読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「ためらわない力」を養えば、淡々と進んでいける。

ハラが指し示す直感によって動きはじめると、

 

「自動運転」

 

という表現がしっくりくるような行動が増えてくる。

 

 

なんでか分からない。

 

でも、進む。

 

ただ、進む。

 

 

そこに乗っているだけ。

 

 

すると景色も変わるし、アップダウンもあるから、感情が動く。

 

急にスピードアップすると怖くなるし、スローダウンすれば焦ってイライラしたりする。

 

 

けれども、その感情をなんとかしようとはしない。

 

 

ただ、感じるのみ。

 

 

そうすると、その感情こそが「よろこび」なのだというふうに感じてくる。

 

 

「よろこび」という感情なのではなくて、「感情はすべて”よろこび”である」という感じだ。

 

 

 

「なんとかしよう」がなくなることはつまり、「人生をまるごと味わう」ということだと思う。

 

 

来るもの拒まず、去る者追わず。

 

かつ、好きなもの来るとき喜び、嫌なものくるとき嫌がる。

 

好きなもの去るとき悲しみ、嫌なもの去るとき喜ぶ。

 

 

「できごと」も、そこからくる「感情」も、まるごと全部、味わってしまう。

 

 

すなわち「感情は充分に感じるけれども、感情に振り回されない生き方」ハラ生きなのだ。

 

 

 

とはいえ、いかにそれが難しいことか。

 

 

ついつい感情に合わせて加速や減速をしてしまう。

 

見通しのいい道路があれば、気が逸り、スピードをあげる。

 

カーブがあれば、減速したくなる。

 

 

これは人生を「くるま」だと考えているからだ。

 

クルマは基本的に「自力走行」。

 

自分でアクセルを踏んで、加速減速を調整し、ハンドルを切る。

 

 

けれども実は、生きるということは「ジェットコースター」のようなものらしい。

 

 

つまり「完全に手放し」でも、「勝手に加速や減速」をし、「カーブも曲がり切る」し、「しかも安全なもの」らしい。

 

 

あとは、そこへの信頼だ。

 

 

では、いかにしてその信頼をつくっていくかというと、それは「ためらわない力」を養うことだ。

 

 

「ためらわない力」があれば、自分勝手に加速・減速しないで、ハラでぐっとこらえて、感情をまるごと愉しむことができる。

 

 

逆に、

 

「こうなっては困るな」

 

「こうなってはイヤだな」

 

「あんなふうにならないか心配だな」

 

という「〇〇は受け取りたくない」という潜在的な思いが強いと、どうしてもためらってしまう。

 

 

「こうなったら怖そう」

 

「××な思いはしたくない」

 

「これは危なそう」

 

これらの不安によって「ためらい」は大きくなり、減速、ひいては停止してしまうこともある。

 

 

いや、正確に言えば「不安」に乗っ取られたがゆえに、減速・停止してしまうのだ。

 

 

このとき「ためらわない力」があれば、不安を感じながらも「等速」を保つことができる。

 

 

「やべぇ、やべぇ」と思いながら(あるいは言いながら)でも、進む。

 

「こえええええ!」と叫びながらでも、止まらない。

 

「死ぬうううう」という恐怖のなかでも歩み続ける。

 

 

それが、「ためらわない力」だ。

 

 

では、どうやってその力を養っていくかというと、それが

 

「からだをクリアにしていくこと」

 

なのだ。

 

 

からだが詰まっていれば詰まっているほど、同じ過重(ストレス)を重く感じる。

 

ハラ生きでは、そのストレスをなくすことではなくて、こちらが「ゼロ」に近づくことで、ストレスを「通過させる」という考え方を採用している。 

 

筋肉を増やしてからだを強くするのではなく、

 

「ストレスを通過させる」

 

それが、ハラ生きクリアボディの真骨頂なのだ。

 

 

そんなクリアボディ養成法を、このメルマガで紹介していたのだが、どうしても文章だけでは伝わりにくいので、今回、「動画メール講座」を作ってみた。

 

「ためらわない力」を養成したい人は、読んでみてほしい。

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓