読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

じぶんに足りないものを補おうとしてはいけない。才能がないことも才能の一部。

ぼくらに足りないものなどないんだ。

 

今、このまんまの凸凹をいかに利用するか。

 

それが才能を開花させるコツだ。

 

 

エゴでじぶんを観察すると、どうしても「不足している部分」が目についてしまう。

 

自分はまだまだで、もっともっと努力の末に、完成度を高めないといけないのだと感じてしまう。

 

 

しかし、それは幻想なんだ。

 

 

才能とは「何かが人より自然にできること」だ。

 

しかし「じぶんだけ、あることができないこと」も立派な才能なんだ。

 

 

「できないことが才能」なんて言われても、納得できないかもしれない。

 

 

今まで

「これができない。あれができない」とじぶんを責める材料を探していた人にとって、

 

「できないことが才能」

 

という考え方は、逆に苦しいかもしれない。

 

 

とはいえ「なぜ、できないことは才能」と言い切れるのか。

 

 

それはその「できないこと」に、相手が入り込む「スキ」を与えるからだ。

 

 

つまり人は「できないこと」で、誰かとつながっている。

 

 

ぼくは家を建てることができない。

 

料理もできない。

 

机もクルマもスマホも作ることができない。

 

お茶も小麦もお米も育て方が分からない。

 

パンツ1枚すら、作ることができない。

 

テレビもテレビ台もリモコンも作れない。

 

 

ぼくらが生きるということは

 

「0.01%の<できる>と99.99%の<できない>」

 

で成り立っている。

 

 

で、その「できない」は、誰かの才能によって埋め合わせしてもらっているということだ。

 

 

そこに「感謝」も生まれるし、「お金」も生まれる。

 

 

つまり「できない」は「循環」のためのエネルギーなんだ。

 

 

だから「できない」を直しちゃいけない。

 

 

それは「循環」を止めてしまうことになるんだ。

 

 

だから「できない」は素晴らしい。

 

 

その理屈で「できない」を受容して認めてしまう。

 

「できない」を笑い飛ばしてしまう。

 

「できない」と責めるのをやめてしまう。

 

 

 

するとそこに「できる」がふっと浮かび上がってくるんだ。

 

 

「できない」ことの罪悪感がなくなり、「できない」が才能だと分かった瞬間に、「自然にできてる」が見えてくる。

 

 

 

そうやって、じぶんの凸凹を知り、人に頼り、人に頼られて豊かに生きていこうというのがハラ生き道なんです。

 

center-muscle.hateblo.jp

center-muscle.hateblo.jp

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓