読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

いつまで「養殖された人間」を続けますか? ~生け簀で飼われる人々~

これからは、「天然の人間」に戻っていく時代なのである。

 

キレイに養殖されたことに価値を置く時代は、終焉を迎えようとしている。

 

 

 

養殖されたものというのは、とかく「キレイ」だ。

 

きちっとしている。

 

均等である。

 

品質に差がない。

 

 

魚にしても果物にしても、「ある一定の基準」から外れないものが、素晴らしいもの、高級なものというふうに認識されている。

 

 

そしてぼくらも、長いこと文化や教育という名のもとで、「養殖」されてきた。

 

きちんとしているのがいいこと。

 

きちんとお勉強できるのがいいこと。

 

きちんと会社に入るのがいいこと。

 

きちんと結婚してきちんと子供をつくるのがいいこと。

 

 

そういう価値観によって、ぼくらは「便利な人間」へと仕立て上げられてきた。

 

 

 

けれども、もうその洗脳に気づいてもいい時期だ。

 

 

ぼくらは、何を学ばずとも、もともと内側に「すごいもの」を持っているのだと。

 

 

人生に決められたレールを引かれなくとも、堂々と歩いていけるのだと。

 

 

 

これまでに「養殖の生け簀」からハミ出た人間は「劣等生」とか「ダメ人間」と呼ばれてきた。

 

 

養殖の「枠」にハマれない。

 

養殖されたものの、「きれいなカタチ」に育たなかった。

 

養殖によって枯れてしまった。病気になってしまった。

 

 

そんななかで「きちんと均等なサイズになって出荷されないのならば、価値はない」とレッテルを貼られてしまった。

 

 

 

けれども、本来は養殖されるほうが異常なのだ。

 

本来の天然のエネルギーがあれば、養殖の生け簀など、苦しくて仕方がないはずなのだ。

 

 

ぼくらは今、意図的にエネルギーを抜かれ、養殖され、飼いならされ、「ほんとうの世界」を見られぬようになっている。

 

 

「競争」によって、力が削がれるようになっている。

 

大地や宇宙との「つながり」を分断され、エネルギーが供給されないようになっている。

 

「ストレス発散」の文化によって、エネルギーを浪費するように仕向けられている。

 

 

そうやって「天然のパワー」に気づかないようにされている。

 

 

だからこそ、きれいな枠や型にハメられ、「それなり」に整えられ、「常識」を教育される。

 

 

そして「天然のパワー」を発揮しようとすると、ディズニーの「リトルマーメイド」のセバスチャンが人魚姫アリエルに、

 

「海の底が幸せだよ。陸に行こうなんて考えるな」

 

と諭したように、自分の枠に閉じ込めようとしてくる人が出てくる。

 

 

しかし!

 

 

もう、「ほんらいのあなた」は限界のはずだ。

 

 

この「閉じられた世界」から飛び出したくて仕方がないはずだ。

 

アタマで生きていても、「どこか違う」って違和感を感じているでしょう?

 

「このままでいいのか」って、心のどこかで思っているでしょう?

 

 

それは「このままでいいわけない」とハラが気づいているからなんだ。

 

 

いま、「閉じ込められた」状態から、飛び出そうとする人が増えている。

 

今までに言われていた「幸せ」とぜんぜん違う幸せがあるんじゃないかと気づきはじめる人が、急速に増えている。

 

 

つまり「アタマ的な」「物質的な」「相対的な」豊かさや幸せから、「ハラ的な」「精神的な」「絶対的な」豊かさや幸せにシフトしてきているのだ。

 

 

 

いま、あなたのアタマがどう考えているとしても、ここまでこの記事を読んでしまったということは、あなたのハラが

 

「もう常識の世界から飛び出たいよ!」

 

と叫んでいるということだ。

 

 

ぼくは断言する。

 

あなたのハラは「天然の世界の喜び」を観たくて仕方がないんだと。

 

 

すべての個性がのびのびと咲き誇り、自然と人がまじりあい、人と人が愛し合う、そんな世界を観たいんだと。

 

 

 

さぁ、そんな世界から、今の自分、今の生活を見直してみてほしい。

 

「常識的」と呼ばれる世界は、あまりにも不自然ではないだろうか?

 

 

人と人がいがみ合い、競い合い、勝ちを求め、自分の「得」のために動く。

 

時間に縛られ、お給料に縛られ、人間関係に縛られる。

 

 

そんな「常識的」な生活のなかで、いまわの際に「生ききった」と言えるだろうか?

 

 

さぁ、いまこそ安全な生け簀を捨てて、大海へと戻るのだ!

 

否、生け簀はけして”安全”などではない。

 

 

「安心・安全な生け簀のなか」と思ったら、ある日、とつぜん食われる運命なのだ。

 

 

それならば、命を賭して大海へと飛び出るんだ。

 

 

飼いならされ、いいように食われるならば、自ら危険へと身をさらせ!

 

 

ぼくらはもう新しいことを知ったり、学んだりする必要はない。

 

すべては「自分」の内側にある。

 

大切なのは、その「自分の内側」を動かし、「自分の内側」と対話し、「自分のエネルギー」を引き出し、「自分の内側」と同化する方法を実践することだ。

 

 

「自分と出会うやり方」は自分に聞けばいいけれども、「どうしてもそれができない」など困っている人は、一度おぜっきーに会いにきてほしい。

 

なにかしらのヒントはお渡しできると思う。

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓