読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

不満から出てくる欲求は幻想。「ホントの欲求」は、”満足”から生まれる。

ぼくは、最大の不幸というのは

 

「わたしは幸せだ、と言い聞かせること」

 

だと思う。

 

 

本音を偽り、不満を隠し、ないことにして、

 

「これでいいんだ」と思おうとする。

 

 

そこに積もっていく小さな不満は、やがて大きなドロドロとなって、ドロドロとした現実を生み出してくる。

 

 

からだの中にある「不満」は、それを満たそうとする欲求を生む。

 

 

「愛されてない」という不満があれば、「愛されたい」という欲求を生む。

 

 

「お金がない」という不満があれば、「お金がほしい」という欲求を生む。

 

 

「私はブスだ」という不満があれば、「キレイになりたい」という欲求を生む。

 

 

 

けれども、こういった「不満から生まれる欲求」というのは幻想なんだ。

 

 

なぜなら、そもそもは「不満」が幻想だから。

 

 

そしてこの「不満から生まれる欲求」には特徴があって、それが

 

内容的に「~ねばならない」になっている、

 

ってことなんだ。

 

 

そう「愛されたい」のも「お金がほしい」のも「キレイになりたい」のも、自然といえば自然な欲求。

 

 

けれども、それが「不満」から発している場合は、

 

「~たい」といっても実態は「~ねばらならない」になっている。

 

 

つまり

 

「愛されなきゃダメ」「お金がないとダメ」「キレイにならなきゃダメ」という

 

「執着」

 

になっている。

 

 

なぜ執着してしまうかというと、それは

 

「根っこからの満たされ感」

 

がないから。

 

 

根本的な、自分の「いのち」に対する肯定感がないとき、ぼくらの「透明な欲求」は「ドロドロの執着」に変わってしまう。

 

 

ぼくらの透明な、そして純粋な欲求は「満足」からしか生まれない。

 

それは、

 

「からだが満ち足りていること」

 

だ。

 

 

からだが満たされ、存分に満足しているとき、ぼくらの「本質」からクリアな欲求が生まれてくる。

 

 

ハラ生き道で求めるのは、この「クリアな欲求」に出会うことなんだ。

 

いわゆる「やりたいことをやる」というのも、この「クリアな欲求を満たす」ということなんだ。

 

 

このクリアな欲求には執着がなくて、とってもライトだ。

 

 

なぜなら「すでに満ち足りているから」。

 

 

「もう充分だ」と思った上での欲求なので、叶わなくてもかなわない。

 

 

そういう軽やかさがある。

 

そして、そういう欲求ほど、叶いやすかったりするんだよね。

 

 

さぁ、あなたのからだは内側から充分に満たされていますか?

 

 

center-muscle.hateblo.jp

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓