「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「負ける」ことを受け入れると、カラダが満たされる。

もしかすると、あなたの悩みは

 

「負ける」

 

ことで解決するかもしれない。

 f:id:ku-ozekey:20160727153858j:image

 

「負けたくない」という執着は、ぼくらの中でも割と大きいものだ。

 

 

もちろん、この「負けたくない」によって努力し一定の成果を得ることはあると思う。

 

 

けれども、どちらかと言うと「負けたくない」っていう執着によって、「要らないもの」まで掴まされてる可能性もある。

 

 

 

アタマに身体を乗っ取られると「勝つ」ということだけに価値があると感じる。

 

 

「勝つ」ことは素晴らしく、気持ちよく、美しいことなのだと。

 

そして「負ける」ことは醜く、不快で、ぶざまなものだと。

 

 

それがジャッジするアタマの価値観なのである。

 

 

すると、ぼくがハラの世界で求めている「なくならない幸せ」からは遠ざかってしまう。

 

 

なぜなら、勝てば勝つほど、負ける不安が大きくなるから。

 

そして勝つことにより敗者を見下す。

 

そして、勝っても勝っても、いつかは負けてしまう。

 

 

そう、「勝ち」を求めるゲームは、永久に不安で不満を抱くことになるのだ。

 

 

もちろん、それが好きならやればいい。

 

勝負ゲーム、勝敗ゲーム。成功/失敗ゲーム。比較ゲーム。

 

やりたいなら、やりたいだけやればいい。

 

 

 

けれども、そのゲームから下りてしまうことも選択のひとつなのだ。

 

勝負ゲームから下りるゲームもまた、一興なのである。

 

 

なぜならアタマは、勝負ゲームから下りたつもりなのに、

 

「はい、私のほうが勝負ゲームから早く降りましたー!」

 

「いや、おれのほうが勝負ゲームから遠ざかってますー!」

 

「え?わたしはそんなゲームとっくに卒業しましたけど?」

 

と新しい勝負ゲームの土俵を創り出すことがあるからだ。

 

 

よほど自分のマインドを注意深く観ていないと、「比較」の世界からは、そうそう抜け出せない。

 

 

むしろ「抜け出した」と思っている人のほうが、落とし穴に入っていることのほうが多いくらいだ。

 

 

それだったら、勝負・比較ゲームにどっぷり浸かっているほうが、まだマシなのである。

 

 

 

「負ける」世界は、思った以上に奥が深い。

 

 

「負ける」とは「まかせる」ことだ。

 

力を抜き、受け入れ、ゆるむことだ。

 

 

それは他人からの暴言も誹謗中傷も、すべて「ゆるす」いうこと。

 

 

「あいつが何と言おうと気にしない」とか

 

「批判するってことは大好きなんですね」とか

 

「好きに言わせておけばいい」とかを

 

口でいうレベルではなく、

 

 

「気にならない」という段階に引き上げることだ

 

 

 

 

あなたは今「負けたくない」という執着によって、自らの「遊びごころ」を殺してしまっているかもしれない。

 

 

「負けたくない」という思いによって、「愉しさ」を失っているかもしれない。

 

 

 

けれどもここで思い出してほしい。

 

 

「ほんとうは何がほしいのか」を。

 

 

あなたは本当に、「勝ちたい」のだろうか。

 

あなたは相手を「打ち負かしたい」のだろうか。

 

相手を「ぶっつぶしたい」のだろうか。

 

 

 

おそらくハラに訊けば、そんな答えは返ってこないはずだ。

 

 

ハラはきっとこう言うだろう。

 

「そんなんどうでもいいやんけ」

 

「ほっとけよ」

 

「負けても損しないし、損してもいいよ」

 

と。

 

 

もし「負けたくない」に固執して、いちおう「勝利」をもぎとったとしよう。

 

 

しかし、そのとき満足するのはアタマだけなのである。

 

 

そう、勝つことでエゴは納得するが、けっきょくハラの幸せは分からずじまいで、さらなる不安を抱えることになるのである。

 

 

 

ぼくらが「なくならない幸せ」や「大安心」を得るには、ハラで行動し、ハラでつながるしかない。

 

 

ぼくらは「勝つ」ことでは、「ほんとうの安心」にたどりつかない。

 

 

「勝ってる」という人の顔を見てみればいい。

 

人生の勝者、成功者という人を観察してみればいい。

 

 

その笑顔の奥に、不安が宿っているのを見るでしょう。

 

「次も負けないように」とがんばっているでしょう。

 

「この勝ちを褒めたたえてくれ」と評価を欲しがっているでしょう。

 

誇らしげな胸板を、むなしく見せびらかしているでしょう。

 

 

 

それは、身体が満足していないからだ

 

カラダが満たされていないから、不安を抱えているし、その反動で威張ってしまう。

 

 

人は勝って、大きくなって、増えても満たされない。

 

なぜなら「比較」の世界は、分離・分裂・分析の世界だからだ。

 

 

 

人が満たされるのは、誰かと「つながった」ときだけなのだ。

 

 

それはつまり比較・勝負の世界から下りるということ。

 

「負け」を認めるということ。

 

 

その世界に入って、「つながり」を充分に味わったとき、ぼくらははじめて「満たされる」のだ。

 

 

 

さぁ、あなたはどちらの世界を愉しむ?

 

勝負・勝敗・比較の世界?

 

 

それとも、

 

遊び、つながり、愉しさの世界?

 

 

 

それはあなたが自由に選んでいい。

 

ハラの世界に来たい人は、↓を読んでみるといいかもしれない。

 

center-muscle.hateblo.jp

 

「ハラ生き道」とは? ~はじめての方はこちらをご覧ください~

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ塾

seitai-in-ku.com

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

今なら<ゆるゆるになれるスペシャル動画>プレゼント!!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

 


小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓