読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

ハラ的な料金設定について

個人事業でもなんでも、自分でやっている人は、そのサービスの料金設定に迷うらしい。

 

ということで、今日は「ハラ的な料金設定」について書いてみたいと思います。

 

 

そのためには、この「ハラ・マトリクス」を理解する必要があるので、まずこれを読みましょう。

 

読みましたか?

 

 

そしたら、カラダの力を抜いて、心を鎮めていきます。

 

呼吸をゆっくりにしていきます。

 

心身の波風が立たない状態にしていきます。

 

 

そして静寂のなかで、お腹に手をおいて、たずねます。

 

「私の〇〇のサービスの適正金額はいくらですか?」と。

 

この質問は、決まっているものではないので、自分流にアレンジしても構いません。

 

「いくらで提供するとワクワクしますか?」とか

 

シンプルに

 

「いくらにしたらいいですか?」

 

という聞き方でも構いません。

 

 

大切なのは「静寂」のなかで尋ねるということ。

 

 

いま、多くの人が「静寂」を忘れています。

 

都会などは、邪念などの「雑音」であふれています。

 

 

だから、皆、自分の欲しいものも、やりたいことも分からない。

 

「雑音」におどらされ、「世間」という価値観を生きています。

 

 

 

まずはそこから抜け出すということ。

 

「雑音」のないクリアな状態を思い出す。

 

そこで「答え」を得るわけです。

 

 

誰かに聞くでもない。

 

教科書に書いてあるでもない。

 

 

自分の奥の奥から、答えを引き出してくる。

 

 

で、そこで聞こえた(もしくは見えた)料金に設定してもいいのですが、現実的には、さらに工夫をすると面白くなります。

 

f:id:ku-ozekey:20160926211658j:plain

 

このマトリクス、あなたは何番でしたか?

 

2と3が半々という人は「仕事をしているときは」という条件を設定すると、だいたいどちらかに偏るでしょう。

 

 

それで、2番の人というのは、だいたいが自信過剰で、過大評価になっています。

 

なので、ハラでピンときた値段から若干さげて、

 

「こりゃ安すぎるな~」

 

と思うくらいで提供するとちょうどよいです。

 

 

すると「こりゃ安すぎるな~」という潜在意識が共鳴して、お客さんも「こりゃ安すぎるな~」と感じてくれます。

 

 

 

対して3番の人というのは、だいたいが過小評価になっています。自己卑下しすぎな人が多い。

 

 

だから、がんばって、勇気をもって、ピンときた値段より、すこし上げるといいです。

 

もともと3番の方のサービスというのは、「気」とか「念」がこもっていて、非常に丁寧な仕上がりになっている。

 

けれども、料金設定が安すぎて、その真価が伝わってないのです。

 

すごい手間暇かけて作った小物なんかも、「一般人」が見て値段が安いと、「これは安い素材で作ったんだろう」なんて誤解されてしまいます。

 

他にもヒーリングや整体なんかでも、「お金をきちんと払ったほうが効果が出る」という側面があるんですね。

 

だから、ちゃんと適正金額を取ってあげないとお客さんを損させてしまう。

 

「いいもの買ったんだ」

「いい施術を受けたんだ」

 

という気分を売るのも仕事のひとつなのです。

 

 

 

というわけで、自分のタイプを知ったうえで「静寂」にアクセスして、ピンとくる値段を設定してみてくださいね。

 

きっと自分もお客さんも喜ぶ価格が決まると思いますよ♪

 

 

あ、なかなか静寂にアクセスできない人は、これ読んでみてくださいね。

呼吸法のことなんかも、すこし書いてます。

 

center-muscle.hateblo.jp

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓