読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

「できる人」から「できない人」に戻っていくと、愉しくなる。

「できる人」ほど、落とし穴にハマる。って話をします。

 

 

ぼくはけっこう、「できる人」として生きてきました。

 

小学生のころから、お勉強の得意な優等生。

 

 

「いいこと」をして褒められ、「正しいこと」をして表彰され、「間違っていること」を糾弾し、称賛される。

 

 

もちろん褒められてばかりではなかったけれど、基本は「いい子」「問題のない生徒」。

 

 

 

もしかしたら、この記事を読んでるあなたも、そんな優等生だったかもしれない。

 

 

 

 

「できる人」はオトナの論理が理解できる。

 

「できる人」は、役割を演じ分けることが、できる。

 

「できる人」は、やりたくないことも、できる。

 

 

 

そういう優秀さを持っています。

 

だから「世間」においては、褒められることが多い。

 

 

 

けれども、その能力があるがゆえに、自分を殺してしまう。

 

個性をなくしてしまう。

 

愉しいことを忘れてしまう。

 

 

 

 

一方、オトナの論理が理解できない人は、「わかんなーい」とあきらめてしまえる。

 

合わない役割を演じさせられそうになると「できなーい」と投げちゃう。

 

やりたくないことは「やりたくなーい」を言えちゃう。

 

 

 

こういう人種は、「できる人」から見て、もっとも許せない人種なのですwww

 

 

ここに、「できる人」の落とし穴がある。

 

 

 

「できる人」はアタマもいいし、論理も組めるから、「できない人」を論破することができる。

 

 

 

すると、「できない人」を論破したあとは、「やはり自分は正しいのだ」を強化していく。

 

 

すると、どんどん「愉しさ」を失っていくんですね。

 

 

 

愉しさのメインエネルギーは

 

「知らなーい」

 

「わかんなーい」

 

「でも、たのしーっ」

 

っていう感じです。

 

 

そのあり方は、いくら正しさで論破できるんです。

 

 

でもそれって、自分のエネルギーさえも殺してしまうんですね。

 

 

 

 

 

ぼくも、いろいろ考えて、計画を立て、戦略をつくり、がんばってきました。

 

 

 

けれど、苦しさがなくならないどころか、むしろどんどんエネルギーが枯渇してくるんです。

 

 

表面的にはうまくいっているように見えるのに、「なんか違うな」っていう感じがずっと付きまとっている。

 

 

不足感にさいなまれる。

 

 

 

それって「できる人」でい続けようとしたからなんですね。

 

 

ぼくもなかなかアホにはなりきれないけどね、「できる人」を捨てていく過程で、ずいぶん楽になったと思うわけです。

 

 

これからさらに、愉しさを追求していくゾ!

 

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓