「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「ゆるんでから言え」 ~それは本音じゃぁ、ないよね~

「自分の気持ちに正直になる」と言っても、その「自分の気持ち」が自分で分からないときってある。

 

 

それはどういうときかと言うと、「気持ちがうわずっているとき」。

 

 

おぜっきーは、それを「意識があがってるとき」って言っているけど、「浮ついてる」とか「外側の筋肉ガチガチ状態」とも言える。

 

 

そんなときに、「自分の気持ち」を探ってもさ、「本音」なんか見えてきやしないんだよ。

 

 

 

たとえばさ、嫁さんとケンカして激昂してる最中に、

 

「本当は、いまどうしたい?」って聞かれたら、

 

「もう金輪際、一緒にいたくない。離婚したい」っていうような気持ちしか出てこないんだよね。

 

 

だけども、ケンカも収まり、気持ちが落ち着いてくると、

 

「いやいや、よく考えたら感謝することだらけだし、一緒にいたいし」

 

っていう気持ちになってくる。

 

 

いつもそう。

 

 

なんだかカラダ(呼吸)が詰まってくると、休日も一緒にいるのが苦痛になり、一人になりたくなる。

 

 

そんなときに「あなたの本音は?」なんて聞かれたら、「やっぱり独身のが気がラクでいいよ」って、言っちゃうかもしれない。

 

 

けど、カラダがクリアで呼吸がスムーズなときは、「やっぱり結婚してよかったなぁ」って思う。

 

 

そのどっちもを「本音」と言うこともできるかもしれない。

 

たしかに、「気持ち」はその時々におうじて変わるからね。

 

 

 

でも、ハラ生き道では、なるべくクリアな状態になってから「気持ち」を確認することを進めています。

 

 

つまり「ゆるんでから言え」ってこと。

 

 

そのほうが、後悔が少ないと思うんだよね。

 

激昂して、感情的に離婚しちゃって3日してから後悔するとかイヤだなーって、ぼくは思うわけ。

 

 

 

それで、おぜっきー的にゆるむためには、まず「都会から離れること」っていうのを大前提にしているよ。

 

 

都会には、表層的な欲望ばっかりが渦巻いている。

 

いわゆるエゴとエゴのシーソーゲームが日々、行われているわけです。

 

 

そのエゴとエゴが行き来しているなかで、「ハラの声」なんて聴こえないんだよね。

 

雑音が多すぎて。

 

 

静かな場所で、落ち着いて、生と死を見つめながら、ゆっくりと深いところにいる自分と、出会っていく。

 

 

すると、今まで欲しがっていたものが「他人の欲求に踊らされていただけ」だったことに気づく。

 

 

「深いところの自分」に出会うと、「ほんとうに必要なもの」は、驚くほど少ないのだと気づく。

 

 

 

そうやって、「自分の中心に近いところの欲求」が見えてくるには、身心の水面がおだやかである必要があるんだよね。

 

明鏡止水ってやつだね。

 

 

で、そのためには、「カラダの気持ちよさ」を思い出すことが大切なんだ。

 

つまり、「呼吸が気持ちいい」ってどんな感じかを思い出す。

 

 

「息をするだけで嬉しい」、赤ちゃんのココロを取り戻すってことなんだ。

 

 

そしたら「欲するー手に入れる」っていう喜びから、「今、ここにあるものに感謝する喜び」っていうステージに移行していくと思うよ。

 

 

それを極めていくのが、ハラ生き道なのであります(^^)/

 

 

 

center-muscle.hateblo.jp

 

 

center-muscle.hateblo.jp

 

 

center-muscle.hateblo.jp

 

「ハラ生き道」とは? ~はじめての方はこちらをご覧ください~

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ塾

seitai-in-ku.com

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

 


小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓