読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「最近、だいぶ分かってきた」と感じるときほど停滞している説

傲慢の影は、気づかぬうちにそっとやってくる。

 

はじめは謙虚にやっていたのに、いつのまにか、ほんとうにいつのまにか、ぼくらは傲慢になってしまう。

 

 

いま、自分の気持ちを観察してみると、次のどちらに当てはまるだろうか。

 

「だいぶ分かってきた」「できるようになってきた」「いい感じ」と感じるだろうか。

 

 

それとも

 

「ぜんぜんダメだ」「まだまだ恥ずかしいレベル」「未熟だ」と感じるだろうか。

 

 

もし前者の感覚ならば、それは停滞している証拠なんだ。

 

なぜなら過去の自分と比較して、安心してしまっているから。

 

 

 

逆に後者の感覚を持つ人こそ、いまこの瞬間に進歩している。

 

 

けれども、面白いことに後者の感覚を持つ人ほど、その感覚を「どうにかしよう」と思ってしまう。

 

「否定感」を消したいと思ってしまうんだ。

 

 

しかし、この否定感というのはとても大事で、これがあるからぼくらは進歩していくわけです。

 

だからむしろ「ただしい否定感」が出ているときは、

 

「苦しいけど、進んでるんだ」

 

「進んでるから、苦しいんだ」

 

というふうに考えていいと思う。

 

 

以前、整体の勉強会に出ているときに面白い話を聞いた。

 

だいたい勉強会に出てくる人というのは「売れている先生」が多い。

 

そして売れてなくて、その情報が必要な先生ほど来ないと。

 

 

売れている先生は、売れているのに「まだまだ」と思っている。

 

だからさらに勉強し、さらに売れていくのだそうだ。

 

 

売れてない先生は、基本「お金がない」という理由で勉強しない。

 

それで、また売れなくなっていく。

 

 

ダイエットだってそう。

 

ほんとうに必要な人は、あんまりしてなくて、「えー、そのままで充分じゃん」という人ほど、「あと2,3kg」をきっちり落としたりする。

 

 

その違いはなんなのか。

 

 

それは「きちんと自己否定できるかどうか」ってことなんだ。

 

 

つまり「過去を切り捨てる力」だ。

 

それによって

 

「まだまだできてない」

 

「未完成で、未熟だ」

 

と感じられれば「もっともっとできる」という気持ちになり、伸びしろをイメージすることができるからワクワクしてくる。

 

 

それが

 

「もうできてる」

 

「だいたい、わかっちゃった」

 

「知ってるから大丈夫」

 

という傲慢な意識になってくると、「伸びしろ」もなくなり、つまらなくなってしまう。

 

 

つまり「今、つまらない」と言う人は、「分かった気」になって、自ら「伸びしろ」という楽しみを潰しているのだ。

 

 

けれども、たとえば「からだ」の世界などは、ほんとうに終わりのない世界だ。

 

 

研究しても研究しても、わからないことだらけなんだ。

 

だから、愉しい。

 

だから、やりがいがある。

 

 

「立つ」「歩く」「座る」などの、単純な動作一つでも、無限の拡がりがある。

 

それだけ深い。

 

 

「できる」ことなんてハラは面白いと思わないんだ。

 

それよりも「できないこと」「うまくいかないこと」

 

 

そこに価値を見出していくことが、ハラ生きにつながっていくんだ。

 

 

そう、「簡単にできない奥深い道」を見つけると、人生って愉しくなると思うな。

 

 

「いま、この瞬間の自分」として捉えられるのは、実際の「いま」よりもほんの一瞬、過去の自分なんだ。

 

その過去の自分をバッサリと切り捨てる。

 

そして「難しくてできない」世界を探求していく。

 

 

ハラ生き道では、カンタンで愉しくできるけど、一生ものの奥深さをもったメソッドを提供しています。

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓