読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

それは単なる「ストレス解消」で「やりたいこと」じゃないと思うよ?

「やりたいこと」 

 
とにかく、この6文字は深い。 
 
 
だから、すぐに理解できなくていいし、理解したと思っても、気づけば気づくほど深みのあるテーマなのだ。
 
 
 
「やりたいこと」のなかで、わりと勘違いされやすいのは、
 
 
「ストレス解消」
 
なんだよね。
 
 
これはさ、「やりたいこと」とは全然ちがうわけ。 
 
 
そもそも「ストレス」という概念じたいが、アタマの世界のお話なんだよね。
 
 
 
「ストレス」というのは、ある対象を否定するときに生まれる。 
 
 
たとえば「バカ」と言われるということ。
 
その出来事を否定さえしなければ、そこにストレスはない。
 
「ああ、そう思ったんだね」
 
で終わり。
 
 
けれども、
 
「なんだと、失礼な!」とか
 
「俺はバカじゃない」とか
 
「お前こそバカだ」
 
とかなんとか言って、否定することで、その出来事が「ストレス」となる。
 
 
そこには、
 
「バカはダメなこと」 とか
 
「自分はバカであってはいけない」とか
 
「バカと思われたくない」とか
 
余計な価値観が、かならず挟まれている。
 
 
そして、その余計な価値観が、「ストレス」を生み出しているんだね。 
 
 
 
けれど逆に言えば、「ストレス」というのは、自分の中の、「不要になった価値観」を洗い出してくれる貴重なチャンスなのだ。
 
 
 
だから、「ストレス解消」なんかしてちゃ、もったいないんだよね。
 
 
ストレスフルなときほど、自分を振り返り、見直すチャンスなんだ。
 
 
けれども、アタマの人で自分の都合よく解釈したい人は、「ストレス」を生み出した自分の価値観に目を向けずに、「他人」や「環境」に不満をぶつけるだけなんだよね。
 
 
それで「ストレス解消」と「ストレス貯蓄」を、ずっと繰り返して死んでいく。
 
 
 
 
もちろん、人間だから不満を感じることはありますよ。
 
八つ当たりしちゃうことも、ありますよ。
 
不機嫌になって、拗ねちゃうことも、ありますよ。
 
 
 
けどね、そういうことしながらも、
 
「やっぱり、おれも反省する部分があるかも?」
 
ってちょっとずつでも自分を省みることをしていくと、徐々に自分というものが見えてくるのです。
 
 
そして「要らない価値観」つまり「思い込み」を、薄皮をはぐように、手放していく。
 
 
そうやってはじめて、だんだんと自分の中心に出会えるようになっていく。
 
 
 
 
で、「やりたいこと」ってのは、自分の中心にしかないんだよね。
 
 
というか、自分の真ん中にある欲求をかなえないと、深く満足できないんだよ。
 
 
その「自分の真ん中」っていうのが、ハラなんだよ。
 
 
 
欲求のいちばん表面にあるのが、「ストレス解消」ってことね。
 
これはアタマの欲求。
 
 
で、ストレスを解消してスッキリしたあとに、また同じ価値観を握りしめていれば、同じストレスを感じる。
 
 
だから、スッキリしたあとが大事で、
 
「なぜ、自分はあの出来事に怒ったのだろう」
 
「どうして、あれを不安に感じたんだろう」
 
「なんで、あいつが嫌いなんだろう」
 
というふうに自分を見つめていくことで、さらに自分の奥深くに入ることができる
 
 
すると、もうひとつ深い「やりたいこと」に出会う。
 
 
で、それをやろうとすると、そこに「ストレス」がある。
 
それを見つめながら、自分の「要らない思い込み」を見つけて手放す。
 
 
すると、また一段階、自分の奥に到達することができる。
 
 
そうやって、どこまでもどこまでも自分に出会っていく旅路。
 
それが「生きる」ということなんじゃないかと、おぜっきーは考えている。
 
 
 
「やりたいこと」は、深く入れば入るほど、静けさに満ちている。
 
ただ、そこに息を吸うように自然にたたずんでいる欲求。
 
 
「渇望」のような粗さは微塵もない。
 
 
それはまるで、海の表面が荒れ狂っていても、海の底はいつでも静かであることに似ている。
 
 
 
だから「やりたいことをやろう」という同じフレーズも、誰が言うかによって、その深さがまったく違ってしまう。
 
 
 
あなたは、今回の人生で、どこまで自分と出会っただろうか。
 
 
ぼくはまだ、自分を1%も知らないと感じる。
 
 
この果てなき「ハラ」の探求。
 
これほど面白いことはない。
 
 
 
「やりたいことが分からない」というあなた。
 
それは、「やりたいこと」をアタマで捉えているからなんだ。
 
つまり、どこかに「損得」の価値観が入っている。
 
 
それを捨ててカラダで感じることを大切にし、ハラの価値観にシフトしてきたとき、ゆっくりとゆっくりと「奥の自分」「底の自分」と出会う。
 
 
そして、化石を掘るように丁寧に、「余計な思い込み」を排除していくと、そこに「やりたいこと」が浮かびあがってくるだろう。
 
 
もし、そんなことに興味があるのなら、ぜひこれを読んでみてほしい↓

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓