読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「余裕がない」という状態に陥って、はじめて「不思議な力」が働きだす。

ゆるーく、らくに、愉しく。

 

 

そういうのも、いいかもしれない。

 

 

無理せず、のんびり、ゆっくりと。

 

 

「愉しく遊んで豊かに」なんていうと、ついそんなことを連想してしまうかもしれない。

 

 

 

けれども、ほんとうの「遊び」っていうのは、「余裕がなくなってから」なのです。

 

 

 

「余裕」があるうちは、エゴの領域から抜け出せない。

 

 

どうしても一度は「必死」になる時期がいる。

 

 

そこで

 

「必死になってもできないものはできないんだ」とあきらめる。

 

「自分の力ではいかんともしがたい」

 

「あとは、天にゆだねるしかない」

 

 

そんな状態になってはじめて、「思ってもみない力」が味方してくれる。

 

 

事業をやっていくうえで、いちばん怖いのは「本気になれない」ことだ。

 

 

なんとなく、やってる気分。

 

限界まで、やった感じ。

 

一生懸命、やってるつもり。

 

 

そんなときが、いちばん成果があがらない。

 

 

 

そこから、どんどん追いつめられる。

 

”問題”という名前の「気づかせるためのイベント」が連続する。

 

「必死になれ」と神さまからケツを叩かれる。

 

 

 

そしてついに限界を迎え、すべてをやりつくすと、そのときに「脱力」が訪れる。

 

 

 

それは「カラダの力を”抜いた”状態」ではなくて「カラダの力が”抜けた”状態」。

 

 

つまり、そこに作為がない。

 

いわゆる無為の状態。

 

 

なにもせず、自然体で、力が抜けている。

 

 

そんな「ハラの据わった状態」が武道でもビジネスでも求められる最高の状態だと思う。

 

 

ある人が言っていました。

 

「とある時期の5年間は、寝ているか起きているかも分からないほど必死だった。そのときは、ほんとうにピュアな状態だった」

 

と。

 

 

そして今、ぼくは自分を振り返る。

 

 

「いまの自分は”本気”なのか?」

 

と。

 

 

 

もちろん、「すべては遊び」という原則は変わらない。

 

 

けれども、その「遊び」を本気でやりつくしているかどうかが、問題なのだ。

 

 

はっきり言って「追いつめられる状態」に自分を置けない人は、ずっと中途半端なままだ。

 

 

 

さぁ、今こそ余裕のための保険を手放せ。

 

「思い」に準じないものは、捨てていけ。

 

「ほんとうの自分」が持っているエネルギーを解き放て。

 

 

 

あとは、奇跡を待つだけだ。

 

 

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓