「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「覚醒」したつもりが「酔っ払い」から「別の酔っ払い」にシフトする人々

「熱さ」というのは非常に面白いもので、人から人へと伝染する。

 

一人の「熱いオトコ」がいると、そこから熱量が感染していくのだ。

 

そして、その情熱が、誰かの人生を変えたかのように見えることがある。

 

そして、その情熱が、理由はないけど素晴らしいものだと感じることがある。

 

 

 

けれども、ある箇所で熱量が増えれば、その分がどこかで冷めているのだ。

 

誰かが熱くなればなるほど、どこかで冷たくなっている人がいる。

 

これが、2極ある3次元世界の摂理なのです。

 

 

 

ぼくは、「覚醒していく」というのは「自分に出会っていくこと」だと定義している。

 

 

それはたとえば「私なんて死んだほうがいい」とネガティブになっている人が、「私は素晴らしい!」とポジティブになることではない。

 

 

もともとネガティブな人が、熱量にほだされてポジティブになるのは、「覚醒」とは言わない。

 

 

それは「再び洗脳された」というのです。

 

 

つまり、ビールを飲んで酔っ払っていた人が、今度は焼酎で酔っぱらうようなものです。

 

 

で、当然のことながら「酔っ払い」というのは、異常な状態なので、ほおっておけば覚めるわけです。

 

 

けれども、「異常な状態」が「当たり前」になってる人たちは、そのときにとても不安になる。

 

 

「情熱がない」

 

「モチベーションがない」

 

「やる気が出ない」

 

と心配になる。

 

 

それでまた「注射」しにいく。

 

 

つまりセミナーや講演会で「情熱」に感染させてもらったり、誰かに心酔し、崇拝し、そこに居場所があったと、エゴを安心させる。

 

しかしもちろん、その「熱」もすぐに覚めてくる。

 

そしてまた、洗脳されにいく。

 

 

その無限ループは、けっきょくのところ「ほんとうの自分を見つめたくない」という欲求から来ているのです。

 

 

クソな自分を観たくない。

 

ネガティブな自分を認めたくない。

 

弱い自分を受け入れられない。

 

 

そういった「逃げ」の気持ちがあるから、「すごい人」に酔っていたい。

 

 

けれども、「すごい人」に酔っているうちは、「ほんとうの自分」なんて見つかりっこない。

 

 

だから、ここでハッキリ言っておこう。

 

 

「スゴイ人」などどこにもいないと。

 

 

あなたが憧れる「スゴイ人」も、ふつうに悩んでます。

 

あなたが崇拝する「スゴイ人」も、ふつうにミスってます。

 

あなたが尊崇する「スゴイ人」もエロくて不倫してます。

 

あなたが心酔する「スゴイ人」も、ズルいことばっか考えてます。

 

あなたが礼賛する「スゴイ人」も、健康問題かかえてます。

 

あなたが傾倒する「スゴイ人」も、人間関係トラブってます。

 

 

 

それでも、まだ「スゴイ人」に酔っぱらう?

 

 

だからさ、「熱量」には注意が必要なんだ。

 

「熱量」があっても、言ってることが矛盾してる、具体的な策がない、って場合は、だいたいその人が自分に酔っているだけなんだよね。

 

 

そのあたりを見極めつつ、「熱量」に洗脳されるだけじゃなく、自分を見つめていくといいと思うな。

 

 

ちなみに、ハラ生きセミナーは、笑いはあるけど、そんなに「熱量」はないんで、安心してくださいwww

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓ 

 

center-muscle.hateblo.jp