「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

人は「支え」を失ってはじめて、「本来のチカラ」を発揮することができる。

ぼくらのアタマは「支え」を欲しがる。

 

それは「安心」を欲しているからだ。

 

どこかに「支え」があると安心できる、そう信じている。

 

 

けれども実は、ぼくらの「本来のチカラ」というのは、支えを失ったときにはじめて発揮されるのだ。

 

 

この動画を見てみてほしい。

 

こんな動画に見られるチカラこそが、「支えのないチカラ」なのだ。

 

これはセンターマッスルの最新技法♪

 

おぜっきーの身体のなかに、なるべく「支点」を作らないようにする。

 

なぜなら、どこかに支点を作ると、カラダの外側のアウターマッスルが緊張してしまいワークが失敗してしまう。

 

 

だから、身体中の支点をなるべくなくして、タコのようにやわらかいままで触れると、相手は崩れてくれる。

 

 

そんなワークをやるのがこのセミナーだ。宣伝www

 


 

身体のなかに支点を作らないようにするためには、「不安な状態を愉しむこと」がポイントとなる。

 

ぼくらは重心が崩れたり、倒れたりするのが怖くて、たとえば足を踏ん張ってしまう。

 

 

そうすると、すぐに足裏に「支点」ができてしまうのだ。

 

するとアタマは「倒れない」から安心するが、「ハラ」は動かなくなってしまう。

 

 

 

ハラの大好物は「不安定」。

 

つねに揺れ動いている。

 

つねに留まらない。

 

 

そんな不安定さこそが、ハラの真骨頂なのだ。

 

 

だからハラを発揮するためには、「不安定」のなかに身を置き、その「ゆらぎ」を愉しむ心持ちが必要になる。

 

 

同じことが人生においても言える。

 

 

ぼくらは、「親」というものを「支え」にして生まれてくる。

 

けれども、あるときから肉体的、精神的、経済的に、親から独立していく。

 

 

すると、そこには「社会」という名前の恐怖の荒波が待っている。

 

 

それは怖くて怖くて仕方のない世界だ。

 

 

けれども、その「怖さ」や「不安定さ」に負けずに、じっとこらえていると、徐々に、その波の乗りこなし方も見えてくる。

 

 

そして、場合によっては「会社」を「支え」にしていた人は、独立や起業を目指したりもする。

 

 

 

それは、「親」や「会社」を支えにするのではなく、「ほんらいの自分」や「天」を支えにすればいいということに気づくからだ。

 

 

人間がアタマで作った「親」や「会社」という支えには頼らない。

 

 

けれども「天」に頼る。

 

そのためには「天」に対する圧倒的な信頼が必要になる。

 

 

「ほんとうに天が護ってくれるんだろうか」と不安があるうちは、「親」や「会社」の支えへ依存する状態から抜けきれない。

 

 

もしくは「集客テクニック」だったり「知識」だったり「不労所得」に依存するかもしれない。

 

 

いずれにせよ、天のご加護を実感するには、すべての「支え」を捨てるしかない。

 

 

天のご加護を実感してから、支えを捨てるんじゃない。

 

 

「支え」を捨てるからこそ、天のご加護を実感できるのだ。

 

 

それこそがハラのエネルギーなのだ。

 

 

ってわけで、最後にハラ・ワークの動画をもうひとつ。

 

 ハラ・エネルギーは、かならず連鎖していく。

 

それは「おぜっきーが出したチカラ」じゃないから。

 

天のエネルギーだからこそ、連鎖していくのだ。

 

 

 

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓