「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

”不幸が最強”説 ~さぁ、不幸になろう~

ひゃっはー!悪魔だぜ!

 

今日は、このエゴまみれの地球での「最強のコミュニケーション法」を教えてやるぜ。

 

 

この地球で、コミュニケーションをするうえで相手よりも優位に立ちたいならば、とにもかくにも「不幸」になることさ。

 

 

「材料」はお前の身の回りにあるものなら、なんだっていい。

 

手当たり次第に使えばいいさ。

 

「体重が多いこと」でも

 

「鼻が低いこと」でも

 

はたまた「今日の天気が雨」

 

ってことでもいい。

 

 

そしてなんとか

 

「あなたのせいで不幸になった」

 

と刷り込んで、罪悪感を植え付けるんだ。

 

 

 

そして自分が「弱者」であることを、いろんな場面で何度も何度も繰り返しておくんだ。

 

 

「わたしはか弱くて何もできない存在で、いつも苦しめられています」とな。

 

 

 

そして、傷つけば傷つくほどいい。

 

もう、何でもいいから傷つけ!

 

ちょっとした態度とかを逆手に取るのだ!

 

「その言い方って、失礼じゃないですかぁ?」

 

「あのときの表情に、傷つけられたんです」

 

「勝手に話が進んでたから傷つきました」

 

と、ここでも相手に罪の意識を植え付けろ。

 

 

ここからは、自分も相手も洗脳していくのさ。

 

「私は正しい。あなたは罪深い。私はかわいそう。あなたはひどい」

 

と。

 

 

こちらが「被害者」の意識を深めれば深めるほど、相手は「加害者」の意識が深まり、「自分は悪いことをしてしまったんだ」と自分を責めていくぞよ。

 

 

そしたら、もうしめたもんさ。

 

 

その罪悪感を逆手に取り、

 

「じゃー、そんな罪深いあなたは、つぐないのために何をしてくれるのかしら?」

 

と、自分の欲しいものを要求していけばいい。

 

相手は罪悪感にかられて、何でもしてくれるさ。

 

 

しかし、相手が何をしてくれても、けっして「感謝」などはしてはいけない。

 

 

ここで大切なのは、絶対に相手をゆるさないことだ。

 

 

そのために、どんどん相手に罪をこしらえてゆくのだ。

 

「こないだの〇〇はいいけど、そのときにやった仕草で傷ついた」

 

とかなんとか、相手を「罪悪感のアリ地獄」にハメるのさ。

 

 

傷つくかどうかは、こっちの勝手だからな。

 

自由自在にできるわけよ。

 

 

いいか?

 

とにかく「不幸」になり、「被害者」になり、相手に罪悪感を刷り込む。

 

 

これがエゴ社会での最強のコミュニケーション法さ。

 

同情されればされるほど、仲間もできるからな。

 

ぜひ、これを使って、人間関係を愉しんでおくれよ。

 

ひっひっひ。

 

 

ただし、この方法が通じるのは「エゴの人」だけじゃ。

 

一部「ハラ生き」と呼ばれる人々には、この方法は通じないから、それだけ気をつけてな!!

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓ 

 

center-muscle.hateblo.jp