「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

不安な人は傲慢な人。

 

不安っていうのは、エゴに乗っ取られている状態だ。

 

エゴの別名は「小さな自分」、つまり自我。

 

 

たしかにこの世を生きるのに、エゴはスパイスとして必要なんだけど、こいつに乗っ取られちゃうと、かなりシンドイ。

 

 

とりわけ「恐怖」が拡張されやすい。

 

 

エゴは、「自分が正しい」といつも考えている傲慢な存在だ。

 

そして大して先読み能力もないくせに、自分の「未来の読み」は当たるとタカをくくっている。

 

 

「これから先は、こうなってこうなってこうなるんだ」

 

「あの人は、こう思っていて、次はあれをするだろう」

 

「きっと、将来こうなってああなって、そんなんなっちゃうんだ」

 

 

と、どんどん「先読み」していく。

 

 

けれども、エゴは「小さな自分」だけに、脳みそも小さい。

 

つまり、先読み能力なんて、持ち合わせてはいないのだ。

 

 

けれども、エゴは「いや、自分は間違っていない」と言い張る。

 

「俺の思ったとおりに、未来は進んでいくんだ」

 

と根拠のない自信を持っている。

 

 

 

そんな傲慢なエゴに支配された人はどうなるか。

 

 

もちろん、「傲慢な人」になってしまう。

 

 

つまり、「自分の予測した未来のとおりになるだろう」と考えるのだ。

 

 

すると、そこに不安が生まれる。

 

 

「2011年に東北で大地震があった。こないだは、九州で地震があった。次は名古屋だ。ヤバい!!」

 

「今月は売上50万。先月は60万。あと、半年で売り上げゼロになってしまう!ヤバい!」

 

「なんか最近、咳が止まらないな。これってもしかして肺がん?ヤバい!」

 

 

とあえて極端な例を出してみた。

 

こうやって冷静に眺めてみると、

 

「おいおい、それどんな根拠だよ!」

 

ってツッコミたくなるのだが、エゴに支配された傲慢な人の耳には届かない。

 

「いや、ゼッタイ次は名古屋に地震くるって!」

 

「マジで、このままでは倒産する。もうダメだ。死ぬしかないか…」

 

「ヤバいわ、肺がんだわ。遺書ってどうやって書くのかな…」

 

 

と、エゴ的発想の不安がどんどん膨らんでいく。

 

 

この不安のことを妄想と言います。

 

 

禅には「莫妄想(まくもうぞう)」といって、「妄想する莫(な)かれ」という教えがあります。

 

これは「不安などの妄想に捉われるな」という意味だと解釈しています。

 

 

で、この「妄想」が生まれてくる原因としては

 

「自分がなんとかしている」っていう勘違い

 

があるんですね。

 

アホなエゴが「俺がここまで頑張ってきた」って言い張ってる状態です。

 

 

まったくアホ野郎です。

 

じゃぁ、エゴに問います。

 

 

心臓止めてみろよ。

 

呼吸を1時間止めてみろよ。

 

インドに今から生まれ変わってみろよ。

 

食べ物の消化をストップしてみろよ。

 

筋肉を、思い通りに動かしてオリンピックで優勝してみろよ。

 

・・・

 

できないやろ?

 

 

 

そう、エゴちゃんにはさ、「できないこと」ばっかりなんだよ。

 

とくに「生きる」ということの根幹にかかわる部分に関しては、まったくタッチできないことのほうが多いんだよね。

 

 

そこ忘れんなよな、エゴちゃんよ?

 

 

「そこ」を忘れることを傲慢と言います。

 

 

逆に、「そこ」を思い出すことを「謙虚」と言います。

 

 

ぼくらは「謙虚」になると、自然と感謝の気持ちが生まれてきます。

 

 

だって、「できないこと」だらけなんだからね。

 

なのに、「ちゃんと生きてる」んだからね。

 

 

不安になるのもいいけどさ、まずは「そこ」思い出してみようよ。

 

 

いや、分かるよ?

 

この先、何が起こるか分からないから怖いでしょう?

 

 

それは分かるんだけど、あまりにもお前の存在は「小さい」のよ。

 

 

だからもう、あきらめてちょうだいよ。

 

未来のこと、分かったフリするのはやめなよ。

 

 

ってか、「分からないから面白い」んじゃん?

 

だからさ、「この先、何が起こるか」じゃなくて、「いま、何が起きてるか」に目を向けてみない?

 

 

 

そしたら、そこにはタッチもコントロールもできない、素晴らしきオートマチックな世界が広がってるんだよね。

 

 

 

その「大いなる流れ」への畏敬とか畏怖だよね。

 

「まじスゲーな」って感じ。

 

その感情こそが、感謝になると思うんだ。

 

 

そこにフォーカスしてたら、エゴちゃんの声に耳を貸すのがアホらしくなっちゃうんだよね。

 

 

つーことは、

 

「(いま自分と認識している)自分」はアホだ

 

ってことに気づくことが、大いなる叡智に気づくコツでもあるんだよね。

 

 

自分がバカだと気づくと、本質的に賢くなっちゃうっていうパラドクス。

 

 

でも「自分が正しい」ってのを握りしめてるあいだは、なかなか、そこんとこ手放せないんだなぁ。

 

 

手放せないのは、アタマもカラダも固いからなんだね。

 

身体が緊張してる。

 

リアルに握りしめてる。

 

 

だから、そういう思い込みとか「ただしさ」とかをカラダから解除していこうぜっていうことなんだよね。

 

ハラ生き道というのは、そういう方法論です。

 

 

 セミナー情報?

center-muscle.hateblo.jp

center-muscle.hateblo.jp

 

 

center-muscle.hateblo.jp

 

 

center-muscle.hateblo.jp

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓