読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

体感できる肩こりよりも、実感のない「胸コリ」のほうが危険なんです。

なんでもそうだけど、「気づかない」というのは怖い。

 

潜在的なやつ。

 

 

目に見える、体感できるのは、目立つけど、あまり怖くなかったりする。

 

 

嫉妬とか、願望とかも、「自分で感じてる」やつは、だいたい大したことがない。

 

けれども「感じることすら苦痛で、奥にしまいこんであるやつ」が、エグイ悪さをすることがある。

 

 

それで、今日は「カラダの凝り」の話をしようと思う。

 

 

それが、肩こりよりも危険な「胸コリ」だ。

 

 

胸も凝るって、知ってた?

 

 

いわゆる、「おっぱい」じゃないよ。

 

 

イメージとしては、「肋骨のすき間」かな。

 

リブロースだよね。

 

 

それが硬くなるわけ。

 

 

そうすると、肋骨の動きが悪くなるから、呼吸が全然できなくなるわけよ。

 

 

するとどうなるかって、すげー不安になるんだよね。

 

 

で、そういうときって、「考え方」がどうとか、「捉え方」がどう、っていう話じゃなかったりするのよ。

 

 

だって、カラダが侵されてるんだからね。

 

 

どんな高尚な理論も、ぜんぜんハラに落ちてこない。

 

「はぁ、アタマでは分かるんですが・・・」

 

っていう状態になっちゃう。

 

 

どう?

 

 

あなたも「胸コリ」になってないかな?

 

 

 

ってわけで、簡単なチェック法をお伝えするね。

 

 

それは、肋骨の上部を、手のひらでバンバンって叩いてみるの

 

 

鎖骨の下とかね、肩甲骨のワキとかね、乳首乳首のあいだの骨(胸骨)とかね。

 

 

ちょっと強めに叩いてみて。

 

 

それで、ゲフゲフって咳がでるときは、詰まってることが多いよ。

 

ちなみに、その咳が出れば、けっこう浄化されてくるよ。

 

 

あとは、鎖骨の下の骨を、指でグリグリやってみて。

 

痛い人は激痛かも。

 

心がゆるいときは、押しても痛くないよ。

 

 

それで、凝りがあるときは、

 

 

↑こんなんやって、カラダを内側から動かしていると、いつの間にか凝りも取れちゃうよ♪

 

 

セミナー終わったあとに、なんか知らんけど、心持ちが変わっちゃうのは、そういうことなんだ。

 

 

だから、難しく考えるのが苦手な人は、ただカラダを内側から動かしてればいいんだよね。

 

 

カラダを内側から動かす方法は、メルマガで配信してるよ♪

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓