読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

この世界から「うつ」をなくす方法。

「うつ」をなくすのは、カンタンなことだ。

 

それは「うつ」という名前をなくしてしまえばいい。

 

 

 

「ことば」は時に、その問題を固定化してしまう。

 

 

「わたし、うつなんです」と

 

「気分が落ち込むことが多いんです」とでは

 

ずいぶん印象が違う。

 

 

ずいぶん印象が違うということは、からだに与える影響が違うことだ。

 

 

「今回、失敗しちゃったんです」と

 

「また失敗しちゃった」と

 

「いつも失敗ばかり」

 

とでは、からだがインプットする情報が違う。

 

 

 

自分が好きになれないという人は、一度、自分を規定している「ことば」や「ワード」「フレーズ」を見直してみるといいかもしれない。

 

 

「わたし、嫌われ者なんです」

 

「おれ、モテないんです」

 

「あたしって、暗い人間なんで…」

 

「引っ込み思案なんです」

 

 

それって本当?

 

いらない設定に苦しんでない?

 

 

「ことば」ってのは、使えば使うほど、からだに刻まれていく。

 

 

逆に言えば、いま使っている「ことば」を見直して、新しい「ことば」をインプットしていけば、潜在的にからだが変わっていく。

 

 

それは潜在意識の書き換えにもなっていくんだ。

 

 

そのためにはまず、自分を設定している「ことば」を書き出していく。

 

「私は〇〇です」

 

というフレーズを20個も書き出してみれば、自分を規定している「ことば」がたくさん出てくるだろう。

 

 

そして、そのなかで要らないものを捨てていく。

 

「これはいいな♪」と思う設定は残してもいい。

 

 

ほんのすこしの「ことば」の違いで、潜在身体はすっかり変わってしまう。

 

 

「お金がないんです」と

 

「いま、お金がないんです」

 

とでは、潜在身体にあたえる影響が違う。

 

 

「人が集まらなくて」と

 

「まだ、人が集まってなくて」では

 

今後のストーリーが変わってくる。

 

 

 

「うん、この匂い」と

 

「うんこの、匂い」では、まったく印象が違ってしまう。

 

 

 

 

「ワンネス」の宇宙は「ことば」によって切り取られる。

 

言い換えれば、「世界」は、「ことば」によってできている。

 

 

「ことば」にならないものは、「ない」のとおんなじなんだ。

 

 

それは「認識できない」から。

 

 

さぁ、あなたはどんな「ことば」で世界を切り取る?

 

 

「うつ」のない世界にいきたいなら、「うつ」という「ことば」をなくせばいい。

 

 

その代わりに「具体的に観察し、描写」する必要が出てくる。

 

そうすると、「実際に何が起こっているか」が分かってくるんだよね。

 

 

「病気の名前」で自分を固定してしまうと、「病人」として固定されてしまう。

 

 

それはすごくもったいないんだよね。

 

「病人」になった人が「治そう」と努力するのが、いちばん大変な状態だ。

 

 

 

だからまずは「病人」であることををやめること。

 

「自然治癒力があるからこそ、今の症状が出ている」というふうに捉えなおしていくこと。

 

 

長く患っている人は、そうやって潜在的に「からだ」を洗脳しなおしていくといいんじゃないかと思う。

 

 

からだを芯から洗いなおしていく方法は、こっちでもシェアしているよ♪

center-muscle.hateblo.jp

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓