「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

真剣になることを怖がるから、「かりそめの自分」を生き続ける。

先日、「ハラ塾」の2月期がありましてね。

 

日・月と本気でやってきたんですが、気が付いたことがありまして。

 

 

それは、

 

「おれは、真剣に生きることから逃げていた!」

 

ってことです。

 

 

「真剣」ってね、すごく怖くて苦しいんですよ。

 

相手と向かい合う。

 

自分と向かい合う。

 

 

口で言うのはカンタンだけど、実はなかなか「体感」していない。

 

 

「体感」してはじめて、「今まで出来てなかった」と気づく。

 

 

ぼくが気が付いたのは、

 

「真剣に表現することを恥ずかしがっている」

 

ってことでした。

 

それから「講師として前に立つ」役割から逃げていた。

 

 

役割から逃げて

 

「気さくで、みんなと同じ目線の優しい人」を演じていた。

 

 

演じているから、本気で思いを伝えるのが恥ずかしい。

 

本気なんてダサい、一生懸命なんてカッコ悪いと、いまだ心のどこかで思っていた。

 

 

スマートにこなしたい。

 

余裕シャクシャクで達成したい。

 

涼しい顔でいたい。

 

 

そんなエゴがおれの本気を邪魔していた。

 

 

それこそ、お恥ずかしい話です。

 

 

だから今回のハラ塾を経て、さらに決意を新たにしたよ。

 

 

「真剣に生きて、真剣に伝える」

 

 

と。

 

 

「じぶんの本質」と真正面から向かいあうことは、本当に怖い。

 

それは「じぶんを開く」ことだからだ。

 

 

けれども「じぶんの本質」に出会わないで生きていくことなど、もうできない。

 

 

後戻りのできない道を、歩み始めてしまったんだ。

 

 

「かりそめの自分」の欲求をどれだけ満たしても、こころとからだの奥から満たされることはない。

 

 

「じぶんの本質」を見つけてこそ、本来的な心身の充足を得ることができる。

 

 

一度でも「じぶんの本質」に出会ってしまったら、もう逃げることはできない。

 

 

ここからまた再スタートだ。

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓