「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「問題だ!」と騒ぎ立てることが問題だ。~「解決しない」という方法~

ぼくらが「問題だ」と騒ぎ立てることのうち、いったい何パーセントが、ほんとうに問題だと言うのだろう?

 

「店員の態度が悪かった」

 

「子どもが言うことを聞かない」

 

「妻が、私に小言をいう」

 

 

ほんの些細なことで、ぼくらの心はブレてしまい、「意識」は自分の中心<ハラ>から「他人」へと移動してしまう。

 

 

ぼくらの安寧は、<ハラ>にしかないのです。

 

 

他人や環境に「問題」があると設定してしまったら、それを解決しようとがんばることになってしまう。

 

 

けれども「他人や環境に問題がある」という前提のままで頑張っても、実はなにも解決しないのです。

 

 

 

「問題」というのは、外部には存在しません。

 

 

「問題」というのは、「内部」のブレが「見える化」したものなのです。

 

 

 

そして「問題」だとぼくらが思うのは、どういう時かと言うと、

 

「そのせいでネガティブな感情になるやんけ!」

 

というときなのです。

 

 

店員の態度が悪い→ムカつく=問題

 

子どもが言うことを聞かない→腹立つ=問題

 

妻が小言を言う→いら立つ=問題

 

 

ということなのです。

 

 

じゃー、問題をなくすにはどうすればいいかというと、2つの方法があります。

 

ひとつは「感情がなくなること」

 

けれども、これは現実的な方法ではありません。

 

 

「感情を感じないフリ」

 

「クールなフリ」

 

「悟ったフリ」

 

をすることはカンタンです。

 

 

けれども、「思い込み」がなくならない以上、ぼくらの感情もなくなることはありません。

 

むしろ巷間いわれるように、「感情のフタ」をすればするほど、「問題」は大きくなっていくでしょう。

 

それは「感じないフリ」をした反動です。

 

 

ではどうすればいいかというと、それがもうひとつの方法です。

 

それは

 

「その感情をネガティブだと判断していた視点から、ネガティブだと感じない視点にシフトする」

 

ということです。

 

 

エゴは、怒りや不安、おそれや悲しみを嫌い、それを排除しようとします。

 

それは、エゴの性質です。

 

<ぼくらの本体>がエゴと同期しているときに、怒りや不安を感じると、「ネガティブ」と判断します。

 

 

 

けれども、<ぼくらの本体>がハラに同期しているとき、怒りや不安は「エネルギー」となります。

 

そうすると「怒りや不安」は、「排除したいもの」ではなくて、「ありがたいもの」になります。

 

 

ということは、

 

店員の態度が悪かった→ムカつく=ありがたいこと

(以下同文)

 

となり、あらら、問題が消え去ってしまいました。

 

そして、問題の代わりに「ありがたいこと」まで出てきました。

 

 

 

しかし、どうしたらこうした芸当ができるのでしょうか?

 

何にでも感謝できる立派な人になる?

 

厳しい修行を続けて、こころの鍛錬をする?

 

 

いいえ、そんなことは必要ありません。

 

 

大切なことはひとつ

 

「からだの軸を保つ」

 

ということなのです。

 

 

からだの軸が保たれているときは、呼吸が安定しています。

 

そして、「自分じしん」にピントが合っています。

 

 

すると、充分に感情を感じきることができるのです。

 

 

「感情を充分に感じきる」のは苦行ではありません。

 

ポジティブであれネガティブであれ、「感情を体感する」ということはすべて、<ハラ>のエネルギー源なのです。

 

 

つまり「感情を体感する」ということは、<ハラ>が起こす奇跡のエネルギーをチャージしているということなんです。

 

 

だからあなたが今、怒りにしろ不安にしろ、なにかしら感情を抱えているのなら、どうぞ呼吸と姿勢をただして、その感情を充分に味わってみてください。

 

 

それが<ハラ>のエネルギー源となります。

 

 

だからこそ、「問題は解決しなくていい」のです。

 

 

「問題」にフォーカスし、「問題がある!」と騒ぎ立てるとき、ぼくらは自分の中心<ハラ>からブレてしまいます。

 

 

そうじゃなくて、自分の中心<ハラ>に還ることで、宇宙の中心にアクセスするのです。

 

 

そこからエゴでは思いもつかないような解決法がダウンロードされてきます。

 

 

<ハラに還る>ということは、そのパイプをしっかりさせるということなんです。

 

そして<ハラに還り、からだの軸をつくる>には、「からだをゆるめる」ことが必要になってきます。

 

 

「からだをゆるめる」方法は、こちらで動画で公開しています。 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓