「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

もっと貪欲に、さらに傲慢に、そして純粋に。

謙遜はクソ!

 

謙虚はウンコ!

 

「ありのまま」は即刻廃止!

 

 

「私なんてまだまだですから…」

 

「いえいえ、大したことないです…」

 

「とんでもございません…」

 

 

これらは全部、「逃げ」の言葉だ。

 

 

何かうまくいかなかったとき。

 

効果が出なかったとき。

 

誰かに批判されたとき。

 

 

そういうときのための予防線を張っておくための謙虚さ。

 

 

これはまったくのクソだ!

 

 

ぼくらはもっと、じぶんの「欲望」に対して素直になっていい。

 

 

欲しいものは欲しいと言い、要らないものには要らないと言う。

 

 

このスッキリとした気持ちよさを体感セヨ!

 

 

ぼくらはもっと貪欲になっていい。

 

傲慢になっていい。

 

そう、「欲しいものは欲しい」と声を大にして世界に放っていけばいいんだ。

 

 

 

ただ、ここにはひとつ秘訣があって、

 

「じぶんの”純粋な”欲望にフォーカスせよ」

 

ということなんだ。

 

 

 

「純粋な欲望」とは何か。

 

 

それは自分の「内側(ハラ)」から発せられる欲望だ。

 

 

ぼくらは、容易に自分の欲求をブラしてしまう。

 

都会に出てみれば、「ニセの欲求」を刺激するものばかりが溢れている。

 

 

そういうものに目が眩んでしまえば、それはもちろん苦しい。

 

 

なぜ、他人からの刺激で、要らないものを欲しいと思ってしまうのか。

 

 

それは、ハラがスカスカの腑抜けになっていて、内側の「純粋な欲求」にアクセスできないからなんだ。

 

 

「からだの土台」がなくて、内側からあふれ来る欲望に気が付かないから、他者から提示された「欲しいもの」に飛びついてしまう。

 

 

けれどもそれは手に入れてもどこか虚しい。

 

 

そういうものが、今までもたくさんあったでしょう?

 

 

欲しくて欲しくて仕方なかったけれど、手に入った途端、どこか虚しい気持ちになってしまった。

 

 

そういうときは、欲しくもない「ニセの欲求」に振り回されていたということなんだ。

 

 

ニセの欲求は、感情的で衝動的で執着がある。

 

「どうしても欲しい」

 

「絶対、手に入れたい」

 

「あれがなきゃダメ」

 

 

そういう「血眼感」がある。

 

 

それに対して「純粋な欲求」は、フラットで、にこやかで、それでいて確信的だ。

 

「手に入るに決まっている」

 

「いつか自分のものになりそう」

 

「ほっとけば、寄ってくる」

 

 

そういう安心感につつまれているのが「純粋な欲求」だ。

 

 

あなたは、この違いを感じ取ることができるだろうか?

 

感情的で衝動的な「ニセの欲求」にばかり、躍らされていないだろうか?

 

 

 

もし、この違いが分からないなら、すぐにでも「ハラ生き」にシフトしたほうがいい。

 

 

なぜなら人生は短いから。

 

 

「ニセの欲求」に振り回されたまま人生を終えるの?

 

 

 

それって、すごくもったいないぜ。

 

「ニセの欲求」に惑わされているうちは、何をやっても満足感がない。

 

満たされない。

 

どこか焦っている。

 

フワフワしている。

 

というのが続いてしまう。

 

 

もし、そんな自覚があるのならまずは、このメルマガを読んで実践してみてほしい。

 

無料でかなりのメソッドを公開しています。

 

これでダメなら、セミナー来いやあああああw

 

 

center-muscle.hateblo.jp

 

 

 

 

★「ハラ生き道」とは?  

6ヶ月コース「ハラ塾」  

ハラ生き道セミナーの日程


ハラ生き個人セッション

 

動画で学べる「ハラ生きオンライン道場」

セミナーを収録したDVD販売

 小冊子「ハラ生き本」

 


LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 

 ハラ生きメルマガ登録

 



 1回は観てほしい動画!!↓