読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

すべての親は毒親である。つまり親の役割とは「毒」なのだ。

気が付いてしまった。

 

「すべての親は、毒親なのだ」

 

と。

 

 

親というのは、子どもに「毒」を与えるために存在する。

 

つまり教育という名前の洗脳をし、「思い込み」を詰め込み、「子どもらしさ」を奪っていく。

 

 

それが、親の役割なんだ。

 

 

だから親には「する」ことなど何もない。

 

ただ、そこに「いる」だけで、充分な「毒」となることができる。

 

 

 

なぜ、すべての親は毒親と言い切れるのか。

 

 

例をあげて考えてみる。

 

 

たとえば、子どもが中学生の反抗期。

 

子どもを抑圧し、おさえつけるような親だとする。

 

するとそこで子どもは「トラウマ」をかかえる。

 

そして、それは後々「現実的な問題」となって浮かび上がってくるだろう。

 

この場合、「トラウマ」を植え付け、「問題」を引き起こしたから「毒親」である。

 

 

 

では、「すごくいい親」だった場合はどうだろうか。

 

理解があり、何をいっても「はいはい」と笑顔で答えてくれる親。

 

イライラしていることもなく、落ち込むこともなく、理想的な立派な親。

 

 

すると、子どもは反抗することができなくなり、独立心をそがれる。

 

つまり、反抗するタイミングを逃してしまう。

 

そうすると、それは後々、「遅れてきた反抗期」として「問題」になるだろう。

 

それから「親のように立派な人間にならなければ」と、無意味な行動規範と責任を強いられるだろう。

 

そしてそれは「じぶんの本質」から離れた行動を生んでしまう。

 

 

つまり。

 

 

どんな親であろうと、子どもは「問題」を抱えてしまうのだ。

 

 

だからこそ、すべての親は毒だと断言できる。

 

 

そもそも、「そういう構造」になっているのだ。

 

 

なぜなら、ヒトのメスは20代半ばで子どもを産むことが多い。

 

言っても40代まででしょう。

 

 

その段階で完成している個体など、ひとつもない。

 

 

つまり、超~未熟なままで、子どもを作るように設計されているのだ。

 

 

 

ということは、

 

トラウマや心のブロックを抱え、

 

感情がうまくコントロールできず、感情に翻弄され、

 

悩んだり迷ったり困ったりしまくる

 

「情けない自分」のまんまで、親になる。

 

 

そういうふうに仕組まれているのだ。

 

 

だから、子育てはうまくいくわけがないし、うまくやろうとする必要などどこにもない。

 

 

上述したように、うまくやろうとやるまいと、どうせ親は毒になるのだ。

 

 

つまり、「すべての親は毒親」=「毒親などいない」ということになる。

 

 

「毒親」という言い方は、「毒のない親」がいるという前提だ。

 

 

けれども、そもそも親とは毒なのだから、「毒親」という言い方はおかしい。

 

 

 

だから

 

「毒親に育てられたから〇〇」みたいな言い訳もおかしい。

 

 

毒親に育てられたから心理カウンセラーになれる人もいる。

 

毒親に育てられたから殺人犯になる人もいる。

 

 

この事実も、「毒親などいない」ということを示している。

 

 

だからこそ「わたしの親は毒親だったから」というのは何の理由にもならないし、

 

「じぶんが毒親になってしまうのではないか」

 

ということを心配する必要もない。

 

 

毒親だなんだと騒ぎ立てるヒマがあるのなら、その時間を「じぶんを大切にすること」に使えばいい。

 

はっきり言って親など関係ない。

 

「わたしの母は毒親だから・・・」と言っている時点で、母に依存しする甘えん坊なのだ。

 

 

その状態であれば、「わたしの母は毒親なんで・・・」とか冷静に分析している場合ではない。

 

 

それは「親を憎みきる」ということが足りないんだ。

 

 

はやりの「感謝論」に踊らされ、

 

「感謝しなきゃ」

 

「感謝しよう」

 

「感謝できない自分はダメなんだ」

 

と「すなおな自分」を押し殺してしまう。

 

 

それは「クソなじぶん」を見たくないだけなんだ。

 

 

だから、ちゃんと「親を憎みきる」。

 

 

「感謝」というのは、「憎み切っ」たあとに、自然と沸き起こる結果なんだ。

 

 

だから「感謝しよう」なんて努力しているヒマがあったら、ちゃんと憎む。

 

恨む。

 

思いのたけをぶつける。

 

 

そうやって、「真正面から向き合う」ことが先決なんだ。

 

 

キレイごとの感謝論なんかに惑わされてはいけない。

 

親の毒を見つめるヒマがあるのなら、じぶんの毒を見つめたほうが早い。

 

 

 

もう一度、結論を言う。

 

 

「毒親などいない。すべての親は毒なのだ」

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓