読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

エネルギーや波動を高めるってのは「好かれる」ってことなんだよ。

ぼくはさ、「波動を高める」っていう言い方は好きじゃないんだよ。

 

そのフレーズは「変える」っていう波動を含んでいるから。

 

 

そして「変える」ってのは、たぶんに「否定」の要素をもっている。

 

 

それに加えて「高める」っていうのは「今は低い」という潜在的な刷り込みになり、なおかつ、「高い/低い」の二元論に陥りやすい。

 

 

すると、「私は高い」だの「憧れのあの人は、波動が高い」だの、「〇〇さんや、あの派閥は波動が低い」だの、という話になってくる。

 

 

で、なんでそんなややこしい話になってしまうかというと、それは

 

「客観的なモノサシがある」という誤解

 

が前提になっているからなんだね。

 

 

 

「客観的な、絶対的な、あるいは普遍的なものがある」という前提というのは、争いを生みやすいのです。

 

 

 

でもね、そんな「みんなを共通にはかれるモノサシ」なんてないのです。

 

 

たしかに「多くの人が使っているモノサシ」はありますよ。

 

 

稼いでいるお金の量とか、もっている資産の量とか、アクセス、「いいね!」の数とかね。

 

 

でもそれは、「客観的で絶対的で普遍的なモノサシ」ではないのです。

 

 

あくまで「これを基準に考えると、便利じゃない?」程度に決められた「適当なモノサシ」なのです。

 

 

けれども実際には「人間を全体的に、ホリスティックにはかるモノサシ」なんてのはない。

 

 

ドラゴンボールの「スカウター」があればいいですけどね、あれでも測れるのは「戦闘力」だけで、人間力とか優しさは測れないのです。

 

 

なぜかというと、それは「相手によって変わる」からです。

 

それを「相対的である」と言います。

 

 

そう、エネルギーや波動というのは、あくまで「相対的な見方」「二次元的な見方」でしかないのです。

 

(一元で見たら、すべて同一エネルギーだしね)

 

 

じゃー、人間の「評価」というのは、どうやって決まってくるかというと、それは

 

「好かれているかどうか」

 

です。

 

 

たとえばAさんがBさんを好きだとします。

 

すると、AさんにとってBさんは「波動の高い人」「エネルギーのある人」になります。

 

 

けれどもCさんはBさんを嫌いだという場合、CさんにとってBさんは「悪い波動の人」ということになります。

 

 

そしてBさんじたいは、実際には「波動の高い人」でも「波動の低い人」でもないということです。

 

その評価は、あくまで「相対する人」によって決まってくるのです。

 

 

だから、もし「波動を高めたい」とかなんとか思っているのなら、修行をすることよりも「好かれる」ということを念頭に置いたほうが近道です。

 

 

こんなことを書いている僕ですが、↓ 

やっぱり愉しく生きていくには「好かれる」ということが大事なのです。

 

 

ふつうに考えて、みんなに嫌われて生きていくなんてイヤじゃん?www

 

 

だから「好かれる」ということが大事になってくるのですが、そのコツというのは「受け入れる」ということなんですね。

 

 

だいたいね「好かれよう」と思っている人は嫌われてますwww

 

 

けれども「受け入れよう」と思っている人は好かれています。

 

 

ぼくも、ぼくを受け入れてくれる人が好きです(笑)

 

 

 

で、受け入れるとは具体的にはどういうことなのかというと、

 

「その人にあってもカラダが緊張しない」

 

ということなのです。

 

 

多くのスピ・精神系は、この具体的事象が見えてないからフワフワしちゃうんだよね。

カンタンなことが見えてない。

 

 

ぼくらはキライな人に会うと、カラダが固まり息が浅くなる。

 

そして、その微妙な緊張は相手にも伝わる。

 

それが「生理的にイヤ」ということの正体なのです。

 

 

けれどもそれは先天的なものではないので、ちょっとした呼吸法なんかで、割とカンタンに改善できたりする。

 

 

すると、その人の「幅」が広がり「器」が大きくなるのです。

 

 

つまり結論としては超シンプルかつカンタンで、

 

「いろんな人にあっても身体が固まらない自分を育てればいい」

 

ということです。

 

 

なるべくリラックス状態を保ち、深い呼吸の状態で相手に会えば、相手は

 

「受け入れてもらえた」

 

と感じます。

 

 

すると、あなたは好かれることになり、結果的に相手からは「波動が高い」と思われるようになります。

 

 

そして、どうしたら「リラックス状態や深い呼吸の状態を保てるか」と言えば、日常の中で、「どれだけ自分のカラダに気づけるか」ということなのです。

 

そして「気づき続けている」というのがハラ生きの根本になります。

 

そのあたりの方法と理論についてはここに書いてみたので、興味ある人はよかったら読んでみてくださいね♪

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓