読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

人間のからだは「カメレオン」 ”意識”がリンクしたものの「色」に、染まってしまう。

色々とからだを研究していくうちに、毎回おもしろい発見がある。

 

今回は、そんなおぜっきーの「からだの自由研究」の最新の成果を発表しよう。

 

 

それは、

 

「人間のからだはカメレオン説」

 

だ。

 

 

ぼくらの「からだ」は、もともと「透明」で「クリア」なものだ。

 

つまり「空っぽ」

 

だから、「からだ」と名付けられている。

 

 

ただ、「空っぽ」のままでは、現実世界で生活できないので、なにか「色」をつける必要がある。

 

 

そのために、ぼくらは「意識」を、さまざまなところにアクセスさせ、チューニングし、リンクする

 

 

すると、空っぽだった「からだ」に、「意識」したものが映されるという仕組みのようだ。

 

 

 

どういうことか。

 

 

実際に実験してみよう。

 

 

まずは、「将来の不安」にフォーカスし、そこにチューニングを合わせ、リンクしてみる。

 

お金のことでもいい。

 

健康面、病気のことでもいい。

 

親の介護のことでもいい。

 

 

とにかく「将来の不安」にアクセスしてみる。

 

 

すると、からだは強張ってくる。

 

からだの内側の力が抜け、外側は固くなりガードをはじめ、呼吸が浅くなる。

 

 

これは「不安」という色にからだが染まったケースだ。

 

 

 

では、今度は「大好きな人」をイメージしてみる。

 

愛する妻。

 

大好きな子ども。

 

愛しい彼や彼女。

 

愛してくれた親や祖父母。

 

 

その人からもらったものを思い出し、その人を慈しむ気持ちにリンクしてみる。

 

そのとき、どんな「からだ」になっているだろうか。

 

 

そう、からだの内側がうごめきだすような、うれしくて、なつかしくて、切ないような感じになるはずだ。

 

これが「大好きな人」にリンクしたときの「からだ」だ。

 

 

 

このように、ぼくらのからだは元々、透明で「リンク/アクセス/チューニング/フォーカス」したものに合わせて、さまざまに色を変えるのだ。

 

 

これが

 

「人間のカラダはカメレオン仮説」

 

だ。

 

 

では、ハラ生き道では、いったい何にリンク/アクセスすることを良しとするのだろうか。

 

 

一般にはここで、

 

「自分の夢がかなったイメージ」や

 

「ポジティブな映像」

 

そして「感動的な場面」

 

などをイメージングするものが多いように思う。

 

 

しかし、ハラ生き道では、「クリアボディ」を求めるため、そういった偏りのあるイメージは持たない。

 

 

ハラ生き道では、この「カメレオン仮説」を利用して、「自然」や「宇宙」にアクセスする。

 

 

そして、そのアクセス方法は「イメージ」ではない。

 

「イメージする」のではなく、「そのものになりきる」のだ。

 

 

それを体感してもらうために、こんな動画を用意した。

 

 

うちの近くの川で撮影した映像だ。

 

 

そして、やってもらいたいのは、まず

 

「自分がどんな呼吸をしているか」を観察してみる。

 

不安や怒りなどの感情に振り回されている人は、浅く小さく、縮こまった呼吸をしているだろう。

 

それを観察する。

 

 

それから

 

「もし、この川や岩や山が呼吸をしているとしたら、どんな呼吸だろうか」

 

ということを想像してもらいたい。

 

 

山河、草木の「息づかい」を、直にイメージしてみる。

 

 

ぼくの感覚では、山や岩は、泰然自若とした、静かでゆっくりした、そしてとてつもなく落ち着いた呼吸をしている。

 

 

そして、川はさわやかで涼しげで、かろやかな呼吸をしている。

 

雲はもっとかろやかで自由で変幻自在の呼吸をしている。

 

空はもっと広く、おだやかで、包容力のある呼吸をしている。

 

 

そのどれでもいい。

 

どれでもいいから、「自然の息づかい」をリアルに感じてみるのだ。

 

 

そして、その呼吸のあり方を、自分の呼吸のそれを比べてみる。

 

 

すると、その圧倒的な差にショックを受けるかもしれない。

 

 

ぼくは、自分の呼吸のショボさと、自然の偉大なる呼吸の歴然の差を感じたとき、ショックを禁じえなかった。

 

 

まぁ、もとより比べることすら傲慢なのかもしれないが、とにかくその差に驚かされた。

 

 

けれども、面白いもので「自然の息づかい」を”モノマネ”していると、自然と呼吸のあり方も「大いなるもの」とリンクしてくるのだ。

 

 

すると、だんだんとからだが「クリア」になってきて、自分の中心を感じられるようになってくる。

 

 

そこにはエゴが作ったような「ポジティブさ」とか「うれしさ」というようなベクトルのある感覚はない。

 

無方向の、ただ「点」があり、そこには何もないが、すべてが含まれている。

 

 

それがハラなんだと、おぜっきーの最近の研究では暫定的に結論づけている。

 

 

なのでメソッドとしては、まず

 

 

1:身近にある自然の「息づかい」にリンクする

 

2:もうすこし広い地域ぜんたいの呼吸にリンクする(たとえば市や県)

 

3:日本ぜんたいの自然にリンクする

 

4:地球ぜんたいにリンクする

 

5:太陽系にリンクする

 

6:銀河系にリンクする

 

7:宇宙の中心にリンクする

 

 

という感じで、だんだんとリンクする対象を広げてみるといいと思う。

 

 

そうすると、徐々に息が長くなり、静かになってくる。

 

よかったら、一度このメソッドを実践してみてほしい。

 

 

※ここで、いわゆる「神」や創造主にリンクすることも可能だが、それは「神になる」こととは違う。

 

ぼくらは、どこまで透明になろうとも、「透明なからだ」という形を残している。

コップの中身を全部だして透明になっても、コップの形は残るようなものだ。

 

これがいわゆる「個性」や「役割」というものになる。

 

 

このあたりは、また詳しく書いてみたいと思うが。今日は紙幅の関係上、割愛する。

 

 

 

こちらの動画メール講座では、数種類のメソッドを公開しているので、興味のある人は登録してみてほしい。

 

こちらの講座では、このカメレオン感覚を実体験してもらいます。

center-muscle.hateblo.jp

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓