまで、付き合わなくてもいい人もいるでしょう。

 

 

そういう場合は、関係を断ってしまうことだ。

 

もう金輪際、付き合わない。

 

 

そうしたらあなたは、その人をゆるさなくていい。

 

「関係のない人」として、無視することもできるんだ。

 

 

もちろん、そのぶん「思い込み」も、からだに残ってしまうが、なにもすべての「思い込み」を解消しなきゃいけないわけじゃない。

 

 

じぶんに都合の悪い思い込みだけ書き換えてしまえばいいだけだ。

 

 

だから、人間関係には「関係を断ち切る」という伝家の宝刀がいつでも残されている。

 

 

そして、この「伝家の宝刀」を使わない場合は、「一生付き合う」と決めてしまうことだ。

 

 

そうすれば、もう「じぶんを見つめる」しかなくなる。

 

 

相手は変わらないのだから、「この人を使って、いかにじぶんを変えていくか」という課題でやっていく。

 

 

それなら、相手がどういう反応をしてこようと怖くはない。

 

すべては「こちらの反応」の問題なのだから、「こちらの反応」を丁寧に見つめながら、ゆっくりと消化していくだけだ。

 

 

そうすれば、徐々にこちらがゆるんできて、受け入れの幅が広がり、器が大きくなっていく。

 

 

というわけで、人間関係というのは「一生付き合う」か「付き合わない」の2択が、基本の選択肢になる。

 

 

最ももったいないのは、

 

「不満を言いながら、付き合い続ける」

 

という選択肢。

 

 

じぶんには「この世界」を変える力はない。

私は他人や環境に依存している。

 

わたしは無力だ。

 

 

そういった思い込みを強化していく。

 

 

そうやって「弱くなっていく」のは、もったいなくて仕方がない。

 

ハラ生き道を歩むとは、「強くなっていく」ことなのだ。

 

 

「強くなっていく」とは、反応しなくなるということだ。

 

何かを見てから、それに対して動くのではなく、内側から沸き起こるものにまかせて行動していく。

 

 

それがハラ生きだ。

 

 

けれども「愚痴」をこぼしているうちに、弱くなる。

 

世界に対して何もできないという気になってくる。

 

 

 

それは「付き合う」というハラも「付き合わない」というハラも決まっていないからだ。

 

じぶんの意見がない。

 

 

相手の出方を見て、

 

「もし、相手が〇〇であるならば…」

 

「相手が××しなかったら…」

 

 

こういう選択肢はつらい。

 

 

だからまずは「付き合う」か「付き合わない」か決めるんだ。

 

 

ただ、現実世界というのは、それほどゼロサムではなくて、「グレーゾーン」が残されている。

 

 

それを日本語で「間合い」という。

 

付き合い続けるか、付き合いを断つか。

 

 

実はそんなに極端に考えることはない。

 

 

実用的に考るならば「間合い」を図ればいいんだ。

 

 

かならず人と人には、「適正な間合い」がある。

 

だから「関係を断つ」ということを言い換えれば、「めっっっっちゃ距離を取る」ってことなんだよね。

 

 

けっきょく、この地球上に生きる限り、「関係性を断つ」ことなんてできない。

 

 

だからたとえば「会いもしない。メールもLINEもしない。電話もしない」

 

そういう関係を保つ、ってことになる。

 

 

だから、人間関係で悩むのなら「間合い」ということを、覚えておいてほしい。

 

 

どうしても「才能」や「個性」の関係で、近すぎたらうまくいかない関係ってあるんだよね。

 

 

どっちが悪いってわけじゃない。

 

 

パズルのピースとして「となり」に設定されていないのに、がんばってハメようとしても無理があるんだ。

 

 

だから「付き合う」か「付き合わない」か決める。

 

 

それから「付き合う」なら、どのくらいの「間合い」で付き合うか。

 

 

じぶんでゆるせる、ラクでいられる、お互い気持ちよくいられる間合いを探せばいい。

 

 

そしたら、どっちも変わらなくて済むから。

 

 

そんなアイデア、覚えておいてほしいな。

 

 

もっと具体的に話が聞きたい人は、こちらどうぞ♪

center-muscle.hateblo.jp

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓