「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

どんなにショボいあなたでも、偉そうに発言する権利がある。

「私なんかが、そんな書くことないよ…」

 

情報発信していくときに、そんな自己卑下で書けなくなってしまう人がいる。

 

 

いや情報発信だけでない。

 

セミナーなど誰でもできるのに、

 

「私なんかに、教えられることないよ」

 

「こんな情報、誰でも知ってるよ」

 

「こんなことに価値ないって」

 

と自分を低く見積もってしまい、活動できない人がいる。

 

 

けれども、それは実にもったいないことなのだ。

 

 

古い社会では、「ヒエラルキー」が大事にされていた。

 

教祖さまが一人いて、そこから「偉い人」がいて、平民がいて、下僕がいる。

 

みたいなピラミッド構造が、「ふつう」であり常識だった。

 

 

けれども今やそのヒエラルキーは崩壊し、世界はフラットになってきている。

 

 

しかし、人々の心にはまだまだヒエラルキーの「意識」が深く根付いているようだ。

 

 

「私なんかが…」と自分を傷つける人は、ほぼ例外なく、この「ヒエラルキー意識」を手放せないでいる。

 

 

たとえばそこにはアタマ的な「数の論理」が働いている。

 

あの人は、SNSで「いいね!」の数が多いから。

 

あの人は、たくさんのクライアントを抱えているから。

 

あの人は、実績も経験も収入もスゴイから。

 

 

だから一体なんなんだ。

 

「あの人」の”数”がどれだけスゴイからといって、あなたの価値に何か関係があるとでもいうのだろうか。

 

否!

 

何も関係がない。

 

「あの人」がどれだけ多くの”数”を稼ごうとも、あなたの「価値」とは何もリンクしていないのだ。

 

 

たしかに、「あのスゴイ人」の話が響く人もいるだろう。

 

けれども、「あのスゴイ人」の話は響かなくて、あなたの話が響く人というのは必ずいるのだ。

 

 

とはいえ、ヒエラルキー意識にとらわれているあなたは言うだろう。

 

「私の話なんて、聞きたい人いないって」と。

 

 

そう思いたいなら思えばいい。

 

そうやって、自分を殺したいなら殺せばいい。

 

 

けれども、あなたの発信に救われ、心温まり、助けられる人は絶対にいる。

 

 

ただしそれには、たった一つだけ条件がある。

 

 

それは

 

「体験したことのみを語る」

 

ということだ。

 

 

「体験していないこと」や「体感していないこと」ほど、空虚なことばを紡ぐものはない。

 

上っ面な上滑りのことばを見ると、ぼくは吐き気がする。

 

 

逆に、どんなことであっても「体験」からつむがれる言葉は、人の心を打つ。

 

それは、どんな体験だろうが全く関係がない。

 

 

すべての「体験」が、すべて等価値なのだ。

 

 

つまり大社長の話には、それなりの価値があるけれども、ニートの話にもそれとまったく同じ価値があるということ。

 

 

成功談が参考になることもあれば、失敗談が参考になることもある。

 

 

 

あなたは、自分のことを「ショボい」と勘違いしているかもしれない。

 

「客観的に考えて」

 

「数字で考えて」

 

「実績で考えて」

 

自分のことを「大したことないやつ」ととらえているかもしれない。

 

 

 

しかし、それは大きな勘違いなのだ。

 

 

すごい人も、すごくない人も、まった同じ価値があり、素晴らしいのだ。

 

 

もし違いがあるとすれば「体験」をどこまで味わうことができたか。

 

そして、どこまで自分を見つめることができたか、ということだけが発信の「質」の違いになってくる。

 

 

たとえば、ただ水を飲むということも、丁寧に、一瞬一瞬を感じながら飲めば、何かひとつは発信することができるだろう。

 

 

たとえば、ただ呼吸することも、丁寧に見つめてみれば、それだけで本が書けるだろう。

 

 

そう、これまでの実績など、人間の価値に何も関係がないのだ。

 

 

「人の面白み」というのは、「どれだけ内側から観察できたか」によって決まると、ぼくは思う。

 

 

その意味で、数字的に大したことがないあなたにも、めっちゃ偉そうに発言する権利があるのだ。

 

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓