「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

仲良し夫婦ナメんなよ。~ぶつかりを恐れず向き合うということ~

ウチの夫婦は、だいたいいつも一緒にいて、仲が良いのである。

 

f:id:ku-ozekey:20160914152211j:image

 

「ラブラブだね」とうらやましがられることも多い。

 

結婚6年目で、デート中は手をつないでいることが多い。

 

 

けれどもいつも言っているとおり、ラブラブ度が濃いということはケンカも多く、激しいということなのである。

 

はっきり言って、尋常ではない。

 

 

この凄絶さを乗り越えているからこそ、「ラブラブ夫婦」なのだ。

 

 

こないだも、激しいケンカをした。

 

 

もう内容は忘れてしまったが、いつものごとく妻が家を飛び出ていこうとする。

 

 

ぼくは、得意な「ことば」の土俵で勝負をしたいので、なんとか舌戦に持ち込もうとする。

 

 

けれども妻は口では勝てないと知っているので、あえて非論理的なことを言い、「感情」のステージに持ち込もうとする。

 

それが「家を飛び出ようとする」という作戦なのだ。

 

 

とはいえ、それはいつものことなので、ぼくも作戦を変え、今回は「俺が出ていく!」とやってみた。

 

 

すると意外なことに、妻は家の前のくさむらに突っ込んでいこうとする。

 

これは新しめの作戦だ!

 

 

仕方ないので、おしりを一発蹴ってから、Tシャツの首ねっこをつかんで、強制的に庭へ戻す。

 

 

そこから、腰投げからの抑え込みで、とりあえず妻を止める。

 

 

というわけで、「俺が出ていく」作戦は失敗に終わり、けっきょく戦いの場を玄関ポーチに移した。

 

 

けっきょく「出ていく妻」「止める僕」という、いつもの構図になってしまった。

 

 

 

ぼくは、タックルするように体勢を低くして妻のカラダを壁際に抑え込む。

 

 

妻は僕を押し返し、逃げようとする。

 

 

いちおうぼくも合気道家のはしくれなのだが、敵もさるもの、ぼくのボディワークを学んでいるので、身体の使い方が上手なんですね。

 

 

それで、何度かヘッドロックされてしまった。

 

 

ぼくはそのヘッドロックをかいくぐり、重心を低くして抑え込む。

 

 

けれども、重心を落としすぎると妻は、ぼくを押さえつけて上を乗り越ていこうとするのだ。

 

 

 

 

その後、なんとかドアを開けて玄関のなかで、争いが続くことになった。

 

 

その間、ぼくはあらん限りの声で妻を脅してみたり、妻は他の扉から逃げようとしたり、熾烈な争いが繰り広げられた。 

 

(そろそろ通報されないか心配である)

 

 

それから、また場所を写し、今度はソファーの上でのバトルになった。

 

 

抑え込みあいから、腕ひしぎ逆十字を極められそうな瞬間もあったが、ギリギリで逃げられてしまった。

 

 

そうこうするうちに、ふとした油断からマウントポジションをとられてしまった。 

 

(これがホントのマウンティング。なんて言ってる場合か)

 

 

そこから三角締めに持っていこうとするも阻止され、肋骨を平手でバンバン叩かれる。

 

 

で、これも面白いもので、抵抗すると痛いんだけど、リラックスしてるとあんまり痛くないんだね。

 

 

なので、深呼吸してプロレスラーのごとく妻の攻撃を受けきる。

 

それが男の器なのだ!(本当か?) 

 

 

すると、今度は鼻をグイとつかまれ、ぶんぶんと左右に揺さぶられた。

 

 

おかげで鼻が1cmほど高くなってしまったのだが、こういうファンシーな攻撃というのは、だいたい仲直りの合図なのだ。

 

 

しかし、ここで油断してはいけない。

 

 

せっかく、ここまで来ても、すこしでも「反撃」の様子を見せれば、また火に油を注いでしまう。

 

 

ここまで来れば、あとは「完全服従」のポーズを取り続けることなのだ。

 

 

それでぼくが抵抗しないことが分かれば、妻の攻撃は終わる。

 

 

そうして、お互いがエネルギーを出し切るとケンカは収束するのである。

 

 

あまりオススメはできないが、おぜっきー家の場合は、こういう発散形態になっている。

 

 

いずれにせよ、お互いが本気で向き合わないと無理だ。

 

それに攻撃も、ちゃんと怪我しない部分を見極めている。

 

 

お互い急所は外すように攻撃している。

 

 

とはいえ、「損害」が出ることもある。

 

 

ぼくは以前にトイレの壁をブチ破ったり、扇風機をオシャカにしたことがあるけれども、今回の被害者は、コチラ。

 

 

 

f:id:ku-ozekey:20160914153014j:image

 

ちなみに妻は、

 

「この状態を写真に残しておこう」

 

と言ってスクショして、

 

「おかしいなあ、割れた写真にならない」

 

と言ってましたwwww 

 

 

 

 

 

というわけで何が言いたいって、 

 

「他人を見て、うらやましい状況に見えてもかならず裏があるよ」

 

ってこと。

 

 

他人の「良い側面」ばかり見てると、カンタンなことを見落としちゃうんだよね? 

 

 

LINE@では、こんな感じにライトなことも書いてるんで、良かったら登録してねん( ´ ▽ ` )ノ

 友だち追加

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓